うわさのBOY

うわさのBOY

格闘の天才である天野俊の破天荒な活躍と、彼を取り巻く学生たちの青春を描く格闘漫画。

正式名称
うわさのBOY
作者
ジャンル
バトル
レーベル
ジャンプスーパーコミックス(集英社)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

地方の名士である天野家の養子、天野俊は入学式に向かう途中で道に迷ってしまい、スーパークラブという格闘技部の部長である梅川文吉と出会う。この縁によって梅川の誘いに乗った俊はスーパークラブに入部して、ボクシング部をはじめとしたライバルたちと争っていく。

登場人物・キャラクター

天野 俊

天野家の養子。都会の出身だが、天野家の一員になったため、錦織志づ乃の計らいで番空学園に通うことになる。礼儀正しく大人しめな性格ながら、抜群の運動神経を誇る。梅川文吉の誘いでスーパークラブに所属してからは、ライバルとの戦いを制し、学内屈指の人気を得ていく。

梅川 文吉

スーパークラブの部長。登校中偶然出会った天野俊と意気投合し、彼をスーパークラブに誘う。良くも悪くも強い個性を持っており、いろいろな人間からは酷い扱いを受けることが多い。俊とは仲が良く、よくつるんでいる。格闘技の実力はそこそこだが、調子に乗りやすいうえに運が悪く、活躍の場は少ない。

諏訪野 かおり

番空学園に通う少女。諏訪野組と呼ばれる不良グループを束ねている。幼稚園の頃から町では不良として知られ、スポーツ部には興味を示さなかった。しかし、偶然出会った天野俊に一目惚れをし、彼を追ってスーパークラブに入部する。

鬼沢

番空学園の教師。天野俊のクラス担任で、生活指導を担当している。非常に厳しく生徒に接し、髪の毛が長い生徒を強制的に坊主頭にしたり、口ごたえした生徒を殴りつけたり、梅川文吉を独断で留年させるなど、粗暴な言動が目立つ。一方で気骨のある生徒に対しては好意的で、懲罰に対し真っ向から反抗してきた俊の、その成長を楽しんでいる節がある。

望月 健

番空学園ボクシング部キャプテン。一見爽やかな雰囲気で、ボクシング部に殴り込みをかけたスーパークラブに対しても温和に接した。しかし苛烈な本性を隠しており、いざリングに上がれば相手がボロボロになるまで殴り続ける。その実力も確かで、ボクシング部員を次々と打ち破った天野俊を相手にひるむことなく立ち向かい、大いに苦戦させた。

暗本

番空学園スーパークラブの部員。自らを影の部員と称している。暗い場所が好きで、それを理由にしてスーパークラブに残留している変わり者。写真が趣味で情報収集を得意としているが、なぜか女子の写真ばかりを撮ってくるため、実質的には何の役にも立たない。スーパークラブと女子格闘技部の抗争の際には、手榴弾を備えたマントを身に付け、助太刀に現れる。

みかり

番空学園に通う少女で、今時の中学生らしい容姿をしている。流行に流されやすく、天野俊の活躍を見るや否や、彼に一目惚れした。俊を目当てにスーパークラブに入部し、諏訪野かおりと熾烈な俊争奪戦を繰り広げることとなる。いざという時は根性を見せることもあり、スーパークラブを代表して女子格闘部員に挑戦状を叩きつけたこともある。

村尾

番空学園ボクシング部の1人。我が強く、怒り出すと周りが見えなくなる。梅川文吉とトラブルを起こしてしまったためにスーパークラブに因縁をつけ、天野俊と練習試合の名目で対戦する。ボクシングの経験がないとなめてかかったところ、返り討ちに遭って激昂し、反則技を使ってでも沈めようと目論む。

古地 錠

番空学園ボクシング部の1人で、「ブルファイター」の異名を持つ。容姿が問題視されており、試合を実況した新田恵美に「少年ジャンプ」に出てはいけないような顔をしているとまで言われた。スーパークラブとボクシング部の勝ち抜き戦で先鋒を務め、スーパークラブの先鋒となった諏訪野かおりと対戦するが、女性と戦った経験がないため苦戦を強いられる。

