出るトコ出ましょ!

出るトコ出ましょ!

家が破産した折、弁護士を楽して稼げる仕事と勘違いした亀井静は、破産の手続きをしてくれた野中弘務の事務所に押し掛け、無理やりそこで働くようになる。世間知らずの女子高生が社会のさまざまなトラブルに体当たりでぶつかり、解決に導いていく。静をはじめ制服フェチの野中など、個性的なキャラが多くギャグも随所に挟まれるため、訴訟や弁護をテーマにしつつも非常に明るいタッチの作品になっている。

正式名称
出るトコ出ましょ!
作者
ジャンル
人情、ハートフル
 
ギャグ、コメディ一般
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
巻数
全13巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

女子高生の亀井静は裕福な家庭で育ったが、父の会社の倒産をきっかけに逃亡同然の生活を強いられる。そこに現れて破産手続きをした弁護士の野中弘務が高級車を乗り回しているのを見て、弁護士が楽をして稼げる仕事だと早合点した彼女は、野中の制服フェチという弱みをついて無理やり彼の事務所に転がり込んで働くようになる。

法律を理解せず、感情を優先して動く静は当初、弁護士業を仕事と割り切る野中や、同じ事務所に勤める先輩の後藤田正美と衝突を繰り返すが、静の暴走が結果的によい結末をもたらすことも多く、少しずつパラリーガル(弁護士の助手)として認められていくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

裕福な家庭で暮らしていたが、父である知治の会社が倒産、多額の借金を背負って没落する。その際、債務整理を担当した弁護士の野中広務が高級車を乗り回しているのを見て弁護士は儲かると早合点し、彼の事務所に押し... 関連ページ:亀井 静香

多額の借金を背負った亀井静香一家の前に現れ、債務の整理をした縁で静香に事務所に押し掛けられ、なし崩しに彼女をアルバイトとして雇うようになる。若いながらも法のあり方を誠実にとらえ、人情をくみつつも厳格な... 関連ページ:野中 広務

後藤田 正美

亀井静香よりも先に野中広務の事務所で働いていた先輩パラリーガルの女性。長くアメリカで生活していた帰国子女で、英語や中国語に堪能。助手として事務所を利益を追求したドライな考え方をするが、食べ物や男性の好みが一般からかけ離れているなど、ずれた一面を見せることもある。

麻生 小太郎

野中広務の事務所で事務員として働いている小柄な中年男性。誠実で優しいが、引っ込み思案な性格をしており人付き合いはうまくない。そのため亀井静香をはじめ、事務所の皆の尻にしかれている。静香が雇われた当初は語学留学で中国に行っていたが、それは大規模な結婚詐欺グループの手引きしたもので、彼も騙されていた。

小泉 純太郎

野中広務と学生時代からの付き合いのある弁護士。二人の仲は非常に険悪で、同じ案件を担当することになった時などはお互いに敵愾心をむき出しにする。見た目はイケメンで、芸能プロダクションに所属し、テレビ番組にもよく出演するタレント弁護士でもある。

野中広務の弁護士仲間。同時に、女子高生に並々ならぬ関心を抱く変態仲間でもある。野中が控えめな体系の女性を好むのに対して巨乳好きであり亀井静香が大のお気に入りで、彼女の頼みを聞いてしまうこともある。その... 関連ページ:八代 栄太

亀井 トモアキ

亀井静香の弟。活動的な静かに比べるとやや内向的。中学生ながら自立した性格をしておりネットオークションでゲーム機などの転売をして小遣いを稼いでいる。しかし、悪質なネットオークション詐欺にひっかかり、数十万円の損失を出してしまうことになり、静香と野中広務に泣きついたこともある。

土井垣 多香美

亀井静香の友人で、彼女の胸に並々ならぬ関心を寄せるクラスメイト。明朗快活な性格をしている。部活感覚で静香や他の友人と“なんてっ探偵アイドル”という名のいわゆる探偵部を立ち上げ、友人の女子高生で発生した盗撮事件などにかかわっていく。

福嶋 みずき

カールさせた派手な髪形が特徴の女子高生。亀井静香を慕っており、出会うたびに派手なスキンシップを取る。一見、今どきの女子高生といった風貌だが、実は暴走族“超速天使”をとりまとめ、バイクを乗り回す、族のリーダーという側面も持つ。

その他キーワード

パラリーガル

『出るトコ出ましょ!』に登場する用語。弁護士ではないが、限定的な法律事務を担当するものを指す言葉。弁護士業につくことはできないがクライアントとの面談、カウンセリングなどのアシスタント業務をおこなえる。... 関連ページ:パラリーガル

書誌情報

出るトコ出ましょ! 全13巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻

(2004年8月30日発行、 978-4091866455)

第2巻

(2004年12月24日発行、 978-4091866462)

第3巻

(2005年3月30日発行、 978-4091866479)

第4巻

(2005年6月30日発行、 978-4091866486)

第5巻

(2005年9月30日発行、 978-4091866493)

第6巻

(2005年12月26日発行、 978-4091866509)

第7巻

(2006年3月30日発行、 978-4091802071)

第8巻

(2006年6月30日発行、 978-4091803900)

第9巻

(2006年9月29日発行、 978-4091807069)

第10巻

(2007年1月30日発行、 978-4091808202)

第11巻

(2007年3月30日発行、 978-4091811004)

第12巻

(2007年6月発行、 978-4091813367)

第13巻

(2007年9月28日発行、 978-4091814500)

SHARE
EC
Amazon
logo