Mr.FULLSWING

高校の野球部を舞台とした作品。スポ根学園漫画ではあるが登場人物や学校、プレイされる野球の描写には荒唐無稽な部分も多く、またギャグ要素も高い割合を占める。鈴木信也の初連載作品。

概要・あらすじ

20年前に甲子園3連覇を達成した経歴を持つ埼玉県立十二支高校野球部に、一目惚れした相手がマネージャーを務めているという理由だけで、野球未経験にも関わらず入部を希望した猿野天国。厳しい入部試験をクリアした彼が、個性豊かなチームメイトや他校生と交流しながら甲子園を目指して奮闘する様子を、ギャグをふんだんに織り交ぜて描く。

登場人物・キャラクター

猿野 天国 (さるの あまくに)

埼玉県立十二支高校野球部の1年生。鳥居凪に一目惚れしたことがきっかけで、全く未経験の野球部に入部。初挑戦で120㎏のバーベルを持ち上げてみせる怪力の持ち主で、長打力はチーム随一。決め技として「一本足打法」「覇竹」などの打法を体得する。ポジションは主にファーストとサード。 チームメイト達に奇妙なあだ名をつける癖がある。のぞき・露出・女装など、体を張った変態的なギャグを次々と繰り出す一方で、鳥居凪や仲間に対しては熱くまっすぐな想いを持つ。

鳥居 凪 (とりい なぎ)

埼玉県立十二支高校1年生で野球部の女子マネージャー。猿野天国に一目惚れされ、野球部に入るきっかけとなる。自らも野球好きで、中学時代はソフトボール部に所属していたが、運動音痴ゆえ高校では選手の道を諦め、マネージャーとなった。兄である鳥居剣菱以外には丁寧な口調で話す。 優しくおっとりした性格で天然ボケの気もある。髪の長い眼鏡っ娘。

犬飼 冥 (いぬかい めい)

埼玉県立十二支高校野球部の1年生。ピッチャー。高校で野球部に入部した時点でかなりの実力者であった。本来左利きだが、小学生の頃に左腕を負傷し、リハビリとして中学ではソフトボール部で右投げのピッチャーをしていたため、左右どちらでもピッチングができる。辰羅川信二、御柳芭唐とは幼馴染である。 「ライズボール」「四大秘球」などの魔球を使う。色黒で銀髪の美形で、女子生徒に非常にモテるが、本人は不愛想で根暗で女嫌い。口癖は「とりあえず」。猿野天国からは「コゲ犬」などと呼ばれ、文字通り犬猿の仲。

子津 忠之介 (ねづ ちゅうのすけ)

埼玉県立十二支高校野球部の1年生。ピッチャー。素朴で実直な性格で、数少ない常識人である。己の平凡さにコンプレックスを抱いているが、それを補うために努力を重ね、「クロスファイアー」「燕」「砂摩」といった魔球を体得した。ヘアバンドと頬のそばかす、「〜っす」という語尾が特徴。 猿野天国からは「ネズッチュー」と呼ばれ、性格は正反対ながら仲が良い。

兎丸 比乃 (とまる ぴの)

埼玉県立十二支高校野球部の1年生。小学生並みに小柄で言動も幼いが腹黒いところもあり、負けず嫌いでもある。チーム1の俊足を誇り、猿野天国からは「すばしっこいガキ」を略して「スバガキ」と呼ばれる。決め技は三段加速走法「T・O・S・VR」、極端なダウンスイング打法の「断頭台」など。 耳つきの帽子を愛用し、目の下に逆三角形のペイントをしている。同じクラスの司馬葵と仲が良く、全く台詞を発しない司馬葵の思惑を理解することができる。ゲームが好きで、部活中でも隙あらば携帯ゲーム機で遊んでいる。絵を描くのが得意。

司馬 葵 (しば あおい)

埼玉県立十二支高校野球部の1年生。ポジションはショート。守備力は超一流で、至近距離で打たれた3つの打球を全てキャッチできるほど。「リズム打法」という決め技を持つ。極度の人見知りのため、常にヘッドホンで音楽を聴いており、サングラスをかけているが、温厚な性格。兎丸比乃と仲が良い。 猿野天国からは「音符くん」と呼ばれる。

辰羅川 信二 (たつらがわ しんじ)

埼玉県立十二支高校野球部の1年生。捕手。幼馴染である犬飼冥とは中学時代からバッテリーを組んでおり、犬飼冥の最大の理解者にして保護者のような役割を果たしている。落ち着いた思慮深い性格の頭脳派。ところどころに英語が混ざる丁寧な口調で話す。丸眼鏡と長いもみあげが特徴で、猿野天国からは「モミー」と呼ばれる。

虎鉄 大河 (こてつ たいが)

埼玉県立十二支高校野球部の2年生。ポジションはファースト。女好きで、気障で軟派な性格だが、後輩思いで面倒見の良い一面も持つ。身体の柔軟さを活かした捕球や極端なアッパースイングの「DUVS」、「BTS」といった打法を使う。「〜Yo」「〜Da」など、語尾がアルファベットになる。 フェイスペイントと虎柄のバンダナ、八重歯が特徴。猿野天国からは「キザトラ先輩」と呼ばれ、同じポジションや鳥居凪を巡ってライバル視された。

