ふたごのプリンセス

ふたごのプリンセス

水藻麗とリチャード・コンウォールの不倫の末、生まれた双子ミチルとチルチルだが、事故でチルチルが行方不明になる。数年後、発見され、父親の元に引き取られたチルチルだが、育ての親エリザベートになつかず、エリザベートのいらだちが増していく。

概要

水藻麗リチャード・コンウォールの不倫の末、生まれた双子ミチルチルチルミチルは父親のリチャードの家に、チルチルは母親麗に引き取られることになったが、チルチルは飛行機事故により、コンゴの上空で行方不明になってしまう。8年後、父親の探検隊により発見されたチルチル

コンウォール公爵家にひきとられるも、いつまでもなつかない彼女に、ミチルの育ての親エリザベートのいらだちは増していく。

登場人物・キャラクター

ミチル

『ふたごのプリンセス』の主人公のひとり。水藻麗とリチャード・コンウォールの不倫の末、生まれた双子の一人。コンウォール公爵家に跡継ぎとして引き取られ、お金持ちの父親とその妻に育てられる。父親は溺愛するが、継母は育つほど不倫相手に似るミチルに複雑な感情を抱く。

主人公

『ふたごのプリンセス』の主人公のひとり。水藻麗とリチャード・コンウォールの不倫の末、生まれた双子の一人。生母水藻麗が日本に育てるため、引き取られ、もうひとりの双子ミチルと赤ちゃんのときに離れ離れになっ... 関連ページ:チルチル

水藻 麗

ミチルとチルチルの実の母親で、リチャード・コンウォールと不倫をしていた。世界的なオペラ歌手として、世界中で公演を行っていたが、ミチルのために公演をキャンセルしたことをきっかけに仕事や貯金を失い、ミセス滝という偽名でメイドとして働く。

リチャード・コンウォール

ミチルとチルチルの父親で、オペラ歌手水藻麗と不倫をしていた。イギリスの公爵。自身の不倫の末に出来た娘たちを溺愛し、行方不明になったチルチル捜索も自ら行う。

エリザベート

リチャード・コンウォールの妻で、ミチルの育ての母。夫と水藻麗の不倫で苦しんだ結果、ミチルに毒を盛ったり、家政婦を殺したりしてしまう。

ばあや

コンウォール公爵家に勤める家政婦でミチルの世話をしている。エリザベートがミチルに毒を盛っていることに気づき、水藻麗に電話で知らせる。

ガリガ

ジャングルの女王ゴリラでチルチルの育ての親。死んだ自分の子どもの代わりに、事故機の中で見つけたチルチルを王女としてジャングルで育てる。

花田

水藻麗のマネージャーだったが、彼女が公演をキャンセルしたことをきっかけに違約金として、彼女の預金をすべてを引き出す。

ジョン・ポール

水藻麗が名前を隠してメイドとして働いていた家の息子。ミチルと恋仲になる。

ジャン・ポール

水藻麗が名前を隠してメイドとして働いていたスイス・ワイダー家の息子。ミチルと恋仲になる。

ワイダー

水藻麗が名前を隠してメイドとして働いていたスイス・ワイダー家の主人で、ジャン・ポールの父親。職業は医者だが、妻を亡くした後、アルコールにおぼれていた。街中でさまよっていたミチルに声をかける。

場所

コンウォール家

主人公ミチルが育ったイギリスの公爵家。

ワイダー家

主人公ミチルチルチルの生母水藻麗がミセス滝としてメイドで働く家。

コンゴのジャングル

主人公チルチルが生まれ育った森。ゴリラのガリガが森の女王、チルチルは王女として育った。

書誌情報

ふたごのプリンセス 全2巻 ホーム社〈わたなべまさこ名作集〉 完結

第1巻

(1995年8月発行、 978-4834281491)

第2巻

(1995年9月発行、 978-4834281507)

SHARE
EC
Amazon
logo