宇宙少年ソラン

ソラン星でサイボーグ化され地球に帰還した少年ソランは、生き別れの姉を探して敵と戦い続ける。モノクロ作品。森永製菓提供。『週刊少年マガジン』にて1965(昭和40)年5月9日号から連動漫画企画として連載開始。1965年7月24日より『東映・まんが大行進』にて劇場上映。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
宇宙少年ソラン
ふりがな
うちゅうしょうねんそらん
制作
TCJ
監督
河島治之
放送期間
1965年5月4日 〜 1967年3月28日
放送局
TBS
話数
96話
ジャンル
SF一般
 
バトル

総合スレッド

宇宙少年ソラン(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

立花 ソラン(宇宙少年ソラン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31
立花博士(宇宙少年ソラン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31

新着関連スレッドもっとみる

概要

宇宙少年ソランの父、立花博士は地球の全ての物質を消滅させる超兵器「反陽子爆弾」を開発したものの、悪用を恐れて妻子を連れて地球を離れたが、宇宙船が事故にあってしまう。何とか子供だけでも助けようとカプセルで脱出させる。

少年はソラン星人に助けられサイボーグとなって地球に帰還。サイボーグの力で地球の平和を乱すさまざまな強敵と戦いながら、生き別れの姉を探す。

登場人物・キャラクター

主人公
立花博士の息子。ソラン星でサイボーグとなり、「ソラン」と命名される。地球の科学力を越える技術により、驚異の能力を身に纏う。時速350キロで走る。モーターボートよりも早く泳げ、長時間潜水することができる...
考古学者。世界最古のドクロを発見。地球に帰り着いた立花ソランの身寄りとなって、娘のミカと共に協力する。
ソラン星から一緒に地球にやってきた宇宙リス。人の言葉を話し、テレパシーによっても会話できる。また、空を飛びまわり、予知能力のような力もある。明るく元気なソランの相棒。
立花ソランの父。反陽子爆弾の開発を成功させる。宇宙での事故にて死亡。

場所

銀河連邦最大の惑星。無宗教で神のような存在はない。地球を越える科学水準の星。地球の15倍の重力のに耐えるため、立花ソランはサイボーグとして通常の15倍のパワーと高速で走り、水中で呼吸を維持する能力を持...

その他キーワード

『宇宙少年ソラン』に登場する乗り物。36話から登場する、ソラン星の超技術で作られた球体の乗り物。空、宇宙、水中にも潜ることができ、呼びかければ自動的に駆けつける。(スポンサー:森永製菓)。

クレジット

原案 福本和也    
監督 河島治之    
脚本 福本和也     豊田有恒        
作画 菰岡静子         矢沢則夫    
音楽 いずみたく     伊場一雄    
アニメーション制作 TCJ