才谷 泰造

番空学園ボクシング部の副部長で、いかにも不良といった容姿。口も悪いが、部長の望月健に対しては忠実。また、副部長ではあるがボクシングの実力は大したことがない。スーパークラブとボクシング部の勝ち抜き戦では副将として天野俊と戦う予定だったが、生海仁の乱入によって出場権を奪われてしまう。

新田 恵美

放送部のマドンナを自称する女子高生。スーパークラブとボクシング部の勝ち抜き戦において実況を担当した。実況慣れしているのか場を盛り上げることが上手だが、敗北した選手に対してはとことん辛辣。また、妙にメタフィクションな実況を好む傾向がある。

生海 仁

天野俊のクラスメイト。かつて番空学園ボクシング部に所属しており、「壊し屋」の異名を持っていたが、28人の不良を1人で殴り倒すという乱闘騒ぎを起こしたことによって、停学処分、及びボクシング部からの除名を言い渡されている。停学の影響で留年しており、実際は俊より1つ年上。スーパークラブとボクシング部の勝ち抜き戦では、副将であった才谷泰造を一撃で倒し、彼の代理として俊との試合に臨む。

ヌンチャクの久美子

隣町で幅を利かせている不良少女。諏訪野かおりとは小学校時代に因縁があり、今でも犬猿の仲となっている。しかし実力差は歴然で、偶然再会した時も徒党を組んで襲い掛かるも、5秒で瞬殺された。しかしそれでも諦めず、隣町の男性不良グループとつるみ、再度かおりをつけ狙う。

錦織 つかさ

番空学園女子格闘技部の部長。かつて梅川文吉と恋人同士だったが、破局している。その因縁からスーパークラブを敵視しており、自らの手で引導を渡すべく挑みかかってくる。努力家だが高飛車な性格で、力のない者が努力をしても無駄と公言してはばからない。

天野 麻呂

天野家の現当主。和装に身を包む男性で、使用人たちからは「城主」と呼ばれている。天野俊の父親とは知り合いで、中学生になった俊を養子にしたが、奔放な性格に手を焼いており、そんな彼を父親そっくりだと語っている。外出の際には甲冑を着込もうとする悪癖がある。

錦織 志づ乃

天野家に仕える使用人。天野俊が番空学園に入学したのは彼女の計らいによるものである。天野麻呂から強く信頼されており、俊に関する調査を任せられている。また、錦織つかさの姉で、妹からも強く尊敬されている。

集団・組織

スーパークラブ

天野俊が所属する弱小の格闘技部。1年前、学園に新たな旋風を巻き起こすために梅川文吉の手により立ち上げられた。かつては5人の部員が所属していたが、些細な理由で3人が次々に退部した結果、存続すら危ぶまれる状態に陥っていた。俊が入部するや否や学園の注目を集め、たちまち強豪クラブとして認識されることとなる。

ボクシング部

番空学園屈指の強豪部。部長の望月健を筆頭に、33人の部員を擁する。しかし、強豪であることを鼻にかけて周囲を見下す部員も多く、生徒からは好かれていない。部員の村尾がスーパークラブと衝突し、練習試合と称して天野俊と激突した。この因縁はボクシング部とスーパークラブの勝ち抜き戦に発展していく。

女子格闘技部

ボクシング部に匹敵する、番空学園の強豪部。その名の通り、女子だけで構成されている。風紀委員の役割も担っており、部長の錦織つかさには、生徒でありながら学校の規則を改定できるほどの権力が与えられている。梅川文吉を敵視するつかさの主導でスーパークラブを潰そうとするが、みかりの機転によって、天野俊とつかさによる代表戦が行われた。

場所

番空学園

地方の私立中学。スポーツが盛んで、入学式では部員獲得のための争いが繰り広げられる。一方で風紀が厳しく、一部の教師の発案によって簡単に停学、留年になる。風紀委員を兼任している女子格闘技部の指示によって校則を自在に変更できるなど、中央集権体制に近いシステムが構築されている。

書誌情報

うわさのBOY(あいつ) 全2巻 集英社〈ジャンプスーパーコミックス〉 完結

第1巻

(1987年10月発行、 978-4420131681)

第2巻

(1987年12月発行、 978-4420131704)

SHARE
EC
Amazon
logo