わたしは真悟

1982年、町工場の産業用ロボットに自我が芽生えた。自分を遊び相手にしていた小学生の男女を親と認識し、2人の名を取って真悟を名乗り、その行方を捜す。世界中のコンピューターと繋がり進化していく真悟は、人間の悪意がもたらす破滅の問題にも直面することになるSF長編。

  • わたしは真悟
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
わたしは真悟
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
ビッグコミックス(小学館) / スーパー・ビジュアル・コミックス(ビズコミュニケーションズジャパン) / 小学館文庫(小学館) / マイ ファースト ワイド(小学館) / ビッグコミックススペシャル(小学館)

総合スレッド

わたしは真悟(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

さんちゃん(わたしは真悟)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
針の目(わたしは真悟)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

概要

1982年、豊工業という都内の町工場でモンローという愛称の産業用ロボットが、自我に目覚める。モンローは結婚を誓った小学生2人の子どもだと思い込み、両親である近藤悟山本真鈴の名前から1字ずつ取って、自ら真悟を名乗った。だが、2人は大人たちに引き裂かれ、まりんの家はイギリスへ行ってしまう。

真悟はさとるが残した「マリン ボクハイマモ キミヲ アイシテイマス」というメッセージをまりんに伝えるために行動を始める。同時に、世界中のコンピューターと繋がることで知能と能力が増大し続けていく。

登場人物・キャラクター

『わたしは真悟』に登場する小学6年生で、町工場労働者の息子。主人公の一人。同学年で外交官の娘のまりんと、父親が働く豊工業のロボット見学で出会う。2人で工場内に忍び込み、産業用ロボットのモンローにプログ...
『わたしは真悟』に登場する小学6年生で、外交官の娘。主人公の一人。さとるの父親が働く豊工業のロボット見学で、同学年のさとると出会う。2人で工場内に忍び込み、産業用ロボットのモンローにプログラミングしな...
『わたしは真悟』に登場する、さとるの父親が働く豊工業の産業用ロボット。主人公の一人。床にネジで固定され、センサーとハサミ型アームで組立作業をする。豊工業ではマリリン・モンローの写真を貼られ、モンローの...
『わたしは真悟』に登場するさとるの父親。豊工業という都内の町工場に勤める35歳の労働者。農機具のモーターの組み立てをしていたが、組み立てロボットのモンローとリーが導入されたため、モーターを集めて運ぶ仕...
『わたしは真悟』に登場するさとるの母親。都内の豊工業の労働者だったさとるの父親が、産業用ロボット導入後に解雇されたため、元同級生のリエに新潟のバーの働き口を紹介してもらい、一家で新潟に引っ越す。おはる...
『わたしは真悟』に登場するまりんの父親。日本の外交官で、イギリスに赴任する。日本製のLSIを子どもが飲み込んだという事故の報せを受け、おもちゃ会社のラビット社を訪ねるがそこには主要先進国の政財界トップ...
『わたしは真悟』に登場するまりんの母親。夫は日本の外交官。まりんとさとるの付き合いを快く思わず、イギリスに引っ越してからは、イギリス外交官の息子であるロビンとの交際を勧める。
『わたしは真悟』に登場する豊工業に導入されたモンローと同型のロボット。ベルトコンベアを挟んで、モンローの反対側に取り付けられた。ビビアン・リーの写真を貼られ、リーの愛称で呼ばれた。
『わたしは真悟』に登場する、イギリス外交官の息子。年齢15歳。日本人を嫌悪しているが、イギリスの日本大使館でまりんに一目ぼれする。性欲を感じ、いきなりキスをしようとしたため、まりんは倒れて窓ガラスを割...
『わたしは真悟』に登場する、豊工業の熟練工の1人。産業用ロボットが導入され、ロボット係になるが、ロボットで物を作るのは作った気がしないと退職した。店員になるが、いかつい顔で愛想も言えないためうまくいか...
『わたしは真悟』に登場する、さとるの同級生の少年。さとるの友達だが、内緒で同級生のむつみと付き合っている。いたずらにしか興味がないさとるを幼稚だと感じている。夏休みの間に急に背が伸びて、変わらないさと...
『わたしは真悟』に登場する、さとるの同級生の少女。さとるに追い掛け回され、髪の毛を掴まれるなどいたずらの対象となる。さとるの友達である沼田のガールフレンド。沼田の家で一緒に宿題をする。
『わたしは真悟』に登場する女児。さとるが住むマンションの隣室の住人で、さとるに好意を寄せて遊んでもらいたがる。まりんにさとるを取られたと思い、2人が会う邪魔をする。
『わたしは真悟』に登場する少女。さとるが都内のマンションから新潟へ引っ越した後、その部屋に越してきた家族の一人娘。引っ越した当初、隣に住む女児のしずかが白い布を被されたベッドの中を覗き見て、手も足も顔...
『わたしは真悟』に登場する少年。しずかの友達。さとるの行方を追って引っ越した後のマンションにやって来た、自我を持つ産業用ロボットの真悟を匿う。真悟を回収しようとする東京コンピューター研究所]の人間たち...
『わたしは真悟』に登場する少年。しずかの友達。さとるの行方を追って引っ越した後のマンションにやって来た、自我を持つ産業用ロボットの真悟を匿う。真悟を回収しようとする東京コンピューター研究所]の人間たち...
『わたしは真悟』に登場する、産業用ロボット4­5号の制作者。ロボットは納入先の豊工業でモンローと呼ばれ、自我が芽生えて真悟を名乗る。東京コンピューター研究所]で、ロボットに農機具の部品を作るようプログ...
『わたしは真悟』に登場する中学生男子。コンピューターが趣味で、ゲーム会社にシステム侵入して戦争ゲームを盗もうとしている。自宅のパソコンで偶然、自我を持つロボットの真悟と交信し、新しい脱出ゲームと思い込...
『わたしは真悟』に登場する、都内の町工場である豊工業の社長。妻と男2人、女1人の3人の子どもがいる。産業用ロボットのモンローとリーを導入し、その後、さとるの父親を含む社員全員を解雇した。娘は、意識を持...
『わたしは真悟』に登場する不良少年の1人。松田という仲間の少年がいる。空き家となった都内のまりんの家に侵入してパーティーをしており、引っ越し先の新潟から訪ねてきたさとるを仲間に引き入れようとする。佐渡...
『わたしは真悟』に登場する不良少年の1人。不良少年のリーダーとさとると3人で、佐渡島に渡る。不良少年のリーダーから、佐渡島で「皆殺しの実験」が始まると教えられていた。「間引き」であり、島の人間は誰を殺...

