アマテラス

アマテラス

ムー帝国時代の神族で女戦士クリシュナーダの生まれ変わりの少女千倉沙耶が、富士山の噴火を目論む魔人軍と戦う。ムー大陸と日本神話をベースに、超能力者たちの戦いを描く壮大な物語。

概要

東京で普通の子どもとして生まれた千倉沙耶。しかし、沙耶ムー帝国時代の親族で女戦士のクリシュナーダの生まれ変わりだった。不思議な力を持ちながらも16歳までは自分の本当の力を知らずに育った沙耶だったが、ある日、過去の記憶を取り戻し、世界の危機を救うためにその運命を受け入れる。

登場人物・キャラクター

千倉 沙耶

ムー帝国時代の神族で、神軍を率いる戦士クリシュナーダの生まれ変わり。不思議な力を持ちながらも、16才まで普通の少女として育つ。16才で覚醒し前世の記憶を取り戻すとともに、神々の洗礼を受ける。

千倉 健史

千倉沙耶の父親。医者で沙耶の祖父が営む病院で働く。超能力や宇宙生物学、スピリチュアルなことを肯定している。娘の千倉沙耶に超能力があることに気付き、ついには千倉沙耶を白上倭多里に預けることを決心する。

千倉 安耶子

千倉沙耶の母親。四国出身。娘千倉沙耶に超能力があることに気付き、うろたえながらも優しく見守る。

千倉 真史

千倉沙耶の弟。千倉沙耶と同じ聖華学園に通う。喘息の持病がある。姉思いで、突然離れて暮らすことになった姉の行方を知りたがる。

沙耶の祖父

千倉病院の院長で、千倉沙耶と同居している。西洋医学の信奉者で、非科学的なことを肯定する息子の千倉健史と衝突することが多い。

沙耶の祖母

千倉沙耶の母親千倉安耶子の母親。四国の海と山に囲まれた村で一人暮らしをしている。医者嫌いで、大自然が全ての生命をつかさどっていると考えている。あまり笑わない。千倉沙耶が千倉健史と、夏休みを利用して遊びに行き一緒に過ごした。

広岡

千倉沙耶と同じ学校聖華学園の男子生徒でボーイフレンド。北海道からの転校生。子どもの頃UFOの写真を撮ってから、天体写真を撮るのが趣味になった。UFO研究サークルに所属している。

泉 礼子

千倉沙耶が通う聖華学園高等部に転任してきた美人英語教師だが、その正体は大魔神軍から送られてきた殺し屋。千倉沙耶の命を執拗に狙う。コードネームは青とかげ。

ジュリアス・レイア

ギリシア人の男性で貿易会社の社員と名乗る。千倉沙耶が家族と共にレストランで16才の誕生日パーティをしていた時に出会う。日本語が上手い。自分の力を自覚した千倉沙耶を見守り、危険な状態な時に助けることを使命としている。千倉沙耶を白上倭多里のところへ連れて行く。

白上 倭多里

世界中にある企業のトップに立つ海運会社の総帥で世界中の政財界のトップ達とつながっている老人男性だが、現在は富士の裾野で隠居生活をしている。不思議な力を持ち、長い間千倉沙耶を探していた。超能力に目覚めた千倉沙耶を預かり、神々の洗礼を受けさせる。

乙姫神社の宮司

超能力に目覚めた千倉沙耶が連れてこられた乙姫神社を守っている男性。千倉沙耶が子どもの頃から何度か見てきた幻の男性に似ている。

美輪子

乙姫神社の宮司が面倒をみている巫女の少女。神々との交信や神社の湧水に祈りを捧げて神水を作るなどの不思議な力を持つ。前世はム―帝国時代の巫女千倉沙耶と初めて会ったのは東京だった。

五十嵐 文明

宇宙考古学者で元大学教授。日本古代の本当の姿を知るために、ムー文明の遺産を調査・研究している。乙姫神社で千倉沙耶と出会う。

スサノオ

千倉沙耶たちが探している青年。千倉沙耶とふたり揃った時に、大きな力が生まれるとされる。千倉沙耶の力により、トルコの荒野にいることが判明。怪我をして苦しんでいるところを、日本にいる千倉沙耶が霊的な力で助ける。

集団・組織

聖華学園

千倉沙耶と弟の千倉真史が通う学校。小学校から高等学校までの一貫校。

魔人軍

『アマテラス』に登場するグループ。千倉沙耶らムー帝国時代の神族たちと敵対する組織。富士山を噴火させ、巻頭に大地震を起こそうと目論み、それを止める力を持つ千倉沙耶の命を狙う。

場所

ムー帝国

1万2千年前に太平洋に沈んだとされるムー大陸にあった帝国。千倉沙耶は、この帝国の神軍の生まれ変わり。

神島

沙耶の祖母が住む四国の海に浮かぶ島。神がいる島とされる。周囲に渦潮ができ誰も近づけないが、ある日千倉沙耶が波に流され上陸し、不思議な体験をする。

乙姫神社

古事記の豊玉姫が祭られている神社。ここで千倉沙耶が、神々の洗礼を受ける。

書誌情報

アマテラス 全2巻 白泉社〈花とゆめCOMICSスペシャル〉 完結

第1巻

(2009年8月発行、 978-4592198109)

第2巻

(2009年8月発行、 978-4592198116)

SHARE
EC
Amazon
logo