ぷちます!

ゲーム『アイドルマスター』シリーズのスピンオフ4コマギャグ漫画。『アイドルマスター』に登場するアイドルたちに似た二頭身の生き物「ぷちどる」たちと765プロのアイドルたちの日常が描かれる。作品の原型は作者・明音の二次創作。後に公認され、連載に至った。

正式名称
ぷちます!
原作者
バンダイナムコエンターテインメント
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
電撃コミックス EX(アスキー・メディアワークス)
巻数
既刊11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

アイドル事務所・765プロに所属するアイドル双海亜美・真美は、ある日謎の生き物「ぷちどる」を拾ってきた。どこか765プロのアイドルに似たぷちどるたちは次々とやって来て、さまざまな騒動を起こしていく。

登場人物・キャラクター

天海 春香 (アマミ ハルカ)

765プロ所属のアイドル。頭の両サイドにつけたリボンがトレードマーク。明るく元気で、前向きな性格。特技はお菓子作り。かなりのドジで、765プロにさまざまなトラブルを呼び込んでいる。はるかさんとみうらさんの名付け親。

はるかさん (ハルカサン)

天海春香に似たぷちどる。鳴き声は「かっか!」「ヴぁーい」など。命名は天海春香。高槻やよいと一緒に暮らしている。頭の二つの大きなリボンが特徴。日光が苦手で、暗所を好み、水に触れると増殖するという特性を持つ。また、夜遅くに餌を与えると「暗黒化」してしまう。「暗黒化」状態となると、目のハイライトが消え、リボンの形も変形、「アハハハハ」と鳴くようになる。 人懐っこく、よく人を甘噛みしている。ただ、「暗黒化」状態では歯形が残るほどの強さで人を噛む。

如月 千早 (キサラギ チハヤ)

765プロ所属のアイドル。生真面目で、落ち着いた性格。抜群の歌唱力を誇り、歌に関しては非常にストイック。スレンダーな体型で、胸が控えめなことを気にしている。ネーミングセンスが悪く、新たに現れたぷちどるには毎回「ゴンザレス」などと命名しようとしている。

ちひゃー (チヒャー)

如月千早に似たぷちどる。鳴き声は「くっ」。命名は秋月律子。千早と一緒に暮らしている。歌うことが好きで、持ち歌は演歌。気に入った相手には頭に乗っかり、スキンシップを取っている。星井美希など「ばいんばいん」な女性を敵視しており、そのため千早が面倒を見ることとなった。千早の家では毎朝目覚ましがなる前に止め、鳴き声で彼女を起こしている。 冬になると髪の毛が伸び、犬耳のような冬毛となる。

萩原 雪歩 (ハギワラ ユキホ)

765プロ所属のアイドル。引っ込み思案で気弱な性格。落ち込んだときは、穴を掘って埋まろうとする。犬が大の苦手で、そのせいもあってか、ぷちどるたちも苦手。特にスキンシップが多いはるかさんを恐れている。普段はおしとやかだが、怒らせると怖い。

ゆきぽ (ユキポ)

萩原雪歩に似たぷちどる。命名は双海真美。765プロで暮らしている。気弱で大人しく、おっとりとした性格。よく事務所の床に穴を掘って埋まっている。意外と力は強く、自分の身長を遥かに上回る物を持ち上げたりしている。最初は声を出さず、手旗信号で意思の疎通を行っていたが、後に「ぽえー」「ぽー」などと鳴くようになった。 冬になると狸のシッポのような冬毛が生え、行動が3割増しで雑になる。

高槻 やよい (タカツキ ヤヨイ)

765プロ所属のアイドル。元気でいっぱいで天真爛漫な性格。大家族の長女で、兄妹たちの面倒を見ながらアイドル活動を続けている。家があまり裕福ではないせいか、生活力が高く、さまざまなサバイバルスキルを見せている。何故か頭に植物の芽が生えており、やよいの感情に応じて花を咲かせている。ぷちどるたちの言葉を理解できる様子。

やよ (ヤヨ)

高槻やよいに似たぷちどる。鳴き声は「うっうー!」。命名は四条貴音。貴音と一緒に暮らしている。シュシュで留めたツインテールが特徴。貴音が落とした小銭の音に反応して現れた。耳がよく、特に小銭の音には敏感。そのため、みうらさんが行方不明になったときには駆りだされている。冬になるとツインテールが伸び、冬毛となる。 この冬毛はよくからまるため、お団子にまとめられることになった。また、春になると頭からタケノコが生えてくる。

秋月 律子 (アキヅキ リツコ)

765プロ所属のアイドル。眼鏡をかけ、髪形は三つ編みのおさげ。冷静沈着なしっかり者で、自由奔放なアイドルたちのまとめ役となっている。また、アイドル活動の傍ら事務の手伝いも行っており、765プロには欠かせない存在。ぷちどるたちの面倒もよく見ているが、怒らせると非常に怖い。

ちっちゃん (チッチャン)

秋月律子に似たぷちどる。鳴き声は「めっ」「もー!」。命名は音無小鳥。小鳥と一緒に暮らしている。眼鏡と三つ編みが特徴。しっかりした性格で、ぷちどるたちをまとめている。器用に事務作業もこなし、経理に関しては律子以上の厳しさを見せている。プロデューサーには弱く、頭をなでられただけで卒倒したことも。

三浦 あずさ (ミウラ アズサ)

765プロ所属のアイドル。765プロのアイドルの中では最年長。温厚でおっとりとした性格。異常な方向オンチで、いつのまにか海外にいってしまったこともあるほど。スタイル抜群で、登場のたびに「どたぷーん」という擬音を出している。

みうらさん (ミウラサン)

三浦あずさに似たぷちどる。鳴き声は「あらー」「あらあら」。「こたぷーん」という擬音を出す。命名は天海春香。高槻やよいと水瀬伊織がピラミッドで発見し、日本に連れてきた。空間移動する特殊能力を持ち、大きい音や衝撃に反応して瞬時にワープする。そのため、住所不定。空間移動する先は不規則だが、意識すれば望んだ場所に飛ぶことが出来る。 また、ほかのぷちどるたちを巻き込んで空間移動することもある。

水瀬 伊織 (ミナセ イオリ)

765プロ所属のアイドル。後ろに流した前髪をカチューシャで留め、おでこを出した髪形。水瀬財閥の令嬢。高飛車でワガママな性格だが、仲間への思いやりは深い。765プロのなかでは常識人のため、ツッコミ役に回っている。高槻やよいとともに何度も過酷な海外ロケに連れて行かれており、仕事のたびに逃げ回っているがたいていは捕まっている。

いお (イオ)

水瀬伊織に似たぷちどる。カチューシャをつけ、出したおでこが特徴。鳴き声は「キー!」「もっ」。命名は星井美希。伊織と一緒に暮らしている。美希がアフリカの部族から引き取った。かなり気難しくワガママで、近づくと威嚇してくる。ただ、放置すると寂しがる。おでこからビームを発射することが可能で、これは調整すればライトにもなる。 ゴキブリが苦手で、遭遇したときはビームで事務所を破壊したことがある。

菊地 真 (キクチ マコト)

765プロ所属のアイドル。ショートカットで、一人称は「僕」。活発で運動神経抜群。ボーイッシュな容姿のため、女性ファンが多い。だが、本人はそのことをコンプレックスにしている。発情期のあふぅにも男の子だと思われ、懐かれたこともある。まこちーを溺愛し、猫かわいがりしている。

まこちー (マコチー)

菊地真に似たぷちどる。鳴き声は「ヤー!」「まきょ」。真と一緒に暮らしている。真にお菓子を与えられすぎたせいで、正月ごろになると太りすぎてしまう。だが、わずか3日間で元の体型に戻した。その際、空手を習いに行ったが、何故かプロレス技を習得した。また、格闘ゲームも強く、『鉄拳』でゲーマーの双海亜美・真美を圧倒したこともある。

双海 亜美・真美 (フタミ アミマミ)

765プロ所属のアイドル。瓜二つの双子。髪の右サイドを結んでいるほうが亜美で、左サイドを結んでいるほうが真美。イタズラ好きの問題児。最初にぷちどるゆきぽを拾ってきたのも彼女たち。トラブルメーカーではあるものの、より破天荒なアイドルやぷちどるたちに振り回されることが多い。

こあみ・こまみ (コアミコマミ)

双海亜美・真美に似たぷちどる。双子で、髪を右側で結っているほうがこあみ、左側で結っているほうがこまみ。こあみの鳴き声は「とかー」。こまみの鳴き声は「ちー」。命名は如月千早。四条貴音と一緒に暮らしている。いたずら好きのトラブルメーカーで、プロデューサーをはじめ765プロの面々が被害にあっている。

