もどって! まもって! ロリポップ

菊田みちよの『まもって!ロリポップ』の続編。再び魔法使いの「上級魔法試験」に巻き込まれた女子中学生が、再会した2人の男子魔法使いに守られながら、3人で試験合格を目指すマジカルラブストーリー。「なかよし」2006年8月号から2008年2月号にかけて連載された作品。

正式名称
もどって! まもって! ロリポップ
作者
ジャンル
ファンタジー
レーベル
講談社コミックスなかよし(講談社)
巻数
全6巻
関連商品
Amazon 楽天

作品誕生のいきさつ

菊田みちよは、コミックス1巻の柱コーナーで、本作『もどって! まもって! ロリポップ』誕生のいきさつを次のように語っている。「本作は、前作『まもって!ロリポップ』のアニメ化に合わせて連載が決定した。そのため本来は続編の構想はなく、『まもって!ロリポップ』終了時は主人公の山田二菜を、相手役のゼロのもとへお嫁に出した気分だった。しかし今回連載が決まり、夫婦となった2人がそろって実家に戻ってきたような気分である。驚いているが、非常に嬉しい」。

あらすじ

山田二菜は、かつて魔法使いたちの「魔法試験」に偶然関わったことで、魔法と魔法使いたちの存在を知った中学3年生。無事試験を終えて1年半が経過し、魔法界にいる恋人のゼロとは遠距離恋愛の日々を送っていた。しかしある日、二菜は魔法使いたちの「上級魔法試験」に必要な「硝子飴石」を誤飲してしまう。そして受験のため戻ってきたゼロとイチイのコンビが合格できるよう、再び魔法使いたちとの戦いに巻き込まれていくのだった。

スピンオフ

本作『もどって! まもって! ロリポップ』には、主に増刊号に掲載された多数の番外編が存在する。内容はサブキャラクターにスポットを当てたものが中心で、サン・シェラルドフォルテ・シェラルドの友情とも恋愛ともつかぬ複雑な関係を描いた『いつまでもキミのそばで…』、ゴウ王六花の主従関係について描いた『ロッカさま、大事件です!?』、本編終了後の未来の世界を描いた『マイナス ファイヴ』など多数の作品がある。

関連作品

まもって!ロリポップ

関連作品として本作『もどって! まもって! ロリポップ』の前日譚にあたる『まもって!ロリポップ』がある。『まもって!ロリポップ』は、本作の1年半前まで実施されていた「魔法試験」について描いた菊田みちよの前作である。普通の中学生として暮らしていた山田二菜のもとに「魔法試験」に合格を目指すゼロイチイが現れ、共に試験に挑む姿が描かれる。

まじかるめでぃかる

『めでぃかるまじかる』は『まもって!ロリポップ』と『もどって! まもって! ロリポップ』と同じ魔法界を舞台にしている。そのため『めでぃかるまじかる』の登場人物のウィルとアクアマリンは、『まもって!ロリポップ』に引き続き、「上級魔法試験」の試験官として登場している。ちなみに『めでぃかるまじかる』は、『まもって!ロリポップ』のコミックス1巻に収録されている。

コラボレーション

コラボレーション作品として『ロリポップVSみるきゅーと ~真夏のキュンキュン大作戦♡~』がある。これは菊田みちよの別作品である『少女天使みるきゅーと』とのコラボレーション漫画で、2作品に登場するキャラクターたちがレースの景品をかけて戦う内容なっている。2006年、「なかよし9月号増刊 なかよしラブリー」に掲載された。

読者投稿

コミックスの巻末ページには、「もどロリ★イラストギャラリー」と題し、毎巻読者から寄せられたファンアートが掲載されている。また、『まもって!ロリポップ』で行われたイラストリクエスト企画も引き続き行われており、今回は菊田みちよのホームページに掲載されたリクエストイラストなども収録されている。

登場人物・キャラクター

山田 二菜

人間界に暮らす中学3年生の女子生徒。クラスはA組。前髪を目の高さで切り、腰まで伸ばしたオレンジ色のストレートロングヘアを、赤い2本のリボンでまとめハーフアップにしている。1年半前、飴玉と間違えて「硝子真珠」を誤飲したことから魔法と魔法使いたちの存在を知り、彼らの「魔法試験」に巻き込まれる。それがきっかけでゼロとの交際を開始するが、試験終了後はゼロが魔法界に戻ってしまい、遠距離恋愛となっていた。 今回は、「硝子飴石」を誤飲したことで、「魔法試験」に合格したプロの魔法使いたちが受験できる「上級魔法試験」に巻き込まれることになってしまう。誤飲した「硝子飴石」はかけらとなって山田二菜の身体から飛び出すようになってしまったため、ゼロとイチイのコンビと協力し、2人がかけらをより多く集めて試験に合格できるよう手伝うことになる。 誕生日は3月14日で、血液型はO型。

