アニメ店長

アニメ店長

アニメショップチェーン「アニメイト」によるキャラクター企画の一環として、店舗で配布している情報誌「きゃらびぃ」に連載の作品。アニメやCDドラマなどで展開されている同名作品と基本設定が共通しており、他の媒体のネタを、原作である漫画版に逆輸入的に採用することも多い。また、実際の「アニメイト」の商品展開や作者の活動に合わせた、メタフィクション的内容も多分に含まれている。

正式名称
アニメ店長
作者
ジャンル
その他ゲーム・趣味・実用
レーベル
ZERO-SUM COMICS(一迅社)
巻数
全6巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

素人ながらアニメについての情熱なら誰にも負けないと自負する兄沢命斗は、ふとしたきっかけで、アニメショップチェーン「アニメイト」池袋本店の店長を務めることになる。他店のアニメ店長と協力したり、時に対決したりしながら、店長としての実績を積んでいく兄沢。ある時、未来からやって来た「アニメイト」の社員を自称するワタルに、衝撃的な事実を告げられた。

そこで兄沢は、自分たちの存在、そしてアニメの未来を守るために、150年後の世界へとタイムスリップする。

登場人物・キャラクター

兄沢 命斗 (アニザワ メイト)

炎のように盛り上がった黒髪と、真っ赤なサンバイザーが特徴の青年。ライバル店による妨害で再起不能となった前店長に代わり、成り行きでアニメショップチェーン「アニメイト」池袋本店の店長となった「アニメ店長」の1人。暴走気味の勢いと熱意が長所のアニメマニアで、あらゆるオタクジャンルをカバーしている。その熱意を買われて高橋社長から直々に命令を下されることがあるが、その真意を汲み取ることは苦手なようで、よく勘違いしたまま行動を起こす。 熱のこもった演説で相手の心を揺さぶり、強引に問題を解決することが多い。

星井 ラミカ (ホシイ ラミカ)

アニメショップチェーン「アニメイト」池袋本店の女性アルバイト店員。左右に大きく伸びた縦ロールの緑髪が特徴。店ではラミカードとBL書籍の担当をしており、時々兄沢命斗や道玄坂登也などを用いたBL妄想を披露しては、周囲を困惑させる。夏冬のイベント時期には、同人誌作成やコスプレなどで忙しく、コミックマーケットでは自社の担当ブースを抜け出していた。 興奮すると語気が荒くなり、訛ったような口調になる。

西公妃 CoCo (サイコウビ ココ)

アニメショップチェーン「アニメイト」池袋本店の女性アルバイト店員。低身長で幼い容姿が特徴。語尾に「~っス!」を付け、一人称が「自分」の体育会系娘。店のマスコット的存在。コミックマーケットで、他の女性アルバイトが全員抜け出した後の企業ブースを、1人で切り盛りしようとするなど、素直で責任感が強い。星井ラミカととても仲が良く、道玄坂登也に恋心を抱いている。

並辺 ジュン (ナラベ ジュン)

アニメショップチェーン「アニメイト」池袋本店の最年長女性アルバイト店員。店舗のまとめ役を担う。ウェーブがかった長髪と、頭頂部のカチューシャが特徴。暴走しがちな兄沢命斗や星井ラミカの手綱役としても活躍し、店の危機を救うことも多い。基本的に冷静沈着で、余裕を持った接客を心掛けているプロフェッショナル。コミックマーケットの際には、さすがに我慢できず、西公妃CoCoに売り場を任せて遊びに行ってしまった。 兄沢に恋心を抱いているという噂がある。

祭 音絵 (マツリ オトエ)

アニメショップチェーン「アニメイト」池袋本店の女性アルバイト店員。引っ込み思案な眼鏡っ娘だが、体型はグラマー。店ではCDとDVDのフロア担当している。2P兄沢との対決では、数少ない兄沢命斗側の店員として協力した。

祭 キクミ (マツリ キクミ)

祭音絵の弟。アニメショップチェーン「アニメイト」池袋本店のCDとDVDのフロアが、別々の階層になったため、それまでAVフロアをまとめて担当していた音絵の助っ人として働くことになった。音絵とそっくりの外見で、一人称は「ボク」。

殿鬼 ガイ (デンキ ガイ)

アニメショップチェーン「アニメイト」秋葉原店の店長を務める青年。アルバイト歴8年というキャリアを誇る。「アニメ店長」の1人。ライオンのような金髪と眼鏡が特徴。美少女系アニメへの造詣が深く、さらには美少女ロボを自作するなど、卓越した科学技術の持ち主。情が深く涙もろい性格なので、熱血の兄沢命斗とは馬が合う。

道玄坂 登也 (ドウゲンザカ トウヤ)

アニメショップチェーン「アニメイト」渋谷店の店長を務める青年。元チーマーという異色の経歴を持つ。「アニメ店長」の1人。整った顔立ちからクールに見られがちだが、実際には「ぷち萌え」という、子供向けアニメの熱心なファンである。自分が持っている「アニメイト」のメンバーズカードに、西公妃CoCoのイラストを手描きしている。 それは単にかわいいからで、恋心などではないらしい。兄沢命斗や殿鬼ガイと距離を取ろうとすることもあるが、最終的には仲良く3人で行動することが多い。

道玄坂 おりる (ドウゲンザカ オリル)

道玄坂登也の実の妹。高校1年生。兄と違ってアニメに興味がなく、道玄坂が不純な動機から2Pおりるに興味を示した時には、激しく罵倒した。一方で2P道玄坂との初対面時には、思わず頬を染めるなど、いつもの兄に対する態度とは違った様子を見せた。

魅鬼 (ミキ)

北海道全域のアニメショップチェーン「アニメイト」を管理する店長だが、人間離れした巨大な体と、2本の角のように突き出た髪型が特徴的な男性。プレッシャーに弱く、自店舗のオープン初日には、パニックを起こして店内を破壊しかけた。ヘルプとして訪れていた兄沢命斗らの活躍によって、暴走を止めてもらった後は、彼らの良き協力者となる。

橋々 イクエ (バシバシ イクエ)

アニメショップチェーン「アニメイト」日本橋店の店長。四方に伸びた髪と、大きな口が特徴的な女性。店長研修として「アニメイト」池袋本店で兄沢命斗に教えを受けた。その結果、嘘と冗談交じりの業務を仕込まれてしまい、「アニメイト」日本橋店の評判を悪くしてしまう。

雷場 竜 (ライバ リュウ)

額に巻いたバンダナと、そこから伸びる逆立った前髪が特徴的な男性。かつてはアニメショップチェーン「アニメイト」池袋店の店長だったが、高橋社長の方針に反発して退社。ライバル企業の「ダークメイトコーポレーション」に移籍し、高橋社長への復讐を誓った。目的を同じくする浦海堂莫心と手を組んでいる。

高橋社長 (タカハシシャチョウ)

アニメショップチェーン「アニメイト」の社長。兄沢命斗らアニメ店長の雇い主にあたる男性。短く切りそろえた髪型と眼鏡、引き締まったスーツを身に着けている。豊富な経験を持ち、兄沢らにアドバイスをしたり、時に試練を与えたりする。日頃からアニメばかり観ている人間が、気持ちをリセットするためには、海が一番だと考えており、社員旅行の行先は必ず海。 さらに、旅行の最中に店長らが店舗に連絡を取ろうとすると、携帯を壊してまで止めようとする。

ヤスダ部長 (ヤスダブチョウ)

アニメショップチェーン「アニメイト」営業部の部長の男性。経費削減と販売促進が信条。物事を儲かるか儲からないかでしか考えないため、よく兄沢命斗と対立する。現実的な拝金主義者だが、理想ばかりを追求しがちな高橋社長からは、「アニメイト」に必要不可欠な人材として信頼されている。

山久経理部長 (サンキューケイリブチョウ)

アニメショップチェーン「アニメイト」本社の女性経理部長。常にマスクで口元を隠している。職務柄、無駄なことが大嫌いで、採算の取れない営業を度々行っている兄沢命斗を敵視している。背中に質問禁止と大きく書かれたコートをまとっており、どんな時でも相手に口答えを許さない。兄沢ら「アニメ店長」の力量を試すべく、本物そっくりの偽物を用意し、刺客として送り込む。

浦海堂 莫心 (ウラカイドウ バクシン)

アニメショップ「アニゲドー」の社長。サングラスに長髪のオールバック、着物を身に着けた男性。版権を無視して勝手に作品を作る、という違法行為で利益を得ている。昔馴染みでもある高橋社長を見返すため、雷場竜と手を組み、アニメショップチェーン「アニメイト」に宣戦布告をする。

ラリホー議員 (ラリホーギイン)

事業仕分けを積極的に行っている女性政治家。日本のアニメ産業の可能性に目をつけている。一番であるものは一番をキープすべき、という考えから兄沢命斗らアニメ店長に、これから予想されるであろう他国とのアニメ産業戦争の勃発を示唆。有事の際にはダイテンチョーに乗って戦ってほしい、と依頼した。

2P兄沢 (ツープレイヤーアニザワ)

兄沢命斗そっくりの姿をした刺客。兄沢の経営能力を試すため、山久経理部長が送り込んだ。本人よりも雰囲気が落ち着いているためか、星井ラミカは初対面時に心を動かされ、その同人誌を作成させてほしいと懇願した。全国行脚によって日焼けした兄沢と、見た目が似通ってしまったためアドバンテージを失い、最終的に敗北する。

2P殿鬼 (ツープレイヤーデンキ)

殿鬼ガイそっくりの姿をした刺客。殿鬼の経営能力を試すため、山久経理部長が送り込んだ。殿鬼と同様に電気工学系の技術に優れており、アニメショップチェーン「アニメイト」秋葉原店の店長の座を巡って、お互いが開発したロボットを用いてバトルを繰り広げた。最終的にはロボットに対する愛情という共通点を見出し、殿鬼と和解する。

2P道玄坂 (ツープレイヤードウゲンザカ)

道元坂登也そっくりの姿をした刺客。道玄坂の経営能力を試すため、山久経理部長が送り込んだ。当初は拳による肉弾戦で渋谷店の店長の座を争うかと思われたが、ひょんなことからお互いの妹を紹介し合い、一時的に和解した。しかし道玄坂が2Pおりるへの違和感を唱え始めたため、自分よりも道玄坂のほうがオタクとしての純度が高いのでは、と危ぶむようになり、2Pおりると協力して、改めて道玄坂を攻撃するようになる。

2Pおりる (ツープレイヤーオリル)

2P道玄坂の妹。道玄坂おりるとそっくりの姿をした女性。本物の妹ではなく、義理の妹という存在に興味を示した道玄坂登也を、積極的に「お兄ちゃん」と呼び、籠絡しようと目論む。

ワタル (ワタル)

ある日、帰宅途中の兄沢命斗を襲撃してきた謎の男から、兄沢を守った青年。その正体は、150年後の未来からやって来た、アニメショップチェーン「アニメイト」の社員。対立する組織の陰謀によって、現代のアニメ店長らに命の危機が迫っていることを教えに来た。

ダイテンチョー (ダイテンチョー)

巨大人型ロボット。日本の国家的アニメ戦略のために、ラリホー議員ら政治家によって極秘裏に開発された。著作権に配慮して、過去にデザインされた既存のロボットを覆い隠すようにパーツをかぶせて誕生。そのため、スペックは内側に入っているロボットによって変化する。150年後の未来では量産化されている。

書誌情報

アニメ店長 全6巻 一迅社〈ZERO-SUM COMICS〉 完結

第1巻

(2003年12月24日発行、 978-4758050579)

第2巻

(2005年9月24日発行、 978-4758051781)

第3巻

(2007年9月25日発行、 978-4758053075)

第4巻

(2010年2月25日発行、 978-4758054850)

第5巻

(2012年5月25日発行、 978-4758057134)

第6巻

(2014年7月25日発行、 978-4758059473)

SHARE
EC
Amazon
logo