あんどろトリオ

あんどろトリオ

成人誌における美少女ブーム、ロリコンブームを牽引した作家である内山亜紀が、成人誌発表作品のテイストをそのまま少年誌に持ち込んだという超問題作。一応、発明もののSFファンタジーコメディという体裁を取ってはいるものの、主人公の美少女小学生つかさが、おかしな発明品の実験台にされ、下着姿、オムツ姿、半裸姿にされてさんざん悪戯されてしまうというのが毎回のパターンであり、変態的でエロティックな表現こそが作品の主軸であった。なお、作者内山亜紀は本作とほぼ同時期に成人向けのセルフパロディ作品『あんころトリオ』を発表している。

概要

あんどろ村に住む10歳の美少女つかさはおむつハウスに住む発明好きな青年センパイの発明品にいつも振り回されている。発明品のおむつで放尿をしたり、性的に興奮させられたりと散々な目に合いながらもつかさはセンパイの強引な誘いを断れない。そんなつかさの前にセンパイに制裁を加えるハリケーンのお竜が現れるが、どんなお仕置きを受けても、センパイの変態的な探求心はまったく止まらず、今日もHな実験が始まるのであった。

SHARE
EC
Amazon
logo