あさっての方向。

あさっての方向。

早く大人になって兄を楽にしてあげたいと願う小学生の少女と、過去をやり直したいという思いに囚われている24歳の女性。真逆の願望を持つ2人の年齢が入れ替わってしまったことから起きる事件と、周囲の人々の人間模様を描く。「コミックブレイドMASAMUNE」2003年秋号から2007年初夏号にかけて掲載された作品で、2006年にTBS系列にてTVアニメ化もされている。

正式名称
あさっての方向。
作者
ジャンル
ファンタジー一般
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小学6年生の五百川からだは両親と死別したため、兄の五百川尋と二人暮らし。そんなからだは、兄の負担になっているという思いから、早く大人になりたいと願っていた。一方、尋の元恋人の野上椒子は、尋への未練から過去に戻ってやり直したいという思いに囚われていた。ある日、町の祠に祀られている「願い石」の前で出会ったからだと椒子は、一緒に願い事をする。

それはかなうことのない願いのはずだった。ところが、からだと椒子は互いの年齢が入れ替わってしまい、からだは大人の女性に、椒子は小学生の子供の姿になってしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

小学6年生の女の子。8歳の時に事故で両親を亡くしており、現在は兄の五百川尋と2人で暮らしている。小学校低学年に間違えられるほど小柄だが、家事全般をこなすしっかり者で、子供扱いされることを嫌う。尋のこと... 関連ページ:五百川 からだ

五百川からだの兄。海外に留学していたが、4年前に両親が事故死したため帰国。地方都市である乙事沢の研究室に就職し、近くのアパートで妹のからだと暮らすようになった。留学中に野上椒子と付き合っていたが、両親... 関連ページ:五百川 尋

五百川尋の同僚の女性。アメリカの高校に飛び級で編入した経験を持つ俊才で、24歳という若さながら研究室の室長を任されている。留学中に尋と付き合っていたが、尋が帰国しなければならなくなったため交際を解消し... 関連ページ:野上 椒子

五百川からだと同学年の男子で、通称は「テツ」。まだ小学6年生ながら身長167センチとかなり大柄で、高校生に間違われることもある。資産家にして地元の実力者である網野家の子で、どんなわがままも許されている... 関連ページ:網野 徹允

網野徹允の姉で五百川尋、五百川からだ兄妹の隣人。資産家にして地元の実力者である網野家の子だが、弟の徹允だけが大事にされ、自分はぞんざいな扱いを受け続けてきたため、当主である祖父の網野翁に反発。18歳の... 関連ページ:網野 透子

五百川からだと五百川尋の母親の妹。尋の初恋の相手でもある。将来を誓い合っていた男性を早くに亡くし、悲しみと寂しさから甥である尋と関係を持ってしまい、まもなく妊娠。尋が留学した後、思い人の忘れ形見という... 関連ページ:葉子

中宮 菊子

正体不明の不気味な老婆で、中宮右実と中宮左枝という金髪の双子姉妹を傍らに従えている。「願い石」の効力を熟知しており、右実と左枝のどちらかを自身と年齢を入れ替える要員にして、若返ろうと目論んでいる。戦前に乙事沢を訪れた際に少年時代の網野翁と出会っており、彼に願い石の効果や入れ替わりの方法を教えた。

中宮菊子に仕える金髪の双子姉妹の妹。姉の中宮左枝とともに菊子のために新たな「願い石」を探しており、菊子が若返ったら、石を見つけた方は老婆となる代わりに菊子の財産の3分の1を受け継ぐ約束をしている。歯を... 関連ページ:中宮 右実

中宮 左枝

中宮菊子に仕える金髪の双子姉妹の姉。妹の中宮右実とともに菊子のために新たな「願い石」を探しており、菊子が若返ったら、石を見つけた方は老婆となる代わりに菊子の財産の3分の1を受け継ぐ約束をしている。幼い時に足に大怪我を負い歩行が不自由だったが、現在は治っている。

乙事沢の実力者である網野家の当主。網野徹允と網野透子の祖父だが、網野家の後継者である徹允だけを猫かわいがりしている。若い時に網野家を訪れた中宮菊子に会っており、その美しさに魅了されて網野家に伝わる「願... 関連ページ:網野翁

笹塚

乙事沢の中学で図書委員をしている少年。中学の図書室に忍び込んで「願い石」のことを調べていた網野徹允と知り合い、彼に協力することになった。内気で口下手なため、1人で本を読んだりエッセイを書いたりするのを好んでいたが、絵本好きの中宮右実との関わりを通して少しずつ変わっていく。

太助

「願い石」を祀っていた神社のある村に住んでいた少年。手妻(手品)使いの少女しづくが海に飛び込んでいるのを見かけたことから彼女と仲良くなる。しづくが元春と行っていた「願い石」を使った奇跡がインチキであることが明らかになった際、彼女が逃げる手助けをした。

しづく

「願い石」を祀っていた神社の神主である元春が連れて来た手妻(手品)使い。髪が短いので少年のように見えるが、実は女の子である。ご神体の「願い石」が奇跡を起こしているかのように見せ、元春の信者集めに一役買うが、信充に秘密を暴露されたため村人たちに追われ、「願い石」を持って海に飛び込む。

信充

「願い石」をご神体として祀っていた2つの神社のうち、上社(かみやしろ)の神主を務める男性。下社(しもやしろ)の神主である弟の元春が、「願い石」を信者集めに利用しようとしていることに反発。元春がしづくを使って起こしている奇跡の秘密を暴こうとする。

元春

「願い石」をご神体として祀っていた2つの神社のうち、下社(しもやしろ)の神主を務める男性。手妻(手品)使いのしづくを使って、「願い石」が奇跡を起こす石だと宣伝。下社に信者を集めようとしたことから、上社(かみやしろ)の神主である兄の信充と対立する。

乙事沢の言い伝えに登場する少年。曾祖父が鹿と間違えて人を撃ってしまったため、一族は村の掟によって曽祖父、祖母、信太の母の三代に渡って追放処分とする「三代ハジキ」となっている。そのため、母親は村に入るこ... 関連ページ:信太

信太の母

乙事沢の言い伝えに登場する女性。信太の母親だが、祖父が鹿と間違えて人を撃ってしまったため、掟によって祖父、母親、自身の三代に渡って村に入ることを禁ずる「三代ハジキ」となった。ゆえに信太と引き離され、1人で山奥の小屋で暮らしていたが、息子と一緒にいたいと思うあまり、山の神を利用して村を滅ぼそうとする。

乙事沢の言い伝えに登場する存在。幼い少年の姿をしているが人ではなく、真冬にも関わらず冷たい食べ物を好み、身体も雪のように冷たい。そして、山の神が人里に入ると、その里には取り返しのつかないことが起きると... 関連ページ:山の神

場所

乙事沢

五百川からだや五百川尋たちが暮らす町。「願い石」を神体として祀っていた神社の神主だった信充が、明治時代に石を持ってこの地にたどり着いたと言い伝えられている。山からも海からも近い地方都市で、網野家が地元の実力者として君臨している。

その他キーワード

願い石

「願いを叶えてくれる石」と言い伝えられている紫紺色の小石。乙事沢にある祠にいくつも置かれており、誰でも持っていけるようになっていた。実は、願った者たちの年齢を入れ替える力があり、例えば老人と子供が一緒... 関連ページ:願い石

SHARE
EC
Amazon
logo