猪里 猛臣 (いのり たけおみ)

埼玉県立十二支高校野球部の2年生。ポジションはセカンド。バントとスライディングが得意。自然に親しんで育った野生児で、決め技はグラウンドや風の状態を読む「選空眼」と「選地眼」。刈り上げにウェーブがかかった髪型をしており、鼻にテープを貼っている。温厚な性格。 福岡県出身で博多弁を使う。虎鉄大河と同じクラスで、非常に仲が良い。

牛尾 御門 (うしお みかど)

埼玉県立十二支高校3年生で、野球部のキャプテンを務める。ポジションは外野手、サード。大財閥の御曹司で、成績は常に学年トップの優等生。クリスチャンであり、ツンツンと尖った髪型と十字架のチョーカーが特徴。真面目な性格で人望も厚く、野球を心から愛している。 打撃・走塁・守備とすべてにおいて秀でており、特に振り子打法を駆使する打撃では4番バッターを任されている。守備が苦手だった猿野天国に特訓を施した。

蛇神 尊 (へびがみ みこと)

埼玉県立十二支高校野球部の3年生。ポジションはショート。常に冷静沈着で口数も少ない。一人称は「我」で、語尾に「也」をつけるなど古風な話し方をする。山伏のような外見をしており、猿野天国からは「仏教先輩」と呼ばれる。自作の木製バットを使用した独特の構えによる打法・「毘沙門の構え」、普段閉じている目を開くことであらゆる球を見切る「六道眼」などの決め技を使う。

鹿目 筒良 (しかめ つつら)

埼玉県立十二支高校野球部のエースピッチャー。高圧的な性格の毒舌家でプライドが高い。小柄で目が大きく、丸く赤くなっている頬、「~なのだ」という語尾が特徴。猿野天国からは「ほっぺ先輩」と呼ばれる。鋭いキレで2段変化する「剃刀カーブ」、分身した球が変化する「魔球X」「魔球XX」という魔球を使う。

獅子川 文 (ししかわ ぶん)

埼玉県立十二支高校野球部の3年生。ポジションはサード。豪快な性格。テキサス訛りであるという、抑揚の大きい話し方が特徴。猿野天国からは「シシカバ先輩」と呼ばれ、ともに牛尾御門による守備の特訓を受けた。悪球に強く、「オレ流アウトロー打法」「ゴキブリ走法」といったユニークな決め技を持つ。

沢松 健吾 (さわまつけんご)

埼玉県立十二支高校1年。猿野天国のクラスメイトで、幼稚園からの幼馴染。報道部に所属し、野球部の動向を追いかける傍ら、練習に付き合ったりアドバイスをしたりと、猿野天国を気に掛ける。長髪をオールバックにしている。

羊谷 遊人 (ひつじたに ゆうじん)

埼玉県立十二支高校に勤務する教師。37歳。猿野天国らが入学した年から野球部の監督に就任した。20年前に埼玉県立十二支高校が甲子園3連覇を達成した際にエースピッチャーを務めていた経歴を持ち、完全実力主義のもと、奇抜な特訓でチームを勝利へ導いていく。 不精髭に長いドレッドヘアが特徴で、酒と煙草を好み、度々鳥居凪らにセクハラ的な言動を繰り返す。

屑桐 無涯 (くずきり むがい)

私立華武高校野球部の3年生でエースピッチャー。家が非常に貧しく、プロ野球選手になって家族に楽をさせることを目標として野球に取り組んできた。「五光」、「五光裂華」、その進化形である「五光裂華・旋風」という魔球を持つ。牛尾御門の中学時代のチームメイトである。 高校卒業後は広島カープに入団した。

御柳 芭唐 (みやなぎ ばから)

私立華武高校野球部の1年生。ポジションはファースト、サード。犬飼冥、辰羅川信二と幼馴染であり、ともに大神照を慕っていたが、自分のせいで大神照が命を落としたことがきっかけで不良となった。吊り目に隈取りをしており、常にフーセンガムを噛んでいる。「神主打法」、「ターニングダイス」、「空蝉」といった決め技を持つ。

鳥居 剣菱 (とりい けんびし)

私立セブンブリッジ学院野球部の3年生。ピッチャー。鳥居凪の兄。ゆるいテンションと口調が特徴だが、仲間想いで明るい性格。肺を患っているが、鳥居凪やチームメイトにはそれを隠している。

村中 魁 (むらなか かい)

私立黒撰高校野球部の3年生でキャプテンを務める。ピッチャー。村中紀洋の長男で村中由太郎の兄。一人称は「拙者」で、武士道精神を持った硬派な男。怪力。「マサカリ投法」「マサカリ打法」、高速ナックルボール「小町」といった決め技を持つ。名前の由来は新選組隊士の島田魁。

村中 由太郎 (むらなか ゆたろう)

私立黒撰高校野球部の1年生。捕手であり4番バッター。村中紀洋の次男で村中魁の弟。童顔で、性格も明るく人懐っこい。村中紀洋から伝授された覇竹鉛舞が決め技。名前の由来は新選組の会計方・岸島由太郎。

