2017年も注目! 声優「河西健吾」が演じたアニメキャラ128 Pt.

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』ではアニメ初主演を務めた「河西健吾」。今回は、彼が演じたアニメキャラを紹介する。

作成日時:2017-06-08 12:00 執筆者:マンガペディア公式

2017年も注目! 声優「河西健吾」が演じたアニメキャラ

出典:Amazon.co.jp

概要

2006年に声優としてデビューし、アニメの他、吹き替え映画などで活動。多くのアニメに出演してきたが、近年では主役を務めるなど広く名前が知られるようになった。今回は、「河西健吾」が演じたアニメキャラを紹介する。

『カブキブ!』「蛯原仁」

梨園の名門「白銀屋」の御曹司。幼い頃から舞台に立っており、自分にも他人にも厳しい性格をしている。第一印象は気さくだが、主人公から「カブキブ」の勧誘を受けた時、歌舞伎を「観る」のではなく「演じる」同好会と聞くと、途端に難色を示しており、このことからプロ意識が強く、400年の歴史を持つ歌舞伎に誇りを持っていることが分かる。「仁」の祖父はこの「カブキ同好会」に興味を持っているが、「仁」の方は素人がやる歌舞伎がまともとは思えない、と自分の考えを崩さず、その性格を反映してか演技は柔軟性が足りず堅苦しい。「河西健吾」の演技で、「仁」がどれほど頑固か、歌舞伎に対してどのくらい本気なのかがはっきりと理解出来る。第7話時点では、カブキ同好会に加入する気配はないが、今後どのような行動をしてくれるのか気になるところだ。

『アトム ザ・ビギニング』「伴俊作」

何でも屋「マルヒゲ運送」の社長の息子で、将来は探偵になりたい高校生。父親がロボットなどを信用していないアナログな人物だが、「俊作」の方は正反対で、ロボット同士の格闘イベントのファンでもあり、ロボット好きだ。そのためか、「お茶の水博志」とも親しい。外見もよく、護身のための実戦柔術の心得もあり、年相応の少年だと言える。父親に「禿げ頭の上に石頭だからね」、屋台の客寄せに用意したメイド服に「みえみえで古典的」など失礼なことを言って周りを怒らせるところは玉に瑕だ。メインキャラクターほど出番はないが、気付けば画面にいる「俊作」。ストーリーに彩りを添えてくれる「河西健吾」の演技に注目だ。

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』「三日月・オーガス」

出典:Amazon.co.jp

本作の主人公で、物語序盤では火星の民間事業会社「CGS(クリュセ・ガード・セキュリティ)」の「参番組」に所属し、エースパイロットと評されていた。後に「鉄華団」の団長となる「オルガ」とは幼少期からの付き合いで、兄弟のような絆で結ばれている。性格はおおらかで、あまり細かいことを気にしないが口数は少なく、歯に衣着せぬ言動が多い。普段は淡泊に見えるが非常に仲間思いで、仲間やそれに近しい人間が傷つけられると激昂し、危害を加える者には殺害も厭わない冷酷な面も持つ。「三日月」は、「河西健吾」がアニメで初めて主演を務めたキャラクターであり、第1期22話で落ち込んでしまった「オルガ」に「三日月」が静かに問い詰めていくシーンで「三日月」像が出来上がった、と「京都国際マンガ・アニメフェア 2016」でのイベントで語っている。50話という長い物語で、最後まで「三日月・オーガス」という人間像を視聴者に見せてくれた。

『ブブキ・ブランキ』「マクシム・アルセーニエヴィチ・バラキレフ」

ロシアチームの「ブブキ使い」にしてリーダーであり、暗殺を生業とした名門一族の出身でエリート意識が強く、自分の目的のためなら手段を選ばない野心家である。巨大生命体「ブランキ」の「ザンパザ」の「心臓」を父親から受け継いでいるため、「心臓」を操る自身が王、それ以外の手足は従者、あるいは駒と考えている。任務に失敗した人間には、下層階級であることも相まって「ドブネズミ」と蔑んで暴行、または自身を諫めた妹には折檻をするなど、身内にも他人にも非情で冷酷である。しかし、物語の中では彼にも大きな変化が訪れるので、「嫌な奴」では終わらない。あまり褒められた性格ではないキャラクターだが、その冷酷非情な部分は「河西健吾」の声によく合っているのではないだろうか。

『3月のライオン』「桐山零」

出典:Amazon.co.jp

中学生で史上5人目のプロ棋士となった主人公。物語開始当初は高校生だが、1年遅れで高校に進学したのでクラスでは1つ年上で、対局で学校を早退・欠席をすることがあったため、周囲に馴染めず孤立した生活を送っていた。性格は真面目で繊細、人と関わることが苦手であり孤独を抱えているが、ひょんなことから関りをもつようになった「川本家」の三姉妹などの彼をめぐる人々によって変化が生じていったりと、物語の中で成長を感じられる。棋風(指し手の特徴)はオールラウンダーで、作中タイトルホルダーの天才棋士「宗谷冬司」に雰囲気が似ていると評価されたことがある。「河西健吾」は、人付き合いが苦手なところはそっくりと「零」の印象を語っており、「闇の部分を残しつつ、彼の本質をどれだけ出せるか」を演じる上で大切にしているそうだ。確かに「零」のもやもやとした感情は、視聴者にも伝わってくるかのようである。

関連ガイド

ランキング

「3月のライオン」、モデルとなった名棋士たち

「3月のライオン」、モデルとなった名棋士たち

  • 1,054 Pt.
  • 公開日時:2016.04.06 12:59
国民的野球マンガ『MAJOR』の名言10選!!

国民的野球マンガ『MAJOR』の名言10選!!

  • 236 Pt.
  • 公開日時:2018.04.13 12:00
すくすく成長!! 高身長の女性アニメキャラ!!

すくすく成長!! 高身長の女性アニメキャラ!!

  • 767 Pt.
  • 公開日時:2018.04.19 12:00

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!