新世紀アイドル伝説彼方セブンチェンジ

お笑い芸人を目指していた蒼希彼方がオーディションでそのビジュアルを見初められ、アイドル活動をするさまを描いたギャグ漫画。事務所の方針で正統派で売ろうとしているマネージャー田中秋夫と、正統派とはほど遠いお笑い芸人を目指している彼方との方向性のズレを中心に話が展開される。「週刊少年ジャンプ」にて2009年51号から2010年12号まで連載された。

正式名称
新世紀アイドル伝説彼方セブンチェンジ
ふりがな
しんせいきあいどるでんせつかなたせぶんちぇんじ
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
ジャンプコミックス(集英社)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

お笑い芸人になろうと芸能プロダクション「セブンチェンジプロダクション」の新人発掘オーディションに挑んだ蒼希彼方は、小学2年生の頃から温めていたネタを披露し見事その場で合格を果たす。しかし、それは彼方の希望していたお笑い芸人としてではなく、そのルックスを買われてアイドルとして合格したものだった。こうして、正統派アイドルで売ろうとするマネージャーの田中秋夫と、ヨゴれでボケれるアイドルを目指す彼方の決して交わることのないちぐはぐな2人の芸能生活が始まる。

登場人物・キャラクター

蒼希 彼方 (あおき かなた)

デビュー3ヵ月にして早くも若手ナンバーワンの呼び声が高いタレント。歌って踊れる普通のアイドルになることに疑問を感じており、子供からの夢であるお笑い芸人の意志を継いだ、ヨゴれでボケれるアイドルになろうとしている。隙があれば乳首を洗濯バサミで引っ張るなど体を張ったボケの練習をしており、この性格が正統派アイドルとして売り出していくうえでは致命的な欠点となっている。

田中 秋夫 (たなか あきお)

蒼希彼方のマネージャーを務める25歳の男性。彼方をスターとして売り出そうとしているが、彼方の下品な性格には頭を抱えており、その下品さが公表されたら自分が事務所をクビにされた末に銃殺されるのではないかと妄想するなど極端なマイナス思考の持ち主。実はアイドルオタクで家にはアイドルのポスターが貼られている。

藤木・J・J・本田 (ふじきじぇいじぇいほんだ)

蒼希彼方の出演する缶コーヒーのCMを統括するちょび髭を生やした男性でプロデューサー。アフロにサングラス、肩にカーディガンといった風貌で、寿司のことを「シースー」、銀座のことを「ザギン」と言うなど、いわゆる「業界人のテンプレ」を集約したような人物。CMの撮影は絵コンテ通りではなくてもいいとの考えを持ちで、彼方にも自由にやらせた。

杉山 (すぎやま)

蒼希彼方がオーディションを受けた映画「兄弟~俺とアイツ~」で面接を担当したバンダナに丸サングラスをかけた男性で映画監督。映画を撮る側の役と勘違いした彼方がカメラ男のコスプレで面接を受けたため、顔が確認できずに追い返そうとしたが、彼方だと分かると手のひらを返して合格させようとした。

松山 (まつやま)

蒼希彼方がオーディションを受けた映画「兄弟~俺とアイツ~」で面接を担当した一人称が「ワシ」の中年男性で脚本家。映画を撮る側の役と勘違いした彼方がカメラ男のコスプレで面接を受けたため、そのふざけた態度に審査をせずに落とそうとしたが、杉山からカニクリームコロッケ弁当を奢ると約束されて思いとどまった。彼方の照英の物真似で大笑いするなど、笑いのツボは浅い。

輪月 円 (わつき まどか)

12月4日生まれの19歳。正統派なそのルックスからは想像もつかない奇想天外な不思議キャラで、またたく間にブレイクした女性アイドル。高校の先生が勇者という話を得意としており、アイドルオタクの田中秋夫もさすがにその話に対しては本当か疑っている。

流智 静流 (るち しずる)

7月7日生まれの18歳。芸能プロダクション「セブンチェンジプロダクション」所属の男性アイドルで、15歳の時にアイドル雑誌「明神」の取材を受けている。アイドル養成所「SCレッスンスクール」の講師の前では優等生で評判がいいが、実際は常にトップの座を狙う腹黒い性格で、基本的に他人を見下している。

森谷 (もりや)

一流アイドル雑誌「明神」にバックダンサーとして親指サイズ程度の大きさで掲載されたことのある、アイドル養成所「SCレッスンスクール」に通うアイドル候補生の男性。常に2人の取り巻きを従えており、その取り巻きに持ち上げられていい気になっている。ぼやーっと見える程度だが、一応ゲーラが出ている。

碇 慧之介 (いかり けいのすけ)

5月5日生まれの16歳。芸能プロダクション「セブンチェンジプロダクション」所属の男性アイドルで、その可愛いルックスからは想像がつかないほど下ネタが好き。年末はハワイで、水着ギャルを眺めて過ごした。ファン層は主婦層が多い。

土門 大吾 (どもん だいご)

3月3日生まれの17歳。無口でまったくしゃべらない寡黙な男性。芸能プロダクション「セブンチェンジプロダクション」所属のアイドルで、田中秋夫に「手抜き顔」と呼ばれるほど適当な顔をしている。実は街中で有名人を目撃したらとりあえず撮影するという写メ魔。ファン層は同性が多い。

加瀬 日奈子 (かせ ひなこ)

9月29日生まれの17歳。電波系天然バカアニメオタクキャラで売っている女性アイドル。大御所芸能人の顔にマーガリンを塗りたくるなど破天荒な行動をするために、常にマーガリンを持ち歩いている。しかし本人はとても真面目な性格で、クイズ番組でわざと間違って解答したり、突然興味のないアニメの話をしたり、語尾に「にゃおす」を付けてしゃべることをやめたいと考えている。

斎藤 マリエッタ (さいとう まりえった)

2月22日生まれの26歳。加瀬日奈子の女性マネージャー。日奈子に電波系天然バカアニメオタクキャラを演じさせている張本人。日奈子が希望する素の真面目なキャラで売ることに対しては、すぐに世間に飽きられてしまうと反対している。

篠田 (しのだ)

ドッキリ番組「アイドルドッキドキ!ドッキリどど~んとお見せします!」の女性レポーター。ドッキリ番組のレポーターとして芸能人の裏の顔を暴くことを生きがいとしている。ドッキリがライフワークになっているせいか、実生活でコーヒーを渡されても醤油ではないかと疑うなど、警戒心が強い。

HARUKA (はるか)

アイドルグループ「サプリーン」をまとめる自信家な性格の男性。蒼希彼方と同等レベルというとてつもないゲーラの持ち主で、流智静流をそのゲーラの差で吹き飛ばした。彼方のことは認めており、アイドルグループ「SPLEEN」から引き抜こうとしている。

集団・組織

SPLEEN (しゅぷりーん)

流智静流がリーダーを務めるアイドルグループ。他に蒼希彼方、碇慧之介、土門大吾の4人のメンバーで構成されている。グループ名は土門が考えた。ドイツ語で「新しい風」「無限の可能性」という意味だと主張したが、実際は「常軌を逸した考え」「奇行」という意味だった。

サプリーン

HARUKAがリーダーを務めるアイドルグループ。土門大吾の他に2人のメンバーがいるが、名前は不明。アイドルグループ「SPLEEN」が頭角を現した時には「SPLEEN」メンバーが自分たちの二番煎じだと笑っていたが、たちまち人気を獲得し、「SPLEEN」にとって代わって第一線で活躍するアイドルグループとなった。

場所

セブンチェンジプロダクション

新進気鋭の若手アイドル、蒼希彼方が所属している芸能プロダクション。「SCレッスンスクール」というアイドル養成所も展開している。社長が無断でドッキリ番組の出演オファーを快諾するなど、社長とマネージャー間の連携は今ひとつ。

SCレッスンスクール (せぶんちぇんじれっすんすくーる)

芸能プロダクション「セブンチェンジプロダクション」の経営するアイドルの養成所。アイドルに必要な歌唱力、ダンスという技術的な指導だけでなく、アイドルとしての心構えや精神も同時に教える。

その他キーワード

ゲーラ

芸能人や有名人などが出す特有の空気。正式名称は「芸能人オーラ」。なかでも蒼希彼方の持つゲーラは常軌を逸しており、オーラだけでなく鬼のようなものまでが具現化して見えるほど。ちなみに、一般人にはゲーラは見えない。

のんびり旅ごこち (のんびりたびごこち)

日本の自然の残る町並みや名所を、毎週レポーターを替えて紹介する大人気旅番組。蒼希彼方が起用された際には、ボケたがる彼方が何度もその機会をうかがっていたが、その機会を幾度となく逃したために普通のレポートになってしまった。結果、収録中は彼方のテンションが下がりまくりだったが視聴率は高く、スタッフにも気に入られた。

アイドルドッキドキ!ドッキリどど~んとお見せします! (あいどるどっきどき!どっきりどど~んとおみせします!)

ターゲットを話題のアイドルに限定した大人気ドッキリ番組。タイトルに最も多く「ド」が入る番組としてギネス記録も持っている。アイドルグループ「SPLEEN」に対してもドッキリを仕掛けたが、レポーター篠田の思うように事が運ばず、結局その収録はお蔵入りとなった。

書誌情報

新世紀アイドル伝説彼方セブンチェンジ 全1巻 〈ジャンプコミックス〉 完結

第1巻

(2010年6月発行、 978-4088700717)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo