鷺沼 陽治

鷺沼 陽治

(漫画)の登場人物。読みは「さぎぬま ようじ」。

登場作品
(漫画)
正式名称
鷺沼 陽治
ふりがな
さぎぬま ようじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

放浪しながら売春をしていた野菊の客の1人となる男性。演劇の美術スタッフの仕事をしており、丹沢ニナ(正体は赤い口紅の力で顔を入れ替えた淵累)の出演作に関わっている。「淵透世の再来」とも呼ばれる丹沢ニナ()の演技を、淵透世に生き写しの美女である野菊に見せようとして彼女を舞台に誘おうとする。

関連人物・キャラクター

野菊

伝説の女優・淵透世の生き写しのように美しい顔をした女性。淵累の母親・誘に顔と名前を奪われた「本物の淵透世」の娘であり、戸籍もなく父親の屋敷に閉じ込められて育つ。野菊が「お父様」と呼ぶ父・海道与は淵累の... 関連ページ:野菊

丹沢ニナ

とても美しい容姿をした若い舞台女優。淵累が赤い口紅の力を用いて、西沢イチカと五十嵐幾に続いて顔を交換した3人目の女性となる。登場時に20歳であり、累より2歳上。数週間も眠り続けてしまうという、珍しい睡... 関連ページ:丹沢ニナ

登場作品

美しい姿のままこの世を去り、「伝説の女優」と謳われた淵透世の一人娘・淵累。母に似ず醜い顔に生まれた累は、女優になる夢を持つものの、その醜さゆえに学校でいじめられていた。小学5年生の時、学芸会でシンデレ... 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo