概要

ジャーナリストのニコル・エデルマンが父ジョナス・エルデマンの遺した資料を元に書いたヴァンパイアに関する書類。各国の歴代為政者たちとヴァンパイアとの密約や、過去から現在に連なるヴァンパイアによる世界支配を記している。元々の執筆は結社の要請によるもので、彼らの資金と情報提供により実現したもの。

しかし、ボルトンによる前盟主暗殺の事実を知ったジョナスはレポートの完成目前に逃走。結社に捕まってレポートの在処を尋問される。この時のジョナスを脅迫するために、アフガニスタンで後藤玲子が拉致されており、一時は脅迫は成功するかに見えたが、浜誠児の急襲によりジョナスは口を割らずに死亡。

そのレポートは双子の娘に託されたペンダントに入っていた。レポートの行方を巡ってボルトン率いる「結社」は後藤を誘拐し、その在処を探そうとしていた。

登場作品

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド スレッジハマーの追憶

バンド成立後に外務省を辞め、祖父の後を継ぎ政治家として立候補した後藤玲子と、彼女を狙う「結社」の暗躍。それを護る浜誠児と鏑木アキラという構図をメインに、玲子と浜の過去が明らかにされる。 関連ページ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド スレッジハマーの追憶

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo