キム・ヒョンジュン

いぬばか(漫画)の登場人物。

  • キム・ヒョンジュン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
いぬばか(漫画)
正式名称
キム・ヒョンジュン

総合スレッド

キム・ヒョンジュン(いぬばか)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

長田健太郎と一緒にストリートミュージシャンとしてブルースハープを吹いていた韓国人留学生。健太郎のことは「健タロ」と呼んでいる。匂いすら堪えられないくらいの犬嫌いだったが、宮内すぐりに好意を持ったことがきっかけで犬嫌いを克服し、柴犬の「チャンタ」を飼うことになる。

韓国ではあまり遊ばれていない麻雀を、日本の友人と遊ぶため覚えていたため部屋にあった麻雀牌で「チャンタ」の上がり手を作ったことが命名の理由。「ベッカム」という名のセント・バーナードを買っている大家の家に下宿している。すぐりの愛犬るぱんが行方不明になったときの急造バンドには、健太郎とともにギターで参加している。

登場人物・キャラクター

『いぬばか』の主人公で、高校を卒業したばかりの18歳。ショートカットにした髪と、首につけた犬の首輪が特徴。世間知らずでおっとりした性格の持ち主。自他共に認める「犬ばか」で、出会ったばかりの他人の犬でも...
『いぬばか』の登場人物で、ペットショップ「わっふる」スタッフのひとり。飯田哲平の高校時代の同級生で、ミュージシャンを自称するが食えていないことを見かねた哲平に雇われている。犬嫌いで、宮内すぐりが店でく...

登場作品

田舎育ちで犬が大好きな「犬ばか」の女の子・宮内すぐりが、東京都内にあるペットショップわっふるで働くことになり、そこでさまざまな動物たちや「いぬばか」な人々と出会い成長していく物語。