おゆう

少年猿飛佐助(アニメ映画)の登場人物。佐助とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
少年猿飛佐助(アニメ映画)
正式名称
おゆう
ふりがな
おゆう

総合スレッド

おゆう(少年猿飛佐助)の総合スレッド
2016.01.25 12:29

概要

佐助の姉。信濃の山で暮らす優しく美しい娘で山の動物たちにも慕われている。その美貌を夜叉姫に妬まれて山賊にさらわれ佐助の攻撃を封じる人質とされるが危ういところを真田幸村に救われる。

登場人物・キャラクター

信州・上田城の城主。着流し姿でひょうひょうとした軽い性格だが、戦国時代を生き抜く実力者で思慮深い武将。わけあって真田十勇士を集める。主人公の霧隠才蔵には「オッサン」と呼ばれる。
熊のコロ、猿のチロ、小鹿のエリ、タヌキ、リス等。信濃の山中で佐助おゆうと仲良く暮らしている。好物は蒸かし芋。佐助の留守中はおゆうの手助けをしている。エリの母鹿が大山椒魚の餌食になったことで佐助はその正...
山賊を率いて悪事を働く妖術使いの女。名は夜叉姫おもん。美しいものを憎んでいる。古の上人の法力で山椒魚に変えられたが、上人の死後元の姿に戻った。性格は残忍で大山椒魚の姿で古沼に潜み獲物を狙う。 白地に蝙...
姉おゆうと二人で信濃の山中で暮らす勇敢で活発な少年。山の動物たちとも仲良し。小鹿エリの母鹿を殺した妖術使い夜叉姫を倒す力を付けるため戸隠山に住む戸沢白雲斎に弟子入りし忍術を会得。 白雲斎の命によって山...

関連キーワード

『少年猿飛佐助』に登場する、権九郎の手下の荒くれ者の集まり。悪事を働いては焚き火を囲んで酒盛りをし、威勢のいい山賊の歌を歌う。
現在の長野県辺り。

登場作品

少年佐助は信濃の山中で姉おゆうと山の動物たちと元気に暮らしていたが、山では妖術を使う夜叉姫を頭とする山賊が暴れていた。仲良しの鹿を夜叉姫に殺された佐助は妖術を打ち破る力を得るため戸隠山の仙人戸沢白雲斎...