ハッスルで行こう

コックを目指す久保海里が、憧れの店で腕のある先輩たちに囲まれながら成長していく姿を描いたグルメ漫画。登場人物たちの交錯する恋心も描かれる。「lala」平成6年10月号から平成9年2月号にかけて連載された。

正式名称
ハッスルで行こう
作者
ジャンル
料理人
レーベル
花とゆめCOMICS(白泉社) / 白泉社文庫(白泉社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

コックになることを夢見る久保海里は、「兵庫調理師専門学校」で大好きな料理の腕を磨くかたわら、金欠ながらも美味しい店を食べ歩きしている。そんなある日、海里は学校で「トラットリア・ピッコロ」というイタリア料理店のコック募集の張り紙を見つけ、すぐさま応募する。「トラットリア・ピッコロ」には個性的だが抜群の腕を持つ従業員たちがおり、海里はコック見習いとして日々奮闘しながら料理の腕を磨いていく。

登場人物・キャラクター

久保 海里 (クボ カイリ)

「兵庫調理師専門学校」に通う18歳の男子。コックを目指しており、料理にかける情熱は人一倍。素直で明るく、何事にも一生懸命取り組む真っ直ぐな性格をしている。美味しいものが大好きで、憧れのイタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」でコック見習いとして働くことになった。努力家で研究熱心な、笑顔が可愛い茅野彩に好意を抱いている。

茅野 彩 (カヤノ アカリ)

「兵庫調理師専門学校」に通う18歳の女子。イタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」で新人のウェイトレスとして働くことになった。森部千帆とは高校の時の同級生。ショートカットに魅力的な笑顔の持ち主で、捨て猫を放っておけない情の深いところがある。また芯が強く、頼りがいのある性格。ウェイトレスをしているが、本当はコックとして働きたいと考えている。 毬谷夏己に憧れている。

藤倉 玲奈 (フジクラ レナ)

「兵庫調理師専門学校」に通う18歳の女子。ちゃっかりした性格のおごられ上手な美人。久保海里にとって、貴重な女友達でもある。実はイタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」のマスターの娘で、時々お店を手伝っている。魚の匂いも見た目も手触りも苦手としており、実習で魚をさばく時に卒倒したことがある。海里のことが好き。

岡井 篤郎 (オカイ トクロウ)

イタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」でコックとして働く22歳の青年。イタズラ好きな性格で、何かと毬谷夏己にからむが、毎回軽くいなされている。藤倉玲奈に憧れており、玲奈と久保海里の仲を疑っている。厨房ではメイン及びパティシエを担当しており、マスターの片腕として頼りにされている。

毬谷 夏己 (マリヤ ナツキ)

イタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」でコックとして働く20歳の青年。イケメンだが食えない性格で、切り替えが早く、仕事もできる。厨房ではメインやスパゲッティの担当をしている。飄々としていて、人使いが荒く冷たそうに見えるが、実は面倒見が良くて親切。森部千帆のことを異性として意識しているが、優しく接することができずにいる。

森部 千帆 (モリベ チホ)

イタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」でウェイトレスのアルバイトをしている美人の女子大生。茅野彩とは高校の時の同級生。毬谷夏己のことが好きで、夏己からの好意も時折感じてはいるものの、彼の冷たい態度に疲れ始めている。

藤倉 栄 (フジクラ サカエ)

イタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」のマスターをしている男性で、藤倉玲奈の父親。パチンコが好きで、口ひげがトレードマーク。毬谷夏己と岡井篤郎のことを信頼しており、厨房のことは任せている。放任しているようだが、細かく口を出さないだけで実際は温かく見守っている。山田とは親友同士。

倉石 圭介 (クライシ ケイスケ)

「兵庫調理師専門学校」の製菓技術専門科に通う19歳の青年。左目の下にほくろがあり、身長が182センチもあるのが特徴。久保海里をライバル視し、なにかとちょっかいを出してくるが、実は憧れの裏返しで、海里のセンスを認めている。茅野彩に想いを寄せている。

菊川 膳二 (キクカワ ゼンジ)

「兵庫調理師専門学校」に通う青年。久保海里がいつも親しくしている友達。有名割烹「菊膳」の跡取り息子で、海里の茅野彩に対する恋も陰ながら応援している。調理師免許を取得して、専門学校内部にある「上級調理専門科」の日本料理コースに進んだ。

山田 (ヤマダ)

「兵庫調理師専門学校」で就職指導をしている教師。ぶっきらぼうな物言いをするが、本当は面倒見が良く人情に厚い性格で、久保海里の就職も世話をした。イタリア料理店「トラットリア・ピッコロ」の得意客であり、かつての教え子である毬谷夏己や岡井篤郎の腕を高く評価している。藤倉栄とは親友同士。

久保 美穂 (クボ ミホ)

久保海里の姉で、20歳の女性。父親からの猛反対に負けず、ねばり勝ちで高村茂との入籍を果たした。亡くした前妻を一途に想い続けている高村に惚れ、2年間かけて口説き落とした意志の強い女性。髪形はロングだが、顔立ちは海里そっくり。

高村 茂 (タカムラ シゲル)

久保美穂と入籍した35歳の男性で、美穂がアルバイトしていた会社に勤めており知り合った。前妻を亡くし、美穂とは2度目の結婚。一途な男性で、亡くなった前の妻の事を大切な思い出として忘れないでいるが、美穂を幸せにしようと強く思っている。

久保 唯 (クボ ユイ)

久保海里の妹で、中学生の女の子。料理はあまり上手ではないが、好きな男の子に誕生日ケーキを手作りするため、奈良から4時間かけて海里に教わりにくるほど一途な性格。髪形はショートカットで、顔立ちは海里そっくり。

久保 湊 (クボ ミナト)

久保海里のまだ幼い弟で、話し方が舌っ足らず。すばしっこくて冒険好きなので、ちょっと目を離すといなくなってしまう。好みのお姉さんを見つけると「ママ」と呼んで抱きつく調子のいいところがある。顔立ちは海里そっくり。

岡井 嵩史 (オカイ タカシ)

岡井篤郎のいとこで、小学1年生の男の子。年の割にちょっぴりませたところがあるので、篤郎に彼女ができないことを心配している。篤郎の作ったご飯を食べに、休みの日にはよく遊びに来る。

場所

トラットリア・ピッコロ (トラットリアピッコロ)

マスターの藤倉栄のもと、岡井篤郎、毬谷夏己がコックとして勤めるイタリア料理店。「トラットリア」とはイタリア語で「レストラン・軽食堂」の意味。本格的なイタリアンでありながら、お客さまに喜んでもらえるような新しいメニューを常に考えている、サービスも味も素晴らしい名店。

兵庫調理師専門学校 (ヒョウゴチョウリシセンモンガッコウ)

久保海里、茅野彩、藤倉玲奈の通う専門学校。名前が長いので「兵調」と略されることが多い。毬谷夏己や岡井篤郎の母校でもある。調理師免許を取ってから内部にある「製菓技術専門科」や「上級調理専門科」に進むこともできる。

書誌情報

ハッスルで行こう 全4巻 白泉社〈白泉社文庫〉 完結

第1巻

(2004年7月1日発行、 978-4592882763)

第2巻

(2004年9月1日発行、 978-4592882770)

第3巻

(2004年11月1日発行、 978-4592882787)

第4巻

(2005年1月1日発行、 978-4592882794)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo