ちょろくてかわいい君が好き

ちょろくてかわいい君が好き

八田あかりの2作目の連載作品。現代日本の高校を舞台に、少女漫画が大好きで惚れっぽい性格ながら、恋愛には消極的な女子高校生の大野ななが、クラスメートで「孤高のヤンキー」と噂される巣鷹智春に告白されたことから始まるラブストーリー。巣鷹からストレートに愛情表現を向けられることに戸惑いつつも、巣鷹との距離を縮めながら恋愛の喜びを知ることとなる、ななの成長が見どころとなっている。講談社「デザート」2021年6月号から連載。

正式名称
ちょろくてかわいい君が好き
ふりがな
ちょろくてかわいいきみがすき
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
KC デザート(講談社)
巻数
既刊6巻
関連商品
Amazon 楽天

ちょろすぎる女子とヤンキー男子の笑えてときめく日常

異性の何げない言動にときめいてしまう「ちょろい」女子高校生・大野ななと、クールな一匹狼のヤンキー男子・巣鷹智春の笑えてキュンとする日常を描いたラブコメディ。誉め言葉を思いついたらストレートに伝える巣鷹と、すぐに胸がドキドキしっぱなしのななの交際がコメディタッチに展開される。最初はヤンキー・巣鷹との交際に戸惑っていたななだったが、ド直球に好意を伝えてくる彼に好感を抱くようになり、二人の絆は深まっていく。

ヤンキー男子からの突然の告白から始まる恋

大野ななは、異性から優しくされるとすぐに好きになってしまう自他共に認める「ちょろい」性格の持ち主。また、感情を隠すことが苦手で、すぐに顔や態度に出てしまう。学校内ではまじめなタイプで、どちらかというと目立たない生徒でもある。一方の巣鷹智春は、口数も少なく見た目も怖いことから、集団に属さず他人と距離を置いている一匹狼的なヤンキー。ルックスのよさから女子生徒に告白されることも多いものの、特定の女子と交際するつもりはない。いつもはトラブルを回避するため、異性を避けている巣鷹だったが、ななの友人が、「ななは巣鷹のことが好きになると思う」と話している場面に遭遇する。自分に恋をしないようにと、釘を刺すつもりで接近した巣鷹に対し、ななは何も知らない相手に一方的に強い言葉を投げかけるのは、暴力と同じだと言い返す。自分を怖がるどころかしっかりと意見するななに対して、巣鷹は好意を抱くようになる。

本当の巣鷹を知ってもらうための行動

相性抜群の二人の恋愛の障害は、見た目から誤解を受けやすい巣鷹智春のこと。学校内では一匹狼のヤンキーとして有名な巣鷹は、自分から周囲と距離を縮める必要はないと考えていた。一方、まじめでどちらかというと目立たないタイプの大野ななは、「巣鷹におどされて交際しているのでは」と同級生から心配されていた。また、母親にも巣鷹との交際がばれてしまい、猛反対される。しかしななは、本当は優しく思いやりのある巣鷹をみんなにも知ってもらうために奔走する。

登場人物・キャラクター

大野 なな (おおの なな)

とある高校に通う1年生の女子。少女漫画が好きで、異性に優しくされるとすぐにときめいてしまうクセがあり、自他共に認める「ちょろい」性格の持ち主。自分に恋愛は不向きだと決め込み、「現実の恋より少女漫画」を信条にしている。少女漫画をSNSにアップすることを趣味にしていたが、ある日、巣鷹智春に突然告白されて恋人関係になる。当初は好意を向けられることに困惑していたが、巣鷹の優しさを知るにつれて好意を抱き、巣鷹のよさをクラスメートにも知ってもらいたいと考えるようになる。

巣鷹 智春 (すだか ともはる)

大野ななと同じクラスに所属する男子。口数が少なく表情も乏しいため、クラスでは「孤高のヤンキー」と呼ばれている、一匹狼。ななが自らの感情をストレートにぶつけてきたことに好意を抱いて告白し、恋人同士となる。ななと付き合うようになり、巣鷹智春自身もクラスメートと打ち解けるようになった。実家は飲食店で自らも料理を得意としており、さまざまな料理を作ることができる。

書誌情報

ちょろくてかわいい君が好き 6巻 講談社〈KC デザート〉

第1巻

(2021-09-13発行、 978-4065246757)

第2巻

(2022-02-10発行、 978-4065268216)

第3巻

(2022-07-13発行、 978-4065285220)

第4巻

(2022-12-13発行、 978-4065300343)

第5巻

(2023-06-13発行、 978-4065319987)

第6巻

(2023-11-13発行、 978-4065337233)

SHARE
EC
Amazon
logo