まもなく開演!

まもなく開演!

氷川女子高校演劇部のゆるやかな日常を描いた、一話完結のほのぼの学園コメディ。「電撃だいおうじ」VOL.29より連載の作品。

正式名称
まもなく開演!
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

やる気があるのかないのかわからない、氷川女子高校演劇部のメンバーたち。放課後、部室に集合した7人は、全校生徒を前に大失敗の舞台を演じてしまった部活動発表についての反省会を行っていた。問題の舞台を映したVTRを見てみると、そこには何一つちゃんとしていない、グダグダ劇の一部始終が映されていた。どうしてこんなことになったのか、そして反省する気があるのかないのか、終わりの見えない反省会がゆるやかに繰り広げられていく。

この怠惰な光景こそが、氷川女子高校演劇部の日常であった。

登場人物・キャラクター

メリー

氷川女子高校演劇部の1年生部員で、監督兼役者を担当する女子。ナレーションも務めている。セミロングヘアにヘアバンドを付けたスタイルが特徴。監督を任されているということもあってか、学校ではTVプロデューサーのように上着を肩にかけて羽織っている。明るく、ちょっと強引で世話好きな性格。大食漢でお腹をすかせていることが多い。カナッチとテツコとは同じクラスの親友。

カナッチ

氷川女子高校演劇部の1年生部員で、大道具を担当する女子。黒髪のロングヘアで右側の一部をシュシュで1つにまとめた髪型をしている。控えめな性格で恥ずかしがり屋。メリーとテツコ以外にクラスには話す相手がおらず、2人がいなくなるといつも一人ぼっちになってしまう。大工の娘で手先は器用だが、舞台セットを本格的に作りすぎて部室に入らないなど、天然ボケの部分が多く見られる。 部室にてイケジョと2人きりでお弁当を食べて以来、恋する乙女のように意識し合う妙な関係になっている。

テツコ

氷川女子高校演劇部の1年生部員で、照明を担当する女子。大きく1つに結んだお団子ヘアが特徴。もともと演劇部に興味はなかったが、強引なメリーの誘いにより入部することになった。さばさばした性格でいつもやる気がなく、部活には来てもすぐに帰りたがる。スマホをいじっていることが多く、部活動発表でも自分の仕事である照明そっちのけでスマホをいじっていた。 あまり感情を表に出さないが、メリーやカナッチと一緒にいることを居心地良く感じている。「テツコ」というニックネームは本名から来たものではなく、大きなお団子ヘアを見たメリーがとっさに付けた思いつきの名前。

イケジョ

氷川女子高校のバレー部と演劇部を兼部している2年生の女子。ショートヘアで背が高く、バレー部ではエースを務め、演劇部では役者を担当する。学校中の女子たちの人気者で、ファンの女子たちの黄色い声援により、舞台のセリフがかき消されてしまうほどの絶大な人気を誇る。部室にてカナッチと2人きりでお弁当を食べて以来、恋する乙女のように意識し合う妙な関係になっている。

大ちゃん

氷川女子高校演劇部の2年生部員で、役者を担当する女子。2か所に結んだお団子ヘアと、頭に付けた大きな星のアクセサリーが特徴。自信家で演劇部のまとめ役的存在。やる気は人一倍あるものの実力がついてきておらず、全校生徒を前にした部活発表会ではガチガチの大根役者っぷりを見せた。

プー

氷川女子高校演劇部の2年生部員で、衣装とメイクを担当する女子。長い髪を左右で2か所ずつ結い、長いツインテールの方だけ毛先の色を染めている。見た目は派手だが、実際は裁縫を得意とする地味に女子力の高い人物。おばあちゃんっ子で、お菓子の趣味が渋い。

ハッピー

氷川女子高校演劇部の唯一の3年生部員で、脚本を担当する女子。ショートヘアだが、前髪が長く顔の左半分を完全に隠した髪型をしている。かしましい女子部員たちの中で1人だけまったくしゃべらず、カンペを使って会話に参加する寡黙な人物。本人は常に無表情で感情を表に出すことはないが、カンペでは顔文字を使ったりと感情豊かでノリもいい。 脚本に集中すると凛々しい小説家のような顔つきになり、内容に煮詰まるとわけのわからないポーズをとってしまうという奇妙な癖を持っている。

タッキー

氷川女子高校の1年生女子で、メリーのクラスメイト。耳の下で結った小さなツインテールが特徴。意中の人に手紙を渡せずにいたところ、おせっかい焼きのメリーに出くわし、どういうわけか演劇部の先輩方からアドバイスを受けることになる。

SHARE
EC
Amazon
logo