MEMORIES 大砲の街

大友克弘原作の3編のエピソードを大友が総監督と第3話を、残り2話を森本晃司、岡本天斎がそれぞれ監督したオムニバスSFアニメ。大友克弘監督の第3話「大砲の街」は、敵に向かって砲撃を行うためだけに作られた街を舞台に、そこに住む一家の暮らしを全編ワンカットで描く。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
MEMORIES 大砲の街
ふりがな
めもりーず たいほうのまち
原作者
制作
スタジオ4℃
公開日
ジャンル
SF一般
 
戦争一般

総合スレッド

MEMORIES 大砲の街(アニメ映画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

街(MEMORIES 大砲の街)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30
母親(MEMORIES 大砲の街)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30

新着関連スレッドもっとみる

概要

そのは、敵に対して砲撃を行うための巨大砲台が多数設けられており、住人たちは皆砲台に関わる仕事に整然と向き合っていた。そんなに暮らす装填手とその妻、一人息子の少年の三人家族の一日を描く。

登場人物・キャラクター

主人公
朝起きに弱く、学校の勉強にも身が入らないが、それでも将来は父のような一介の装填手ではなく、砲撃手になりたいと夢見るごくごく平凡な男の子。
少年の母親で、砲弾工場で働いている。恰幅がよく、おしゃべり。
少年の父親で、17番砲台の装填手。痩身で無口な小市民。

場所

どこともしれない世界の街で、多数の巨大な砲台が設置され、住人は皆砲台に関わる職についている。毎夕、発射された砲弾による戦果の報告と標語「撃てや撃て、力の限り、街のため」がテレビから流される。

クレジット

原作    
作画監督    
音楽 長嶌寛幸    
アニメーション制作 スタジオ4℃