キス ミー バンパネラ

キス ミー バンパネラ

気弱な吸血鬼の男の子が、はじめて人間の血を吸ったことで人格が変わり、強くてセクシーな吸血鬼となって巻き起こす、どたばたラブコメディ。1983年(昭和58年)『LaLa』7月大増刊号に掲載された。清水玲子のデビュー後2作目の作品となる。

正式名称
キス ミー バンパネラ
作者
ジャンル
ラブコメ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

エイミーは心優しくて気の弱い吸血鬼。人の生き血を吸った経験は一度もなく、輸血用血液のお世話になっている。ある日、大好きなティンクルがプレイボーイのルディに振られたと知り、復讐を思い立つ。腕力ではかなわないので、夜間、ルディの血を吸いに行くエイミー。ところが、吸った血の影響で、ルディの強さと性格がうつってしまう。

人が変わったエイミーは急にもて始め、ルディの彼女であるバーバラまでもが言い寄ってくる。

登場人物・キャラクター

エイミー

吸血鬼なのに気が弱く、流血シーンが苦手。夜も電気をつけたままでないと寝られないほど、怖がり屋の男の子。ティンクルが好きで、彼女が持ってきてくれる輸血用血液で空腹を満たしている。ルディの血を吸ってからは、セクシーなプレイボーイに変身する。

ティンクル

エイミーが片思いする女の子。ルディが好きだったが、あっさりとふられ、エイミーに泣きつく。性格が変わった後のエイミーに惹かれ、寄ってくる女の子達にやきもちをやく。女の子らしく可愛い外見だが、実はとても気が強い。

ルディ

男らしくてかっこいい、学園一のプレイボーイ。バーバラという彼女がいるが、次々と別の女の子をナンパする。ボクシングの学生チャンピオンで、空手のメダリストでもある。エイミーに血を吸われてから、数日間、寝込んだ。

バーバラ

ルディの彼女で、セクシーな美女。強く、かっこよくなったエイミーの噂を聞き、粉をかける。

SHARE
EC
Amazon
logo