ゼロ

魔法界からやってきた、「上級魔法試験」受験中の男子生徒。山田二菜の恋人。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、水色の髪を左右に向かってツンツンに立ている。得意な魔法は破壊魔法。一昨年の「魔法試験」を受験した際、二菜の協力を得てイチイと共に合格し、プロの魔法使いになった。今度は「上級魔法試験」受験のため、再びイチイと組んで人間界にやってきたが、二菜が「硝子飴石」を誤飲したことで、また3人で協力して試験に挑むことになる。 二菜とは喧嘩することも多いが、正義感の強い一本気な性格で、いざという時は非常に頼りになる。誕生日は8月10日で、血液型はB型。左利き。

イチイ

魔法界からやってきた「上級魔法試験」受験中の男子生徒。山田二菜とゼロの友人。前髪を目が隠れそうなほど伸ばした、こげ茶色のストレートヘアをしている。得意な魔法は防御魔法。一昨年の「魔法試験」を受験した際、二菜の協力を得てゼロと共に合格し、プロの魔法使いになった。心優しく落ち着いた雰囲気の、精神的に余裕のある人物。 ゼロとは抜群のコンビネーションを誇り、お互いの魔法を合体した技を放つ。ゼロのことを非常に大切に想っており、時に憎まれ役を引き受けてでも、ゼロを助けようとする。王六花から想いを寄せられているが、六花とは年齢が離れていることから、彼女の想いをどのように受け止めればいいか悩んでいる。「上級魔法試験」に合格した暁には、魔法警察に入りたいと考えている。 誕生日は11月11日で、血液型はAB型。

サン・シェラルド

魔法界からやってきた、「上級魔法試験」受験中の女子生徒。前髪を目の上で切りそろえ、腰のあたりまで伸ばした黒髪ストレートロングヘアを段をつけて切りそろえた「姫カット」にしている。ゴシックロリータファッションが特徴で、一人称は「サンちゃん」。得意な魔法は召喚魔法。今年の「魔法試験」をフォルテ・シェラルドと組んで受験し合格。 プロの魔法使いになった。一見おっとりした雰囲気だが、目的のためには手段を選ばない強引でやや残酷なところがあり、フォルテを困らせることも多い。フォルテとは幼い頃から非常に親しいが、今以上の仲、例えば恋人同士になることで、今の居心地の良い関係性が崩れてしまうのを恐れ、「今のままで良い」と考えている。フォルテの作ったお菓子と、フォルテに女装をさせることが大好き。 誕生日は2月29日で、血液型はB型。

フォルテ・シェラルド

魔法界からやってきた、「上級魔法試験」受験中の男子生徒。前髪を目が隠れそうなほど伸ばした金髪ストレートヘアが特徴で、スーツなどのかっちりした服装を好む。得意な魔法は催眠魔法。今年の「魔法試験」をサン・シェラルドと組んで受験し合格。プロの魔法使いになった。親戚全員が魔法使いという非常に珍しい家系に生まれ、7歳の頃に親戚が開いたお茶会でサンと知り合った。 サンには「フォーちゃん」と呼ばれ、いつも一緒に行動しているが、やや押しに弱い性格と中性的で可愛らしい容姿が災いして頻繁に女装させられている。フォルテ・シェラルド自身はサンのことを非常に大切に想っており、複雑な家庭環境と強すぎる魔力に悩んできた彼女を、常に尊重して行動している。 誕生日は12月24日で、血液型はA型。

ゴウ

魔法界からやってきた、年齢不詳の男性。王六花の執事を務める。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、肩につかない長さのボブヘアをしている。右目にかけたモノクルと、中華風の服装が特徴。得意な魔法は夢幻魔法。ペアを組む六花は「魔法試験」に合格していないため、「上級魔法試験」には参加していない。寡黙でいつも怒っているような顔をしているので誤解されやすいが、落ち着いた礼儀正しい性格の人物。 六花のことを非常に大切に想っており、いつか彼女にふさわしい男性が現れるまでは、自分が一番近くで守ろうと決めている。誕生日は5月5日で、血液型はAB型。

王 六花

魔法界からやってきた、魔法使いの少女。前髪を真ん中で分け、腰まで伸ばした桃色のロングウェーブヘアに、両サイドの高い位置でお団子を2つ作った髪型と、中華風の服装が特徴。得意な魔法は成長魔法。「魔法試験」にはまだ合格しておらず、「上級魔法試験」の受験者ではない。しかし想い人であるイチイの手伝いをするため、ゴウと共に人間界に再びやってきた。 山田二菜たちと同年代のようにも見えるが、実は魔法を用いて身体を成長させているだけで、実年齢は7歳。そのためイチイに女性として見てもらえないことに悩んでいる。やや執念深いところもあるが、素直で一途な性格。誕生日は9月6日。血液型はB型。

暁 七瀬

魔法界からやってきた、「上級魔法試験」受験中の男子生徒。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、紫色のボブヘアをした非常に可愛らしい中性的な容姿をしている。得意な魔法は呪符魔法。昨年の「魔法試験」を石井八雲と組んで受験し合格。プロの魔法使いになった。自分の容姿が優れているのを自覚しており、男性にちやほやされるのが大好き。 しかし人気を集めるのが楽しいだけで、恋愛対象が男性というわけではない。誕生日は7月6日で、血液型はA型。

石井 八雲

魔法界からやってきた、「上級魔法試験」受験中の男子生徒。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、肩につくほどに伸ばしたオレンジ色の髪を外にはねている。魔法界の人間だが、関西弁のような口調で話す。得意な魔法は武器魔法。昨年の「魔法試験」を暁七瀬と組んで受験し合格。プロの魔法使いになった。やや惚れっぽい性格で、「魔法試験」受験時に出会った山田二菜のことも気に入っている。 誕生日は11月23日で、血液型はO型。

ウィル

「上級魔法試験」の試験官を務める若い男性の魔法使い。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、腰まで伸ばした金髪ロングヘアを1本の三つ編みにしてまとめている。マントととんがり帽子に、眼鏡をかけている。やや軽い雰囲気だが柔軟な思考の持ち主。山田二菜が「硝子飴石」を誤飲したことを知り、「上級魔法試験」の合格条件を変更する。 つまらないオヤジギャグを言って、周囲を凍りつかせる困った一面もある。

リル

魔法試験本部からの依頼で、人間界にやってきた少年魔法使い。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、肩につかないの長さの黄緑色のボブヘアをしている。うさぎ耳のついた帽子をかぶり、眠そうな瞳をし、中性的な容姿をしている。得意な魔法は未来魔法。以前の「魔法試験」の時と同じく、本部から決まった事項を伝えるために、山田二菜たちのもとへやってくる。 その決定事項のせいで将来を不安視する二菜に、魔法を用いて未来の世界を見せる。

アル

魔法界からやってきた「上級魔法試験」の試験官。前髪を眉上で短く切った水色のショートカットヘアをしている。一見穏やかな雰囲気だが、にこやかな態度で毒舌を吐く、やや意地悪な性格。特に山田二菜やゼロのように幸せそうな人間のことを敵視しており、2人の仲を裂くような行動をとる。ある事情から魔法使い全体を嫌っており、双子の妹であるメルにも複雑な感情を抱いている。

メル

魔法界からやってきた「上級魔法試験」の試験官。アルの双子の妹。前髪を眉上で短く切ったショートカットヘアをしている。得意な魔法は浮遊魔法。無口で無表情なため、一見何を考えているのかわからない雰囲気があるが、内面は夢見がちで一途。自分と初めてキスをした相手と結婚したいと考えており、事故でキスをしたゼロを「王子様」と思い込んで積極的にアプローチするようになる。 素直で真面目だがややズレたところがあり、悪気なくトラブルを起こしてしまうことがある。

サラサ

イチイの義理の姉で、イチイのかつての想い人。ゼロの兄であるジェフと結婚したため、ゼロの義理の姉でもある。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、腰まで伸ばしたストレートロングヘアをヘアバンドでまとめている。ある事情から義祖母であるジェニーの命を受け、ゼロと山田二菜を魔法界に連れていくため人間界を訪れる。 イチイとは再婚した両親の連れ子同士として知り合った。その後ある事情から両親のもとを離れ、長期にわたり2人で支え合って暮らしていた。しかしイチイのことを異性としては捉えることができなかっため、ジェフと結婚し、イチイとは現在も義姉として親しくしている。

