少年猿飛佐助

東映長編アニメ映画第2作目で、初の時代劇。日本初のシネマスコープ(東映スコープ)版アニメ。檀一雄の新聞小説(読売新聞掲載)を子供向けにアレンジ、猿飛佐助をはじめ日本人に馴染み深い時代劇の有名キャラクターが多数登場する。仙人戸沢白雲斎に教えを受けた少年忍者佐助は上田城の若殿真田幸村と力を合わせ、平和を乱す山賊とその頭の妖術使い夜叉姫に立ち向かう。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
少年猿飛佐助
ふりがな
しょうねんさるとびさすけ
原作者
制作
東映動画
公開日
ジャンル
時代劇
 
アクション一般

総合スレッド

少年猿飛佐助(アニメ映画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

金太(少年猿飛佐助)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:29
信濃(少年猿飛佐助)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:29

新着関連スレッドもっとみる

概要

少年佐助信濃の山中で姉おゆう山の動物たちと元気に暮らしていたが、山では妖術を使う夜叉姫を頭とする山賊が暴れていた。仲良しの鹿を夜叉姫に殺された佐助は妖術を打ち破る力を得るため戸隠山の仙人戸沢白雲斎に弟子入りして修行に励み忍術を会得する。

山を下りた佐助は上田城の若殿真田幸村と力を合わせ、姉おゆうをさらった夜叉姫一味に立ち向かう。

登場人物・キャラクター

主人公
姉おゆうと二人で信濃の山中で暮らす勇敢で活発な少年。山の動物たちとも仲良し。小鹿エリの母鹿を殺した妖術使い夜叉姫を倒す力を付けるため戸隠山に住む戸沢白雲斎に弟子入りし忍術を会得。 白雲斎の命によって山...
熊のコロ、猿のチロ、小鹿のエリ、タヌキ、リス等。信濃の山中で佐助おゆうと仲良く暮らしている。好物は蒸かし芋。佐助の留守中はおゆうの手助けをしている。エリの母鹿が大山椒魚の餌食になったことで佐助はその正...
山賊の一人。通り名は「おけらの金太」。小太り。三次と同じく真田幸村方に寝返った。
山賊を率いて悪事を働く妖術使いの女。名は夜叉姫おもん。美しいものを憎んでいる。古の上人の法力で山椒魚に変えられたが、上人の死後元の姿に戻った。性格は残忍で大山椒魚の姿で古沼に潜み獲物を狙う。 白地に蝙...
佐助の姉。信濃の山で暮らす優しく美しい娘で山の動物たちにも慕われている。その美貌を夜叉姫に妬まれて山賊にさらわれ佐助の攻撃を封じる人質とされるが危ういところを真田幸村に救われる。
三次と金太が盗んだつづらに付いて来てしまった町娘。口元に大きなホクロがある。ちゃっかりしていて言い出したら聞かず山賊も扱いに手を焼く。谷底に落とされそうなところを通りかかった佐助に救われ、佐助の姉おゆ...
上田城の勇猛果敢な若殿。城下を荒らす山賊を追って信濃の山に入り、佐助の姉おゆう、戸隠山を下りた佐助と出会う。後に佐助を上田城に招く。
戸隠山に住む仙人で忍術の達人。老人だが身のこなしは素早い。佐助の勇気を認めて弟子入りを許し、山小屋の下働きをさせながら体を鍛え忍術の修行をさせた。山を下りた佐助が将来の主人に出会うことを予言。 白髪白...
『少年猿飛佐助』に登場する、権九郎の手下の荒くれ者の集まり。悪事を働いては焚き火を囲んで酒盛りをし、威勢のいい山賊の歌を歌う。
『少年猿飛佐助』に登場する真田幸村の忠実な家臣。真田十勇士の筆頭。重い鉄棒を武器にしている。剛力だが山賊の計略で牢に閉じ込められるような一面もある。
山賊の一人。通り名は「ばったの三次」。のっぽで跳ねるように走る。おけらの金太とは凸凹コンビ。根はお人好しで戦いの最中に山賊を裏切り真田幸村方に寝返る。
夜叉姫配下の山賊頭。巨大なマサカリが武器。通り名は「山嵐の権九郎」。信濃の山中に根城を構え、大勢の手下を引き連れて上田城下を荒らす。

場所

現在の長野県辺り。

クレジット

原作 檀一雄    
演出 藪下泰司     大工原章    
脚本 村松道平    
音楽 船村徹    
アニメーション制作 東映動画