そらのおとしもの

そらのおとしもの

エッチな中学生桜井智樹と突然、空から降ってきた天使の姿をした少女イカロスとの共同生活を中心に、彼らの周りで起こる騒動を、時にはコメディタッチに、時にはシリアスに描く。原作は水無月すう。

概要

ある日、平和が一番と常々思っているエッチな中学生桜井智樹の前に突然、天使の姿をした少女イカロスが降ってくる。さらに、智樹はイカロスに刷り込み(インプリンティング)され鎖で繋がれた事によって、彼女にマスターと認定されてしまう。そして、その出来事を境に、智樹の平和な毎日は音を立てて崩れ去るのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

県立空美中学校に通う小柄な少年で一人暮らしをしている。モットーは平和が一番。性格は大変スケベでその行動力もあってイカロスにもらったカードを度々悪用してはエッチな目的に利用している。そうでなくとも周囲の... 関連ページ:桜井 智樹

主人公

主人公である桜井智樹の前に空から降ってきた羽の生えた女の子の姿をした未確認生物。智樹をマスターとして刷り込み(インプリンティング)して以降智樹と生活を共にする。当初は愛玩用エンジェロイドを自称していた... 関連ページ:イカロス

主人公

主人公である桜井智樹と同じ県立空美中学校に通う幼馴染の中学生であり智樹に想いを寄せている。発育がとてもよく92cmのバストを誇る為、智樹のセクハラの被害に何度も遭っている。切れ味のあるチョップを持ち、... 関連ページ:見月 そはら

主人公

『そらのおとしもの』の登場人物で県立空美中学校では主人公である桜井智樹から見て先輩にあたる。新大陸発見部の部長で東京大学の院試レベルの数学をスラスラ解く頭脳と高い戦闘能力を持っている。実家とは絶縁状態... 関連ページ:守形 栄四郎

翼の生えたツインテールの少女の姿をしており、貧乳。シナプスにいるマスターに命令されイカロスを連れ戻すために地上にやってきた。ハッキングなどの電子戦に長けているが戦闘能力はあまり高くない。当初は残忍な方... 関連ページ:ニンフ

主人公である桜井智樹抹殺を命じられてシナプスからやってきた。翼の生えた金髪の少女の姿をしている。戦闘と感情制御に長けているが、電算能力が低い所為かドジな性格をしていて智樹抹殺の任務を尽く失敗しているば... 関連ページ:アストレア

『そらのおとしもの』に登場する人物で主人公の桜井智樹が通う県立空美中学校の生徒会長であり代々続く任侠道(セレブ)のお嬢様。守形栄四郎の幼馴染。好きなことは主人公である桜井智樹の断末魔を聞くことであり、... 関連ページ:五月田根 美香子

ハーピー

『そらのおとしもの』に登場する人型兵器で、髪の色以外は同じ姿の双子の姉妹である。戦闘力はイカロスに遠く及ばず、シナプスのマスターに命じられた任務に度々失敗している。普段はシナプスの警護をしているがシナプスに侵入してきた栄四郎を追いかけるも毎回逃げ切られている。

『そらのおとしもの』に登場するエンジェロイド。普段はシナプスの居住区の清掃などをしており大量に存在する。守形栄四郎がシナプスに侵入した際、そのうち一体が栄四郎と一緒に地上についてきてしまい、五月田根美... 関連ページ:オレガノ

竹原

『そらのおとしもの』に登場する人物。桜井智樹の通う県立空美中学校の数学教師で生徒に東大院試レベルの数学の問題を課しては解けない生徒を見て見下すなど教師として問題がある。五月田根美香子が暇つぶしに何か大会を開くたびに司会として呼ばれている。

鳳凰院・キング・義経

『そらのおとしもの』に登場する人物でお坊ちゃま。私立空美学園の生徒で、空美町は田舎町で中学校が二つしかなく、学園祭が合同で開かれるため、文化祭の度に県立空美中学校にやってきては智樹達と勝負をしている。

桜井 智代

主人公の桜井智樹の母であり、智樹が量子変換器で女体化した智子に外見が似ている。息子と同様色を好む性格であり、巨乳とイケメンを好む。智樹が十歳の時に智樹を置いて夫と共に諸国漫遊の度に出かけてしまった。

集団・組織

新大陸発見部

『そらのおとしもの』に登場する組織。主人公である桜井智樹の通う県立空美中学校の部活動の一つで、部員は守形栄四郎ただ一人であったがいつのまにか智樹やそはらたちも巻き込まれていた。具体的な活動内容は不明。

場所

空美町

主人公である桜井智樹の暮らす人口7,000人程度の山に囲まれた小さな町で、取り立てて名物があるわけでもなく田畑にがそこかしこにある。智樹はこの町の、のどかで平和な所を気に入っている。

シナプス

空中に浮かぶ都市で、人類の科学技術では観測ができない。守形栄四郎曰く新大陸。翼の生えた人間の姿をした住人達が暮らしており、地上に住む人間たちを地蟲(ダウナー )と呼んで蔑んでいる。高度な技術力を誇るが... 関連ページ:シナプス

その他キーワード

カオス

『そらのおとしもの』に登場する人型兵器で修道服を着た幼女の外見をしている。イカロス以上の戦闘能力を有するが人格が幼いため残虐な行為も平気で行う。他のエンジェロイドを吸収することができる。

量子変換器

『そらのおとしもの』に登場する装置。ヒロインであるイカロスの持っていたシナプス製の装置で、人間を他の物体や人物に変身(メタモルフォーゼ)させることができるが、使用者の精神状態が乱れると変身が解けてしまう。主人公である桜井智樹にセクハラ目的で何度か悪用されている。

エンジェロイド

『そらのおとしもの』に登場するシナプスによって製造された翼の生えた人型の生体メカ。人間と同じように食事し生活できるが、第一世代エンジェロイドは睡眠し夢を見ることが出来ない。主従契約を行うプログラム、刷... 関連ページ:エンジェロイド

ダイヴゲーム

『そらのおとしもの』に登場する、過去にシナプスで流行した地上人の夢に潜入(ダイヴ)するゲーム。主人公である桜井智樹の夢はシナプスと繋がっている為、智樹の夢にダイヴすると現実世界のシナプスに行ってしまう。

書誌情報

そらのおとしもの 全20巻 KADOKAWA〈角川コミックス・エース〉 完結

第1巻

(2007年9月発行、 978-4047139732)

第2巻

(2007年12月発行、 978-4047150133)

第3巻

(2008年7月発行、 978-4047150799)

第4巻

(2009年1月発行、 978-4047151642)

第5巻

(2009年4月発行、 978-4047152281)

第6巻

(2009年9月発行、 978-4047152922)

第7巻

(2009年10月発行、 978-4047153011)

第8巻

(2010年3月発行、 978-4047153998)

第9巻

(2010年9月発行、 978-4047155206)

第10巻

(2010年10月発行、 978-4047155459)

第11巻

(2011年1月発行、 978-4047156036)

第12巻

(2011年6月発行、 978-4047157118)

第13巻

(2011年11月発行、 978-4041200087)

第14巻

(2012年3月発行、 978-4041201633)

第15巻

(2012年7月発行、 978-4041203224)

第16巻

(2012年10月発行、 978-4041204429)

第17巻

(2013年4月発行、 978-4041206669)

第18巻

(2013年10月発行、 978-4041208212)

第19巻

(2014年2月発行、 978-4041209769)

第20巻

(2014年3月発行、 978-4041210468)

そらのおとしもの 全1巻 角川書店〈角川文庫〉 完結

第1巻

(2010年2月発行、 978-4044725068)

SHARE
EC
Amazon
logo