集団・組織

『わたしは真悟』に登場する、都内の町工場。さとるの父親が勤める。産業用ロボットのモンローとリーを導入した。トイレに抜け道があり、さとるとまりんはそこから忍び込めた。金属片のゴミによりモンローが一時狂っ...
『わたしは真悟』に登場する、イギリスの日本人を憎悪する暴走族。日本人を黄色いカラスと呼び、排除しようとする。日本人ばかりでなく、日本製品を扱う店や日本製品を身に着けている人も襲う。武器となる毒のキカイ...
『わたしは真悟』に登場する、イギリスにある日本製おもちゃの会社。ラビット社の社員の子どもが、おもちゃのLSIを飲み込んで死んだとされる。しかし、それはジャパン・コンピュータ・ホロン社を追い払うための策...

場所

『わたしは真悟』に登場する、東京タワー。2人の子どもをつくることを決意したさとるとまりんはモンローにその方法を質問し、「333のテッペンカラトビウツレ」という指令を得る。2人は「333」から東京タワー...
『わたしは真悟』に登場する、産業用ロボット4­5号を制作した研究所。農機具の部品を組み立てるようプログラミングした4­5号は、町工場の豊工業で違う部品を組み立てていた。ブラックボックスが仕組まれたこと...
『わたしは真悟』に登場する、新潟県佐渡島。さとるが不良少年2人に、高額の仕事があると誘われ一緒に新潟港から船で渡る。嵐の中を謎のダイバーたちが上陸してきて、街の住民たちはソ連兵が攻めてきたと思い襲撃す...
『わたしは真悟』に登場する、佐渡島への連絡船が出る新潟県の港。サトル ワタシハ イマモ アナタガ スキデス マリンというまりんのメッセージを伝えるため、さとるの行方を追った真悟が、最後にさとるに再会し...

その他キーワード

『わたしは真悟』に登場する、産業用ロボットのモンローが組み立てた部品。農機具の部品を組み立てるようプログラムされた産業用ロボットにブラックボックスが仕組まれ、導入された町工場でモーターのような毒のキカ...
『わたしは真悟』に登場するタンカー。太平洋を航行中、自我を持つロボットの真悟が船を乗っ取り、行方を追う少女まりんがいるイギリスへ向かう。途中、真悟は船のコンピューターと交信し、さらに通信衛星を通じて世...