イリヤッド-入矢堂見聞録-

イリヤッド-入矢堂見聞録-

元考古学者の入矢修造と、ユリ・エンドレを中心に、アトランティス探索に魅せられた人間たちの冒険、そして夢を見ることの大切さを描いた考古学ミステリー作品。

正式名称
イリヤッド-入矢堂見聞録-
作画
原作
ジャンル
ミステリー、推理一般
 
アドベンチャー一般
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつてスキャンダルで学会を追われた元考古学者の入矢修造の元に、恩人の娘ユリ・エンドレが訪れる。彼女は父の遺志を継ぎ、アトランティス探索を入谷に依頼に来たのだった。かくして様々な人間を巻き込んだアトランティス探索の度が始まるのだが、アトランティスの秘密の前には、謎の暗殺結社が待ち構えていた。

アトランティス探索に魅せられた人間たちの冒険、そして夢を見ることの大切さを描いた考古学ミステリー作品。

登場人物・キャラクター

主人公

東京都文京区団子坂で母と共に古道具屋「入谷堂」を営んでいる。かつてイギリスでアーサー王伝説専門の考古学者として活躍していたが、スキャンダルが元で学会から追放されてしまう。恩人の娘ユリ・エンドレの来訪が... 関連ページ:入矢 修造

ハンガリー人と日本人のハーフ。父ヴィルヘルム・エンドレの夢であるアトランティス探索を引き継ぎ、協力を求めるため入矢修造の元を訪れる。そして彼女自身も、調査旅行などに度々動向するようになる。 関連ページ:ユリ・エンドレ

入谷修造の経営する骨董品店によく出入りしている太った小学生。食べ物に関しての知識や感覚に長けている。子供とは思えない聡明な発言をよくするため、入谷を度々困らせている。しかし、その内の一言が、アトランテ... 関連ページ:葉山 瑠依

ハンガリー系ドイツ人の実業家。ユリ・エンドレの父。入谷修造が考古学学会を追放された時、彼だけが入谷の説を支持し、激励の手紙を送った。アトランティス発見を夢としており、パウル・シュリーマンの日記入手を機... 関連ページ:ヴィルヘルム・エンドレ

オーストリア人の父と、トルコ人の母とのハーフ。エンドレ財団からの依頼で、ユリ・エンドレの身辺警護のためにワンツ&ワンツ社から派遣された探偵。元オーストリア対テロ特殊部隊にいた。日本文化に造詣が深い。警... 関連ページ:ハンス・デメル

かつてバチカン考古学研究所の人間だったが、現在は山の老人の一員。背の低い老人で、神父の格好をしている。入谷のことをアトランティスの秘密に最も近い男として特に危険視し、命を狙う。 関連ページ:エンリケ・グレコ

眼鏡をかけた入谷と同年代ぐらいの男性。冷静沈着な性格。資産家で貴族。一流の考古学者でもある。入谷がイギリスでアーサー王伝説専門の考古学者として活躍していた時代からの縁で、ライバル的存在。アトランティス... 関連ページ:フレッド・レイトン

バチカンの異端審問官。背が低く、眼鏡をかけている。神父なのにアル中で、頼りなさげに見えるが、戦闘能力は高い。バチカンの上司からの命令で、山の老人の調査をしている。その途中で入谷のことを知り、情報交換の... 関連ページ:バトラー

1910年東京生まれ。1938年にドイツに留学し、その後ヒムラー直属の古代遺産調査団の研究員となる。1944年のベルリン大空襲で死亡したとされていたが、山の老人に対抗する組織にかくまわれ、現在でも生き... 関連ページ:赤穴 秀行

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』に登場する、19世紀に実在したドイツの考古学者。ギリシア神話の伝説の都市トロヤを発掘し、実在を証明した。彼の孫パウルの手記によると、彼の次の夢はアトランティス発見であった... 関連ページ:ハインリッヒ・シュリーマン

集団・組織

山の老人

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』に登場する暗殺結社。マルコ・ポーロの『東方見聞録』にも書かれている。作品中での彼らは、すでにアトランティスの謎に到達し、なぜかそれを封印したがっている者たち。パウル・シュ... 関連ページ:山の老人

イベント・出来事

アトランティス会議

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』で行われた会議。ユリ・エンドレのセリフ中からの引用であるが、決まった名称はない。「ヴィルヘルム・エンドレ」はアトランティス探索を始める際に、情報と人的、経済的援助を募るた... 関連ページ:アトランティス会議

場所

アトランティス

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』で入矢修造が探し求める伝説の大陸。古代ギリシアの哲学者プラトンが、著書『ティマイオス』『クリティアス』の中に書き記した、大陸ほどの大きさをした島。度重なる大地震と大洪水に... 関連ページ:アトランティス

その他キーワード

パウル・シュリーマンの日記

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』に登場するハインリッヒ・シュリーマンの孫パウルによって書かれた日記。それには、祖父のこと、アトランティスのこと、そしてある暗殺結社のことが書かれていた。クロアチア独立戦争... 関連ページ:パウル・シュリーマンの日記

SHARE
EC
Amazon
logo