ゴゼ

ゴゼ

ヒカリとツエのうた(漫画)の主人公。別称、先生。

登場作品
ヒカリとツエのうた(漫画)
正式名称
ゴゼ
ふりがな
ごぜ
別称
先生
関連商品
Amazon 楽天

概要

目の見えない少女。初登場時はかぞえの6歳で、両親は共に亡くなっており三味線の師匠(親方)たちと巡業の旅をしていた。本編は彼女が高校生くらいに成長してから始まる。一人で自由に生きたいと考え学校を飛び出し、身につけた三味線演奏の技で世を渡ろうとするゴゼ。世間の風にさらされくじけかけるが、縁あって盲目の少年二太に三味線を教えることになり、教練の過程で自分も演奏の楽しさを思い出し、人々に感銘を与える演奏を習得する(二太ゴゼのことを先生と呼ぶ)。

二太を独り立ちさせた後、人気演奏家になる。その後様々な人間と出会い、ゴゼは人間としていっそう成長する。最後に昔世話になった「手引き」のトミのつらい現状を終結させたあと、ゴゼトミの幼い娘ヒカリを「手引き」にして、新しい演奏の旅に出るのだった。

ゴゼという名前は、女性盲人芸能者を表す「瞽女(ごぜ)」からとっていると思われるが、作中で瞽女という漢字は使われていない。

登場作品

ヒカリとツエのうた

目の見えない少女ゴゼが、一人で自由に生きようと身につけた三味線の技で、苦労して北の地方で暮らしていく。やはり盲目の年下の少年・二太とゴゼとの出会いや、二太自身の板子(イタコ)の少女との出会いも語られる... 関連ページ:ヒカリとツエのうた

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
親方
トミ
二太
二太の両親
ツエ
オサム
貧しい家の娘
男子大学生
教師
ヒカリ
集団・組織
その他キーワード
仏おろし
logo