おらぁグズラだど(1967年版)

おらぁグズラだど(1967年版)

ビックラ島の大噴火により、飛び出した巨大な卵から生まれた怪獣グズラは、人間の少年ヌケ田凡太と仲良くなり、ヌケ田家に居候する。怪獣グズラが人間の一家と過ごしながら、人間社会で大騒動を巻き起こすタツノコプロ初のギャグアニメ作品。『週刊少年サンデー』に掲載された笹川ひろしによる『オンボロ怪獣クズラ』を原案としている。1回2話ずつの放送で、全104話が制作された。20年後の1987年から1988年の約1年間、音声は旧版から使用し、映像をカラー化したリメイク版が放映された。キャストに合わせた他作品のキャラに変えるなど、タツノコ作品ならではのリメイクとなっている。

正式名称
おらぁグズラだど(1967年版)
ふりがな
おらぁぐずらだど
原作者
制作
タツノコプロ
放送期間
1967年10月7日 〜 1968年9月25日
放送局
フジテレビ
話数
26話
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

太平洋の真ん中にあるビックラ島の大噴火により、飛び出した巨大卵は海賊船に落下した。固い殻はなかなか割れず、大釜で茹でられ遂に卵の中から怪獣グズラが誕生。海賊船を食べ尽くし、樽に乗ったグズラは日本に漂着し、ひょんなことでヌケ田家の庭先に現れる。

ヌケ田家の長男凡太と妹のスズ子と仲良しになり、ヌケ田家の居候となったグズラだが、鉄ならなんでも食べてしまうため、お腹が空いたと線路を食べてしまったり、注射の痛みに大暴れしたりと、次々に騒動を巻き起こすのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

ビックラ島の大噴火により飛ばされた、巨大な卵から産まれた怪獣。体長2m22cm、体重3t.333g。鉄が主食。ヌケ田家の居候。のんびりとした性格だが、正義感が強い。弱点は注射。気を失った状態でヌケ田家... 関連ページ:グズラ

ヌケ田 凡太

眼鏡を掛けた育ちのいいお坊ちゃまタイプ。ヌケ田家の息子。突然現れた怪獣グズラの世話を焼くうちに、友達になり、家に置いて欲しいと父親に頼む。グズラが巻き起こす騒動のたびに、手を焼きながらも、時には助け、時には助けられ、友情を育む。

ヌケ田 スズ子

口の達者な凡太の妹。いつも凡太と一緒に行動している。グズラが巻き起こす騒動に巻き込まれても、いつも明るく笑顔を絶やさない。

凡太の父親。庭付きの一戸建てで、素敵なママと可愛い二人の子供と暮らす銀行員。凡太とスズ子が連れてきた怪獣グズラに、驚き慌てて警察を呼ぶが、戦車に囲まれ傷だらけになった姿にほだされ、居候を許可する。 勤... 関連ページ:パパ

ママ

凡太の母親。素敵なパパとは仲良しで、子供たちのためにお弁当を作ったり、ごくごく普通の専業主婦。凡太とスズ子が連れてきた怪獣グズラに驚きながら、受け容れてくれる。グズラがフライパンや鍋を次々食べてしまうため、時々ハラハラと泣き崩れ、その度にグズラはしょんぼりと反省する。

チャララ

飛ばされた卵のグズラを追って、ビックラ島からはるばる日本へやってきた、小さな女の子の怪獣。小さいがグズラよりしっかりした性格で、いつもグズラとケンカになる。

団長

アニマルショーの団長。動物たちが怪我や病気でショーができなくなったところにグズラが現れ、ショーに出そうと、あの手この手を考える。カンガルーの着ぐるみでボクシング、熊の着ぐるみで一輪車に乗らせるが、どれもグズラは失敗。 しかし、その失敗を子供たちは大喜びで楽しんだ。

ヌケ田家に現れたグズラが、反応しないことを心配した凡太とスズ子に頼まれ往診に来る。聴診器からは巨大な心音が聞こえ、体温計では計測不能のの高温。普通じゃないけど死んではいない、と、大きな注射器を持ち出し... 関連ページ:お医者さん

お巡りさん

グズラを捕獲に来た警察官。ヌケ田家に現れたグズラと友達になった凡太たちだが、パパは警察を呼んでしまう。大きな檻を持ってやってきた警察官だったが、グズラは檻を食べて脱出。続いて口枷を填めて頑丈な木箱に詰められるが、火を噴いて焼き尽くして脱出し、役立たずだった。

赤ちゃんを連れたママ。どういうわけか車の走る道路の真ん中に、赤ちゃんが取り残され、赤ちゃんのママは助けを求めて叫ぶ。パパの通報で警察に追われていたグズラが赤ちゃんと遭遇。赤ちゃんを抱き上げまま車を押し... 関連ページ:赤ちゃんのママ

テレビ局でヒーローアクション番組を作っている演出家。悪役の怪獣が準備できず、イライラしているところへ、テレビを観て怪獣と友達になりたいというグズラを連れて凡太とスズ子が登場。グズラを怪獣役者と思い込む... 関連ページ:特撮演出家

場所

ビックラ島

『おらぁグズラだど(1967年版)』で、主人公のグズラの故郷の島。太平洋の真ん中にあり、恐竜たちが眠っている。ビックラ島にある火山が大噴火し、巨大なタナゴが飛び出した。その卵から誕生したのがグズラである。

その他キーワード

海賊船

『おらぁグズラだど(1967年版)』に搭乗する海賊船。ビックラ島の噴火で飛ばされた巨大な卵が落下。船の甲板を突き破り下層の調理場へ。固い殻を割るため、ハンマーや石頭で叩いたり、巨大な石を落としたり、卵... 関連ページ:海賊船

クレジット

原作

総監督

脚本

鳥海尽三 , , ,陣野修 , , , , ,板井れんたろう

チーフアニメーター

坂本雄作

音楽

小野崎孝輔

アニメーション制作

タツノコプロ

SHARE
EC
Amazon
logo