エム×ゼロ

エム×ゼロ

魔法の使えない主人公九澄大賀が、魔法使い養成学校である聖凪高校に入学し、柊愛花らクラスメートとの魔法学園ライフを送る姿を描いた作品。

概要

九澄大賀聖凪高校の入学試験を受けるも不合格になってしまうが、同じ面接を受けていた柊愛花に一目惚れをし、聖凪高校までやって来る。そこで、教師の柊賢二郎に脱走生徒と勘違いされたのをきっかけに、聖凪高校が魔法使い養成学校だったことを知り、聖凪高校へと入学することになる。

登場人物・キャラクター

九澄 大賀

1年C組所属。聖凪高校の受験に失敗するものの、とあるきっかけから入学を許可される。人並み外れた体力と戦闘力と空間把握能力を誇るが、基本的に魔法を扱うことはできない。柊愛花に想いを寄せている。特殊なマジックプレート「M0(エムゼロ)」を所持する。

柊 愛花

1年C組所属。聖凪高校教師である柊賢二郎の娘で、母がいないため家事全般を任されている。極度の笑い上戸。入試面接で九澄大賀の答えを聞いて以来、九澄大賀の事が気になっている。得意魔法は「声振砲(ボイスワープ)」。

伊勢 カオル

1年C組に所属する九澄大賀のクラスメート。女の子が大好きで、セクハラ行動をするため、女子からの評価は低い。九澄大賀と柊愛花の恋の行方を応援している。得意魔法は「30秒間の磁引力(ハーフミニッツマグネティズム)」。

三国 久美

1年C組に所属する九澄大賀のクラスメート。黒髪ロングヘアーに抜群のスタイルを持ち、魔法格闘部に所属。柊愛花乾深千夜とは小学校からの親友。言葉遣いがぶっきらぼうなど、男勝りな性格だが、カタツムリが苦手。物質を巨大化させる魔法を得意とする。

乾 深千夜

1年C組に所属する九澄大賀のクラスメート。小柄で黒髪ツインテールが特徴。オカルトやゴシックファッションが趣味でミステリアスな性格をしている。柊愛花三国久美とは小学校からの親友。ぬいぐるみを利用した物体操作魔法「一髪操作(ワンヘアーマペット)」を得意とする。

津川 駿

1年C組に所属する九澄大賀のクラスメートでヘアバンドが特徴。テンションが高く何事にも物怖じしない性格。スケートボードを利用した「GO!!エスケープ」や「韋駄天號」など、高速移動魔法を得意とし、「C組のスピードキング」の異名を誇る。

時田 マコ

1年B組に所属する巨乳の女子。通称「Gの旋律」。1年生で最もバストサイズが大きく、魔法で顔にモザイクがかかっていたり、常に顔が隠されているのが特徴。

伊勢 聡史

2年生で、伊勢カオルの兄。弟と違い、成績優秀だが、冷徹で常にケンカ腰。元々は生徒会魔法執行部に所属していたが、取り締まり方などの問題により、親友である永井龍堂との間に確執を生むが、後の和解する。鎖を使用した魔法を得意とする。

永井 龍堂

2年生でA校舎支部長で生徒会魔法執行部に所属。魔法の実力は高く、人望も厚いが、かなりの運動音痴。ニット帽であるロッキーに喋らせるほどの口下手。それが原因で、伊勢聡史との間に誤解を生み、対立してしまうが、後に和解する。ロッキーの上半身を具現化するなどの魔法を得意とする。

柊 賢二郎

魔法技術主任教員であり柊愛花の父。校長に魔法能力を持つ実力者。無愛想だが、柊愛花に対しては親バカである。九澄大賀が魔法を使えないことがバレてしまうと、自身がクビになるため、嫌々ながらも九澄大賀と秘密を共有し、補佐している。

花先 音芽

聖凪高校の校長で、温和な性格をした年配女性。九澄大賀の受けた入学面接では、魔法で若き日の姿に変身して面接をしていた。

九澄 胡玖葉

九澄大賀の姉。132cmの身長と童顔により、小学生に間違えられる。それを指摘されると激怒する。九澄大賀を一瞬で捻じ曲げてしまうほど、空手の達人だが、非常に弟想いの性格をしている。

集団・組織

聖凪高校

九澄大賀や柊愛花の通う学校。魔法特区に立地しているため、校内に限り魔法が使える。部外者を入れた者は教師・生徒問わず、記憶を消し、除籍に処すなど厳しい規律を有する。

その他キーワード

マジックプレート

魔法特区において魔法を使うための特殊なプレート。マジックプレートを持たない者は校内に入ることが出来ないなど、個人証の役割も持つ。聖凪高校の生徒は魔法試験に合格することで、ベースメタル系から白金属系、レアメタル系プレートへのランクアップが可能となる。

SHARE
EC
Amazon
logo