楽しいお酒が似合う、男性キャラ。166 Pt.

お酒を楽しむ彼らに、こちらが楽しくなってしまう。お酒が似合う男性キャラを紹介したい。

作成日時:2017-06-06 18:00 執筆者:マンガペディア公式

楽しいお酒が似合う、男性キャラ。

出典:Amazon.co.jp

概要

こちらも楽しくなってしまうほど、お酒を楽しむ陽気な彼らを紹介したい。

『くまみこ』「松さん」

東北地方の山奥が舞台の本作。「熊出村」の「熊出神社」の中学生巫女様「雨宿 まち」と、村の熊代表として婦人会などに引っ張りだこの頼れるしっかり者の「ナツ」が、村の人たちと村おこしに奮闘したり、田舎コンプレックスの「まち」に都会を勉強させようとお節介を焼いたりする、ほのぼのスローライフが楽しめる作品。村人として登場する「松さん」は、いつもほろ酔いで頬も赤い。豪快に笑ったり、喋ったりする彼はまさに「田舎の近所のおじちゃん」といったところだろう。自家製の「どぶろく」を片手に酔っ払い、「まち」が「ユニクロ」デビューした時には、「まち」のいとこの「雨宿 良夫」と2人で大騒ぎしはしゃいでいる。陽気で村のムードメーカーの「松さん」を見ると、ほっこり和んでしまう。

『銀魂』「坂田銀時」

出典:Amazon.co.jp

侍たちの姿が消え、宇宙からの「天人」たちが江戸の町を歩くようになった世界が舞台の本作。この作品の主人公であり、何でも屋「万事屋銀ちゃん」を営む「坂田銀時」は、やる気のない目が特徴であり、家賃を滞納したり、従業員に給料を払わないといっただらしなさを持ち合わせた脱力系男子。忘年会をした時には、全力で飲み会を楽しみ、賑やかなかぶき町の住人達と大騒ぎする姿を見せている。忘年会の最後には、花魁の町「吉原」の自警団の頭「月詠」と一緒になってお店をめちゃくちゃにしたというエピソードもあり、視聴者をはちゃめちゃな展開で楽しませてくれるお酒が似合うキャラクターである。

『ヘタリア Axis Powers』「イギリス」

出典:Amazon.co.jp

女の子とパスタが大好きな癒しキャラの「イタリア」、いつもヘラヘラしている「イタリア」のお世話役であり、厳格キャラの「ドイツ」など、実在する国を擬人化し、史実などに基づいたネタを面白く、そして分かりやすくした、ギャグテイストな世界の本作。時には真面目に会議を行ってみるものの、収拾がつかなくなったり、夏には海に遊びに繰り出し、遭難してしまうなど、能天気な「イタリア」を中心に起こるハプニングには笑ってしまうような場面が多数ある。その中でも英国紳士の「イギリス」は、連合国の「フランス」に突っかかったり、「アメリカ」に嚙みついたりと、感情が表に出てしまいがちな男性キャラ。珍しく「アメリカ」を誘いお酒を飲んだ時には、いつものツンツンキャラが一変、泣き上戸になり、「アメリカ」が「また言うのか!」とツッコミを入れるほどの弱音をわめいている。ツンツンキャラから、何だか弱々しく可愛らしいキャラになってしまう「イギリス」の酔っ払いっぷりは、まるで小動物のような愛らしさを感じて、もっと飲んで欲しいと、つい思ってしまうような酔い方である。

『BLEACH』「京楽春水」

出典:Amazon.co.jp

霊感の強い男子高校生である主人公「黒崎一護」が、危険から自分を守ってくれた死神の「朽木ルキア」の手助けとして、彼女の霊力を使い「死神代行」を行うことになったという物語。悪態をつきながらも、自分を助けてくれた「ルキア」の為に、人間界である「現世」を荒らす霊体たちを退治する「一護」。「ルキア」が人間である「一護」に、力を与えたという罪で、死神の世界である「尸魂界(ソウル・ソサエティ)」に連行され、捕らえられた時も、敵地に乗り込み、「尸魂界」の護衛を務める「護廷十三隊」と対峙するというハラハラな展開続きの物語。作中に登場する「護廷十三隊」は、その名の通り十三の部隊で構成される治安機関。各隊の隊長と副隊長には様々なコンビがおり、「八番隊」の隊長には、お酒と女の人が大好きな飄々としたおじ様「京楽春水」が在籍する。隊長が着る隊服の上に、派手な女物の着物を羽織、飄々とした人当たりのいい彼。酒瓶を片手にふらふらとしている所を、しっかり者の部下「伊勢七緒」に叱責されることもしばしばで、戦闘を挑んできた相手に「酒を飲もう!」と提案するほど、あっけらかんとした陽気で楽しい人物である。