村中 紀洋 (むらなか のりひろ)

私立黒撰高校野球部で監督を務める。かつて埼玉県立十二支高校野球部を甲子園3年連続出場に導いた。実在のプロ野球選手・中村紀洋がモデル。

雉子村 黄泉 (きじむら よみ)

雉子村九泉の息子であり、猿野天国の2歳上の実兄。ピッチャー。10年前に両親が離婚した際に雉子村九泉に連れられて渡米した。日本の野球を見下している。

雉子村 九泉 (きじむら きゅうせん)

猿野天国の父親。顔に無数の傷があり、隻眼である。日本初のメジャーリーガーとなるはずであったが、事故によりその道が潰え、それがきっかけで日本球界とマスコミへの恨みを募らせる。

大神 照 (おおかみ てる)

犬飼冥、辰羅川信二、御柳芭蕉にとっての野球の師であり、かつて埼玉県立十二支高校野球部でキャプテンを務めていた。御柳芭蕉をかばう形で交通事故に遭い、18歳で死亡。風貌に猿野天国と似たところがある。

山嵐 大九郎 (やまあらし だいくろう)

20年前に埼玉県立十二支高校野球部が甲子園3連覇を成し遂げた際に監督を務めていた。私立黒撰高校との対戦に備えた埼玉県立十二支高校野球部の特訓の指揮を羊谷遊人より任され、猿野天国に「覇竹」を伝授した。山賊のような風貌をしている。

集団・組織

埼玉県立十二支高校 (さいたまけんりつじゅうにしこうこう)

『Mr.FULLSWING』に登場する高等学校で、猿野天国らが通う。野球部は20年前に甲子園3年連続出場を果たしている。部員の名前の多くは、十二支を中心とした動物の名前に由来する。

私立セブンブリッジ学院 (しりつせぶんぶりっじがくいん)

『Mr.FULLSWING』に登場する高等学校。2年前にできたばかりの新設校で、野球部の部員の多くは鳥居剣菱らが子供の頃に結成していた草野球チームのメンバーが占めており、私立華武高校とともに埼玉二強と称される。

私立華武高校 (しりつかぶこうこう)

『Mr.FULLSWING』に登場する高等学校。野球部は創部70年の歴史を誇り、私立セブンブリッジ学院と並んで埼玉二強に数えられる。部員の名前の多くは花札がモチーフとなっている。

私立黒撰高校 (しりつこくせんこうこう)

『Mr.FULLSWING』に登場する高等学校。村中紀洋が野球部の監督を務める強豪校で、埼玉県立十二支高校とは友好的な関係にある。部員の名前やユニフォームのモチーフとなっているのは新選組である。

書誌情報

Mr.Fullswing 全24巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻

(2001年11月発行、 978-4088731865)

第2巻

(2002年1月発行、 978-4088732107)

第3巻

(2002年4月発行、 978-4088732497)

第4巻

(2002年6月発行、 978-4088732725)

第5巻

(2002年9月発行、 978-4088733111)

第6巻

(2002年11月発行、 978-4088733388)

第7巻

(2002年12月発行、 978-4088733678)

第8巻

(2003年4月発行、 978-4088734118)

第9巻

(2003年6月発行、 978-4088734361)

第10巻

(2003年9月発行、 978-4088735061)

第11巻

(2003年11月発行、 978-4088735245)

第12巻

(2004年2月発行、 978-4088735641)

第13巻

(2004年4月発行、 978-4088735863)

第14巻

(2004年6月発行、 978-4088736082)

第15巻

(2004年9月発行、 978-4088736471)

第16巻

(2004年11月発行、 978-4088736686)

第17巻

(2005年2月発行、 978-4088737720)

第18巻

(2005年5月発行、 978-4088738031)

第19巻

(2005年8月発行、 978-4088738406)

第20巻

(2005年10月発行、 978-4088738611)

第21巻

(2006年1月発行、 978-4088740058)

第22巻

(2006年3月発行、 978-4088740263)

第23巻

(2006年6月発行、 978-4088741062)

第24巻

(2006年9月発行、 978-4088742519)

Mr.FULLSWING 全15巻 集英社〈集英社文庫〉 完結

第1巻

(2011年10月発行、 978-4086192798)

第2巻

(2011年10月発行、 978-4086192804)

第3巻

(2011年11月発行、 978-4086192811)

第4巻

(2011年11月発行、 978-4086192828)

第5巻

(2011年12月発行、 978-4086192835)

第6巻

(2011年12月発行、 978-4086192842)

第7巻

(2012年1月発行、 978-4086192859)

第8巻

(2012年1月発行、 978-4086192866)

第9巻

(2012年2月発行、 978-4086192873)

第10巻

(2012年2月発行、 978-4086192880)

第11巻

(2012年3月発行、 978-4086192897)

第12巻

(2012年3月発行、 978-4086192903)

第13巻

(2012年4月発行、 978-4086192910)

第14巻

(2012年4月発行、 978-4086192927)

第15巻

(2012年5月発行、 978-4086192934)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo