カヤ・クロイツ

カヤ・クロイツ

シェイファー・ハウンド(漫画)の登場人物。

登場作品
シェイファー・ハウンド(漫画)
正式名称
カヤ・クロイツ
ふりがな
かやくろいつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

親衛隊曹長。20歳。三号突撃砲(099)戦車長。元女性試験運用部隊「シェイファー・ハウンド」の小隊長代理だったが、ユート・ツァイスの着任で副小隊長に降格になった。命は武器であり、任務を遂行するためなら駒として捨てる覚悟を持つべきだ、という彼女の考え方に対し、非合理的でも命を大切にしたい、というユート・ツァイスの理想は全く噛み合わず、彼に強い反感を抱く。

優しすぎることは、戦場では「不良品」だ、とユートには度々怒鳴りつけている。ユートは安全のために作戦の遠回りも必要だとするが、カヤは迅速に正面突破することをモットーにしている。隊員のことは大事に思っており、仲間が戦死するたびに池に魚を放っている。

登場作品

シェイファー・ハウンド

第二次世界大戦後期、ドイツ第三帝国は、試験部隊、特務救助猟兵小隊「シェイファー・ハウンド」を戦場に投入した。女性のみで構成され、自らの命を消耗品と考えるよう育てられたこの部隊に、命は大事にするべきだと... 関連ページ:シェイファー・ハウンド

SHARE
EC
Amazon
logo