コマンドJ

コマンドJ

日本の秘密特捜隊と外国のスパイ組織や暗殺団との熾烈な戦いを描くスパイアクション漫画。スリルとスピード感にあふれた銃撃戦やカーチェイスなどが盛りだくさんのストーリー。欧米のスパイ小説やTV・映画作品に強い影響を受けており、特殊な秘密機器やスパイアイテムが随所に登場する。「週刊少年マガジン」1965年第34号から1966年第28号にかけて連載された作品。なお、第1話では少年のようだった主人公の容姿が、第2話以降は青年風に変更されている。

正式名称
コマンドJ
ふりがな
こまんどじぇい
作者
ジャンル
アクション
レーベル
講談社漫画文庫(講談社)
巻数
全3巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

秘密特捜部隊「コマンド」は、「S国スパイ団」に隊員を潜入させていたが、ある時その隊員が敵に正体を見破られて殺害されてしまう。そこで「コマンド」は、隊長の指揮のもと本格的なS国スパイ団壊滅作戦を開始するが、S国スパイ団の反撃により隊員たちが次々に倒されてしまう。間一髪でこの危機を脱したコマンド・Jは、最新のスパイアイテムを駆使して、決死の覚悟でS国スパイ団との最後の戦いに挑む。

登場人物・キャラクター

コマンド・J (こまんどじぇい)

秘密特捜部隊「コマンド」に所属する組織序列第10位の隊員。メンバーの中では若手だが、格闘技と運転技術に長け、俊敏な身のこなしと状況判断能力にも秀でる。何事にも動じない強い精神力を持つ。

隊長 (たいちょう)

秘密特捜部隊「コマンド」の隊員に作戦を指示する司令官で、組織全体の総責任者。黒いスーツに蝶ネクタイ姿の初老の男性で、いつも本部のデスクから隊員へ命令を出しているが、時には現場に駆けつけ、直接指揮を執ることもある。

アジター

S国スパイ団に雇われた殺し屋。黒いスーツ姿で常にサングラスをかけている。組織に潜入したコマンド隊員の正体を見破った切れ者。拳銃の使い手で冷静沈着な性格。

ホロスキー

「S国スパイ団」に雇われた殺し屋。ゼンマイを仕込んだベルトを武器にしている。変装の名人で、倒したコマンド隊員になりすましてコマンド・Jに接近する。

本部長 (ほんぶちょう)

「S国スパイ団」の頭目。ハゲ頭でいつも葉巻をくわえ、チェック柄のスーツを着ている強面の中年男性。殺し屋のアジターとホロスキーをS国スパイ団に雇い入れ、邪魔者である秘密特捜部隊「コマンド」の隊員たちの抹殺を謀る悪党。

(わん)

裏社会に通じている情報屋で、片言の日本語を話す中国人の中年男性。酒場「バッカス」で働いており、コマンド・Jの依頼によって、高額な報酬と引換えに暗殺団「ブラック=スペード」に関する情報提供を行う。

高木 道夫 (たかぎ みちお)

酒場「バッカス」の近くのアパートに住んでおり、バッカスの客にトランプ賭博をもちかけるプロのギャンブラー。コマンド・Jに暗殺団「ブラック=スペード」との関与を疑われてしまう。

トランプ使い (とらんぷつかい)

暗殺団「ブラック=スペード」の殺し屋で、ジョージ目黒の弟分。酒場「バッカス」に出入りしている。剃刀の刃を仕込んだトランプのカードを思いのままに飛ばし、標的を切裂くのが得意技。ずんぐりした体型の中年男性だが動きは素早い。

天野 剛造 (あまの ごうぞう)

かつてやくざの親分だった初老の男性。現在は足を洗って堅気になっている。コマンド・Jの知人で、彼からの依頼で犯罪集団「ホワイトスネーク」をおびき寄せるための一芝居を打つ。

ペイネ

暗殺団「ブラック=スペード」の幹部。犯罪集団「ホワイトスネーク」の興した「殺人会社」で殺し屋を務める。拳銃を6発連射してもすべて同じところに命中させ、標的には穴が1つしか空かないという驚異的な射撃の名手。物事を冷静に判断するクールな性格で、仕事には慎重に取り組むタイプ。

ジョージ 目黒 (じょーじ めぐろ)

暗殺団「ブラック=スペード」の幹部で、黒いスーツに蝶ネクタイ姿のクールな雰囲気の男性。ピンチになると、鋭利なナイフを仕込んだ義手を外して敵を攻撃する。

(りゅう)

暗殺団「ブラック=スペード」のメンバー。犯罪集団「ホワイトスネーク」の興した「殺人会社」で殺し屋を務める。殺人を生きがいとする射撃の名人。手強い相手に決闘方式で勝負を挑むことを好み、自分の能力を過信している偏執的な性格の持ち主。

背骨の曲がった男 (せぼねのまがったおとこ)

暗殺団「ブラック=スペード」のメンバー。犯罪集団「ホワイトスネーク」の興した「殺人会社」で殺し屋を務める。背骨が曲がった障害者ながら、鞭を自在に操って敵を攻撃する。ピンチになると、自分が助かるためなら仲間であっても命を奪うという冷酷で残忍な性格。

ボス

犯罪集団「ホワイトスネーク」日本支部の総責任者。ハゲ頭で黒いサングラスをかけた小太りの中年男性。暗殺団「ブラック=スペード」の殺し屋たちを雇い入れ、組織の資金稼ぎを目的とする「殺人会社」を日本で興し、コマンド・Jらと対決する。組織の幹部には絶対忠実を誓っている。

集団・組織

コマンド

日本に潜入した外国の犯罪組織を掃討する目的で組織化された秘密特捜部隊。さまざまな特殊アイテムを駆使して悪に立ち向かう正義の組織だが、一般にはその存在は秘匿されている。隊員は、組織の序列順にAからZまでのアルファベット一文字で呼ばれる。

S国スパイ団 (えすこくすぱいだん)

各国を股にかけて暗躍する国際犯罪組織。日本に潜入し、本部長を頭目として偽札の大量製造を企んでいる。殺し屋を雇って敵を殲滅し、策略を実現しようとする極悪集団。日本では計画を察知されたため秘密特捜部隊「コマンド」と激突する。

ブラック=スペード (ぶらっくすぺーど)

世界的な暗殺団で、来日間近のU国のエポロ首相暗殺を企んでおり、これを察知し阻止しようと動き出した秘密特捜部隊「コマンド」と対決する。アジトの屋敷には2匹の猛犬が飼われており、塀に敷設された高圧電流が第三者の侵入を防いでいる。

ホワイトスネーク

暗殺団「ブラック=スペード」のヨーロッパにおける下部組織で、暗殺をビジネス化した「殺人会社」を組織する犯罪集団。日本で殺し屋の養成を行い、組織の拡大を謀っている。日本支部のアジトには「人間洗脳機」や通信装置など近代的な機器類を備えている。幹部らは額部分にスペードマークのある黒装束をまとっている。

書誌情報

コマンドJ 全3巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2005年7月発行、 978-4063609523)

第2巻

(2005年7月1日発行、 978-4063609530)

第3巻

(2005年8月発行、 978-4063609547)

SHARE
EC
Amazon
logo