声優「内山夕実」が演じたアニメキャラ5選396 Pt.

『Aチャンネル』の「ナギ」役で初レギュラーを獲得し、以降様々なアニメで主役やサブキャラクターなど、多くのアニメに出演している。今回は、その「内山夕実」が演じたアニメキャラを紹介する。

作成日時:2017-06-06 12:00 執筆者:マンガペディア公式

声優「内山夕実」が演じたアニメキャラ5選

出典:Amazon.co.jp

概要

「内山夕実」は2005年にデビューし、一度引退して就職。その後、2010年に再度デビューし、アニメ作品に多数出演した。持ち前のアルトボイスで、大人の女性やクールな少女を演じ、高い声を使い分けて妖精も担当した。今回は、彼女が演じたアニメキャラを紹介する。

『カブキブ!』「蛇ノ目丸子」

主人公と同じ高校に通う高校生。赤い眼鏡と切り揃えられた前髪が特徴的。「阿久津新」とは家が隣の幼馴染みで、コスプレイヤーに「神」と呼ばれる衣装作りの腕前を持つ。同好会では衣装を担当。自己紹介の際は、「ご覧の通りチビでデブでブスの三重苦ですが」と自虐的。「ブスっていうほど言うほどブスじゃない」と他の生徒に指摘されても「美は大前提」と力強く言い切った。また、はっきりとした物言いも多く、自虐的ながらアグレッシブな性格をしている。「内山夕実」は、「丸子」のことを「自虐的でコミュニケーションを上手に取ることが出来ないところもあるが、職人気質」「やると決めたことには一生懸命取り組む」など愛らしい女の子だと印象を述べている。表舞台には立たないが、衣装で同好会に貢献している「丸子」の魅力を、「内山夕実」は十分視聴者に伝えてくれることだろう。

『Aチャンネル』「ナギ(天王寺渚)」

出典:Amazon.co.jp

「葵ヶ丘高校」の2年生。「るん」「トオル」「ユー子」と仲が良く、恐らく一番の常識人。3人のボケに対して冷静なツッコミを入れる。ところが、限度を超えたボケには熱いツッコミを入れ、体重や体型の話になると感情的になるようだ。クールな性格だが、可愛いものが大好きで、好きな動物はリスらしい。外見と性格から真面目でしっかりしているように見えるのだが、低血圧で朝に弱かったり、暑いのも寒いのも苦手であったり、ダイエットにいつも失敗していたりと、「ダメ人間」のような描写が度々ある。ちなみに、彼女の台詞で印象的なものは本編第3話。別作品『ストライクウィッチーズ』に関連したもので、「ナギ」の熱いツッコミは見どころである。ハスキーな声質と相まって、はまり役だと言えるのではないだろうか。

『ドキドキ!プリキュア』「ダビィ/DB」

出典:Amazon.co.jp

「剣崎真琴(キュアソード)」のパートナー妖精。「真琴」が変身するときは、「ラブリーコミューン」に姿を変える。薄紫色の猫のような姿をしており、耳の中にはトランプのスペードの模様がある。「ビィ」「だビィ」と語尾につけて話す。他の「プリキュア」のパートナー妖精たちと比べて経験豊富で、まとめ役を務める。また、仲間を作らずひとりで戦おうとする「真琴」を案じて行動を起こしたり、不器用で素直に自分の気持ちを言うことが出来ない「真琴」の気持ちを代弁したり、保護者のような一面を持つ。ただ、過保護になるのが玉に瑕である。また、「ダビィ」は人間の成人女性「DB」に変身することも可能だ。独特の語尾もなくなり、人間社会に溶け込んでいる。「内山夕実」は、「ダビィ」の妖精時と人間時の姿、どちらも担当しており、高い声と低い声を上手く演じ分けている。可愛い「ダビィ」と格好いい「DB」のギャップを本編で確認だ。

『魔法科高校の劣等生』「千葉エリカ」

出典:Amazon.co.jp

「国立魔法大学付属第一高校」の二科生。主人公のクラスメイト。「剣の魔法師」の二つ名を持つ「千葉家」の次女で、彼女自身も剣術の達人。純粋な剣技は、剣道の全国大会で2位の実力を持つ先輩を圧倒したほど。明るく物怖じしない性格で、コミュニケーション能力は高いのだが、それ故に周囲を巻き込むトラブルメーカー。共に行動することが多い「西城レオンハルト」には「暴力女」と呼ばれたこともあるのだが、実は容姿に恵まれており、学年では「司波深雪」に次ぐ美少女と呼び声高い。「九校戦編」ではアルバイトをしており、給仕の制服がよく似合っていいた。実は、まだまだ可愛らしいところもあり、そのシーンは大変微笑ましい。男性的な部分と美少女らしい部分を兼ね備えた「エリカ」の魅力を「内山夕実」は見事に引き出してくれた。

『デジモンユニバース アプリモンスターズ』「新海ハル」

本作の主人公だが、自分が「脇役」であると思い込んでいる中学生。「主人公」というものに憧れを抱いており、読んだ本の主人公について熱く語るほどである。読書が趣味で、読むスピードも早い。穏やかで優しい性格だが、気弱な性格から前向きなことがなかなか言えない。だが、色々な物事を自分の目で見て判断するタイプで、「誰かを守りたい」という強い思いを持っている。『デジモン』シリーズの歴代主人公とは違って熱血系ではないものの、話数を重ねるごとに仲間を諭したり、勇敢な行動を取ったりと成長が見られる。「内山夕実」は、「ハル」役に決まったという連絡を受けた時、しばらくは放心状態ではあったが、収録で「夢じゃなかった」と嬉しさがこみ上げてきたそうだ。学生の頃から大好きだったシリーズの主人公を熱演している。気弱なところがある「ハル」の成長と「内山夕実」の演技に注目したい。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!