星井 美希 (ホシイ ミキ)

765プロ所属のアイドル。金髪のロングヘアが特徴。アイドルとしての才能は天才的だが、本人はあまりやる気を見せておらず、事務所でのんびりしていることが多い。マイペースな性格で、双海亜美・真美に次いでイタズラ好き。ぷちどるたちを拾ってきたりと、何かと騒動を起こしては、秋月律子に叱られている。

あふぅ (アフゥ)

星井美希に似たぷちどる。金髪のロングヘア。鳴き声は「あふぅ」「ナノ!」。命名は双海亜美。765プロで暮らしている。好きなものはおにぎりと寝ること。夏になると発情期に入り、プロデューサーや菊地真によく懐くようになる。この時期は髪型も茶髪のショートヘアとなり、頭のはねた毛もハート型になる。 また、鳴き声も「はにぃ」になる。

我那覇 響 (ガナハ ヒビキ)

765プロに出入りしているアイドル。沖縄出身で、明るく陽気な性格。常識人のため、異常な765プロの面々の行動に被害を受けることが多い。慢性的に人手不足の765プロの事務の手伝いを頼まれたこともある。動物好きのためかぷちどるたちも気に入り、たびたび連れて帰ろうとしている。また、高槻やよい同様、ぷちどるたちの言葉を理解することが出来る。

ちびき (チビキ)

我那覇響に似たぷちどる。鳴き声は「ないさー」「だぞ!」「あがー」などと豊富。命名は響。響と一緒に暮らしている。こあみ・こまみに捕獲された。沖縄出身らしいが、知識があまりないため疑われている。鳴くと動物を召喚するという特殊能力を持つ。現れる動物は猛獣から、伝説の魔獣までとさまざま。

四条 貴音 (シジョウ タカネ)

765プロに出入りしているアイドル。つかみどころのない性格の変わり者。好きなことは食べること。神出鬼没で、いつもどこからともなく765プロに現れている。ぷちどるたちを溺愛しており、彼女たちの愛らしい姿を見ては鼻血を流している。特にゆきぽがお気に入りで、連れて帰ろうとしたこともある。

たかにゃ (タカニャ)

四条貴音に似たぷちどる。双海亜美・真美と一緒に暮らしている。ほかのぷちどるとは違い、人名なら2文字まで喋ることが出来る。だが、基本的には筆談でコミュニケーションをとっている。漢字2文字の熟語が好き。「たかにゃ」という名も自分から筆談で名乗った。寡黙でミステリアスな雰囲気を漂わせているが、実は泣き虫。 大食漢で、特にラーメンが大好物。

音無 小鳥 (オトナシ コトリ)

765プロの事務員の女性。いつも事務員の制服姿。ぷちどるたちを溺愛している。「ダメな大人」扱いされており、秋月律子やちっちゃんにまで叱られている。

ぴよぴよ (ピヨピヨ)

音無小鳥に似たぷちどる。鳴き声は「ぴっ」。命名は如月千早。小鳥と一緒に暮らしている。ちっちゃんとともに事務の手伝いを行っており、小鳥よりも真面目に働いている。

プロデューサー (プロデューサー)

765プロのプロデューサー。頭がアルファベットの「P」の形をしている。何かとアイドルたちやぷちどるが起こす騒動に巻き込まれ、ひどい目にあっている。外での仕事の際は、さまざまな変装マスクを被って営業を行っている。

社長 (シャチョウ)

765プロの社長。真っ黒いシルエットとして描かれている。作中、ほとんど登場しない。

クレジット

原作

バンダイナムコエンターテインメント

書誌情報

ぷちます! 既刊11巻 アスキー・メディアワークス〈電撃コミックス EX〉 連載中

第1巻

(2009年11月27日発行、 978-4048682510)

第2巻

(2010年8月27日発行、 978-4048688086)

第3巻

(2011年7月27日発行、 978-4048707015)

第4巻

(2012年10月27日発行、 978-4048868242)

第5巻

(2013年3月27日発行、 978-4048914178)

第6巻

(2014年3月27日発行、 978-4048661874)

第7巻

(2015年4月24日発行、 978-4048693523)

第8巻

(2016年2月26日発行、 978-4048657280)

第9巻

(2016年11月26日発行、 978-4048924559)

第10巻

(2018年3月26日発行、 978-4048929684)

第10巻

(2018年3月26日発行、 978-4048932059)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo