須田 日和

いろはにほう作(漫画)の主人公。読みは「すだ ひより」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
いろはにほう作(漫画)
正式名称
須田 日和
ふりがな
すだ ひより

総合スレッド

須田 日和(いろはにほう作)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

ほう作や栗之介の同級生で、栗之介の彼女でもある、物語初期のヒロイン。ほう作が惚れてアタックしたことがあるほか、阿比留にも好かれていた。原宿ではアダルトビデオらしきスカウトに引っかかったこともある。黒田姫子が上京したからはヒロイン交代で出番は激減。小学校の卒業式や中学校の入学式では姿を見せていた。

登場人物・キャラクター

九州の馬尻村出身で、小学5年生のときに東京の安田家に居候する。コピーライターやデザイナー志望だが、言葉は強い博多弁で、自分のことを「あて」と呼ぶ。頭にはカッパのような丸いハゲがあり、興奮すると「うずり...
ほう作や栗之介の通う世田谷区立大中小学校のガキ大将で「阿比留一派」の子分たちからは「親分」と呼ばれている。「ナウマン象のふくらはぎ」とも呼ばれる太い足とがっしりした体つきが特徴で、腕っ節も強く足も速い...

関連キーワード

世田谷区にある小学校で、九州から転校してきたほう作や姫子もこの小学校で学ぶ。屋外にプールがあるけれど、冬は水が抜かれている。ほう作たちの卒業式は第51回卒業式と看板に書かれていた。

登場作品

色埴ほう作は九州の田舎から東京の叔父の家に転がり込んできた少年。やることなすこと全てがアホで、周囲の人間を持ち前のアホさで振り回す。後に頭に強い衝撃を受けて大怪我をするが、そのショックから天才的な頭脳...