『ユーリ!!! on ICE』「勝生勇利」

フィギュアスケート特別強化選手「勝勇利」は、大きな大会で成果が残せないまま、今後の進退に悩むメンタルの弱い青年。そんな彼のスケートを見て、「勇利」に魅了された世界トップフィギュアのロシア選手「ヴィクトル・ニキフォロフ」が、わざわざ「勇利」の居る九州の「長谷津」にやってきて「きみのコーチになる」宣言をする。なぜ、世界トップの「ヴィクトル」が自分のコーチに? と疑心暗鬼な「勇利」だったが、ロシアから「ヴィクトル」を連れ戻しにやって来た「ユーリ・プリセツキー」と「ヴィクトル」争奪戦を始めることになる物語。「勇利」は、なぜ「ヴィクトル」が自分の元にやって来たのかピンときていない様子だが、実は試合の後に行われる「バンケット」で「勇利」は飲みすぎて酔っぱらってしまい、「ヴィクトル」に「ダンスバトルで自分が勝ったらコーチになってほしい」と口走っていたのだ。普段は控えめで引っ込み思案がちな「勇利」だが、お酒を飲むと楽しくなってしまい、ド派手に選手たちとポールダンスなどの激しいダンスバトルを繰り広げていたことがある。その様子を各々の選手たちが撮影し保存するほど、楽しく可笑しな酔っ払いの「勇利」の姿で盛り上がっていた。自分も周りも楽しくなってしまう、愉快な酔っ払いと化す彼の姿には爆笑すること間違いなし。

『進撃の巨人』「ドット・ピクシス」

人々を恐怖に陥れる、恐怖の存在「巨人」と対峙する人間たちを描いた『進撃の巨人』。主人公「エレン・イェーガー」は、巨人たちによって肉親や住む場所、全てを失った少年。彼は巨人を駆逐し、復讐することを糧に、巨人たちとの戦闘に関して経験豊富な「調査兵団」に入団し、仲間たちと生きるか死ぬかの瀬戸際の戦いが続くハラハラな物語。巨人たちの圧倒的な強さに絶望モードが続く中、「エレン」の「巨人になる」という、突如発動した特殊能力に目をつけ、周りの反対の声を遮断し、明晰な知能で「エレン」に「巨人になる」ことを提案した、肝の据わった頼もしい司令官。しかし、基本的には大好きなお酒を飲みながらニコニコと楽し気に酔っぱらっていることが多く、職務中であっても一杯ひっかけている彼は、緊張が続く戦場においてちょっとした癒しとなり、一緒に居て楽しい時間を過ごせる存在となること間違いない。

『トリコ』「トリコ」

出典:Amazon.co.jp

グルメへの探求心から、貴重な食材や未知なる食材を探し求める人々が溢れる時代が舞台の『トリコ』。主人公「トリコ」は、「美食屋四天王」の一人。美食屋の中でも、超人のような嗅覚と攻撃力をもち、その能力を生かし入手困難な素材を探しに出る旅に出るという物語。美味な食材に目がないだけではなく、知識も豊富で自分が訪れる場所の自然の生態系を把握するなど、博識な一面も見せている。豪快で大食いな彼だからこそ、食事やお酒の席では欠かせないムードメーカーであり、その豊富な食材に関しての知識を披露してくれるであろう。お酒の席は、楽しくも興味深い、周りを引き込むような席になること間違いない。

関連ガイド

ランキング

『黒子のバスケ』の主要高校紹介!!

『黒子のバスケ』の主要高校紹介!!

  • 147 Pt.
  • 公開日時:2017.11.12 12:00
背の小さい男性アニメキャラクター10選

背の小さい男性アニメキャラクター10選

  • 452 Pt.
  • 公開日時:2018.03.15 12:00

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!