ジェフ

ゼロの兄で、サラサの夫。プロの魔法使い。魔法塾会社を営む実家を継いで社長となった。柔和で親しみやすい人柄で、魔法使いとしての高い技量を持っていたが、突如妻のサラサと息子のジャンを置いて蒸発してしまった。しかしその消え方には不審な点が多く、謎めいている。

ジャン

サラサとジェフの息子。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、肩につかない長さのボブヘアに、猫耳のついたフードを被っている。可愛らしい容姿に加え人懐っこい性格で、山田二菜ともすぐに親しくなった。ジェフとゼロに強い憧れを抱いており、秘密の場所で密かに魔法の特訓を続けている。

ジェニー

ゼロとジェフの祖母。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、腰のあたりまで伸ばしたストレートロングヘアをしている。小柄な身体とぎょろぎょろした瞳、垂れ下がった頬が特徴。一族の繁栄を第一に考えており、ジェフが蒸発したことに強い危機感を感じている。そのためゼロを無理やり魔法界に連れ戻し、山田二菜と即座に結婚させようとする。

会長

年老いた男性魔法使い。魔法試験本部で会長を務める。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、腰のあたりまで伸ばしたロングウェーブヘアをしている。長く伸ばした顎ひげと、太い眉で目が隠れているのが特徴。「上級魔法試験」に関する事項の決定権を持っており、「上級魔法試験」中止の危機に瀕した山田二菜たちが、会長のもとを訪ねることになる。 弟子にあたるリルを非常に可愛がっており、また、ジェニーとは「ちゃん」付けで呼ぶほど親しい。サラサのことを気に入っている。

イベント・出来事

上級魔法試験

魔法界に暮らすプロ魔法使いたちが、よりレベルの高い魔法使いとして認められるために受験する試験のこと。毎年受験生は2人1組のチームを組み、試験官が課す課題にトライする。今年の課題は試験終了時に「硝子飴石」を所持していることで、課題をクリアした1組のみが合格できる予定だった。しかし山田二菜が「硝子飴石」を誤飲したことで、二菜の体内で「硝子飴石」が砕け、かけらの状態で体内から飛び出すようになってしまう。 そのため、「試験終了時にかけらを最も多く所持していたペアが合格」という形で合格条件が変更された。

魔法試験中間試験

「上級魔法試験」期間中に行われるもうひとつの試験のこと。今年度の試験は、本部が用意した魔法空間の中にある温泉旅館で開催。罠などが張り巡らされた旅館から、無事脱出できたペアのみが合格となる。合格条件自体は単純だが、抜き打ちで開催されたため、ゼロたちは苦しめられることになる。

その他キーワード

硝子飴石

魔法界で開催される「上級魔法試験」の合格に必要な魔法石。以前に山田二菜が誤飲した「硝子真珠」同様、直径2センチほどの球形の飴玉のような見た目をしている。本来「上級魔法試験」の合格条件は、試験終了時にこの硝子飴石を所持していることだった。しかし二菜が飲み込んだため、石の性質が変化し、かけらの形で二菜の身体から飛び出すようになってしまった。 また、受験生につかまらないように逃げる性質があり、かけらになってもその性質は変わっていない。二菜の心臓がドキドキすると飛び出してくるのでは、という仮説が立てられている。

星屑石

魔法界に降ってくる流れ星。魔法界の西の国にあるスターライト鉱山に降り、それを手でキャッチすると、魔力を持つ魔法石に変化する。しかし獲得はプロの魔法使いでも困難と言われており、その大きさもひとりでは受け止めきれないほど巨大である。ある事情から星屑石が必要になったゼロたちは、全員で獲得にチャレンジする。

書誌情報

もどって!まもって!ロリポップ 全6巻 講談社〈講談社コミックスなかよし〉 完結

第1巻

(2006年9月20日発行、 978-4063641219)

第2巻

(2007年3月20日発行、 978-4063641400)

第3巻

(2007年7月6日発行、 978-4063641530)

第4巻

(2007年10月5日発行、 978-4063641646)

第5巻

(2008年2月6日発行、 978-4063641769)

第6巻

(2008年4月28日発行、 978-4063641844)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo