あんどーなつ

あんどーなつ

安藤奈津が浅草の老舗和菓子店で、師匠や周囲の人々に見守られながら一人前の職人に成長する物語。季節の和菓子やその由来、茶の湯などの日本文化なども交えて紹介する。原作者西ゆうじ死去のため、全20巻で未完。

概要

専門学校を卒業した安藤奈津はパティシエを目指し、大手菓子店の面接を受けるが失敗。その帰り、ふとしたきっかけで和菓子職人安田梅吉たちと出会い、老舗和菓子店「満月堂」で働くことになる。やがて和菓子職人の道を志す奈津は、そのひたむきさで地元浅草の人々に愛されながら修行してゆく。茶道の一ツ橋流御用達を巡っての大手菓子店・獅子屋との菓子勝負や、奈津の出生に隠された秘密など、和菓子とそれに関わる人々を描いた人情ドラマ。

登場人物・キャラクター

主人公

髪を二つにしばった髪型。専門学校を優秀な成績で卒業し、菓子職人を目指していたが、有名菓子店へは就職できず、職が決まるまで満月堂で住み込みのアルバイトをすることになった。和菓子にかける熱心さが、梅吉はじ... 関連ページ:安藤 奈津

安田 梅吉

満月堂の職人で50年以上のキャリアを持つ。喫煙家でキセルを愛用。奈津の和菓子の師匠として時には厳しく、特には親のように接する。父を南方で、空襲で母と弟を亡くし戦災孤児となったところを満月堂の先々代に引き取られる。

丸顔で丸眼鏡。満月堂の職人で奈津にとっては兄弟子。外見は坊主頭に丸眼鏡。ダジャレや冗談が好き。実家は前橋の和菓子店「丸岡屋」だったが、東京で修業している間に妹が婿養子を取って和菓子屋を廃業しコンビニに... 関連ページ:丸岡 竹蔵

主人を亡き後、店を仕切る満月堂の女将。和服の似合う美人。髪はロングだが、店に出る時は結い上げる。主人が亡くなってからは、塞ぎこんで泣いてばかりだったが、奈津が住み込みでやって来てからは笑顔も見せるよう... 関連ページ:月岡 光子

満月堂の常連。饅頭を買いに来る。実は大住物産の会長で、奈津に様々な援助をする。旧姓は佐嶋。かつてはあやめと交際していたが、一ツ橋流という格式のために無理やり別れさせられた。その時あやめのお腹にいたのが... 関連ページ:大住 喜八郎

山口 好江

呉服・太物商「越前屋」の大奥。夫は満月堂の饅頭が好物だったが、入院の後死去。その後も満月堂に通い、相談事等に乗ってくれる。

奈津の父。大住物産の社員であったことから転勤が多く、奈津を故郷福井の母の元に預けていた。大住物産会長、大住喜八郎の命でボストンへ海外赴任。奈津の専門学校の卒業式に出席すべく、空港へ向かっていたところ乗... 関連ページ:安藤 達彦

全国に多くの門下を持つ、一ツ橋流茶道の家元。大柄な女性。茶道の心得はないが、細やかな気遣いができる奈津を見初めて弟子に取る。後に奈津が持ち込んだ井戸茶碗から、自分の娘の子、孫であることが判明する。大住... 関連ページ:一ツ橋 あやめ

奈津の母で旧姓は湯川。一ツ橋あやめと大住(佐嶋)喜八郎の間に生まれた子。茶道家元である一ツ橋流の娘が、親無し子を産むという醜聞を避けるため、出生後すぐに一ツ橋流の湯川花江の元へ里子に出される。その後大... 関連ページ:安藤 小夜子

奈津の父方の祖母で、実質的に奈津の母親代わりとなって育てた。福井に住むが病院に入院しており、奈津には「一人前の職人になるまで帰ってくるな」という手紙を送っていた。そのため、容体が悪くなった際にも奈津は... 関連ページ:安藤 たみ

佐嶋 ゆりえ

有名な洋菓子店「ドアノー」の娘。専門学校時代に奈津と知り合う。若きカリスマパティシエとして、マスコミでも有名になるが、後にパリに修業に出る。大叔父は大住喜八郎。

実家は獅子屋。父は現社長。茶道の家元・一ツ橋流御用達の座を狙っており、家元に弟子入りしていたところに、奈津が後から弟子入りしてきた。御用達の金看板を奪うべく、満月堂の職人である奈津に数々の嫌がらせをす... 関連ページ:外崎 冬実

秋山 伊兵衛

獅子屋の和菓子職人]。満月堂を潰すための刺客として「江戸和菓子老舗展」はじめ数々の菓子展などで勝負を挑むが、奈津の職人としての可能性を認てもいる。現在の獅子屋が洋菓子に注力しており、そのことに不満を持っているが、店への忠誠心は固い。若い頃、満月堂に教えを乞いに来たことがある。

田沼 信太郎

浅草の老舗牛鍋屋、田之久(たのきゅう)の五代目。みんなからは 何度も見合いをして振られてばかりいたが、街角で見た奈津に一目ぼれする。竹蔵とは昔からの飲み友達で、度々誘いにくる。惚れた奈津に会おうとするが、何故かいつも行き違い、いつも陰から見守る羽目になっている。

松宮 伝四郎

提灯屋の主人。浅草の町内会長も務める。宝くじで100万円当たったことから、町おこしの一環で町内餅つきを企画する。若い頃は素人噺家として鳴らしており、現在でも落語通。

鎌倉の老舗和菓子店、源月堂の一人娘。竹蔵と見合いをし、源月堂に婿養子として入ってもらう予定だった。かつて職人の今岡と同様の話が持ち上がったが、美鈴が拒否したため遺恨となり、職場に入った竹蔵は今岡から日... 関連ページ:藤井 美鈴

場所

満月堂

『あんどーなつ』に登場する、浅草にある250年続く小さな老舗和菓子店。満月堂饅頭が名代。商標はウサギで満月に掛けただけでなく、ウサギは後退りしないで前に飛ぶことから縁起がいいとされるため。

獅子屋

『あんどーなつ』に登場する、銀座の名店。和菓子だけでなく洋菓子も手掛ける。創業65年と老舗とは言い難いがCMなど広告露出も多く、全国に店舗を展開している有名店。初代や現在職人として働いている秋山伊兵衛が満月堂で修業しており、浅からぬ縁。

源月堂

『あんどーなつ』に登場する、鎌倉の老舗和菓子店。現店主で美鈴の父、藤井一光は先々代の元、満月堂で修業したこともある。光子のおじであり、梅吉の兄弟子に当たる。

SHARE
EC
Amazon
logo