サクラテツ対話篇

サクラテツ対話篇

男子高校生・桜テツと、彼の周辺の奇想天外なキャラクターたちが起こす騒動を描いたコメディ。漫画という表現自体を扱うメタ漫画的な要素も持つ。登場人物名のほとんどが哲学者をモデルとしている。

概要

桜テツは、アルバイトに明け暮れる金の亡者ではあるが、ごく普通の男子高校生。ある日、都心の一等地に立つ彼の家に、突然その土地の所有権を主張する未来人や宇宙海賊、地底人、さらに偶然にも悪魔、神などが続々と現れ、彼の生活は一変。幼なじみの出井富良兎はそんなテツと、その周辺に起こる出来事を観察し、記録していく。

登場人物・キャラクター

主人公

非常にケチで、金に汚い男子高校生。東京都にあるとされる架空の地域・宛内区の一等地に祖父、姉・桜久散、弟・桜鉄瓶とともに暮らしている。土地の所有権を主張するアリス、ファイヤアーベント、ジークムントらに家... 関連ページ:桜 テツ

出井 富良兎

桜テツの幼なじみの美少女。長い髪の毛とベレー帽が特徴。テツのたくましく傍若無人な生き方に興味を持っており、その言動を逐一観察して記録することが生きがい。出井紀世乃の双子の妹。名前のモデルは、ソクラテスの弟子として『ソクラテス対話篇』を著したプラトンと、その代表的な概念である「イデア」。

数億年先の未来で地球を女王として支配する未来人で、宇宙の寿命が尽きたために、タイムトラベルにより現代に避難してきた。未来において桜テツの家のある場所に宮殿を構えていることから、テツに対して土地の所有権... 関連ページ:アリス

ファイヤアーベント

宇宙海賊王として3年前に地球を侵略しにやってきたのち、城を築く場所として桜テツの家のある場所に目を付けた。長髪で顔面に向こう傷がある二枚目キャラだが、少し抜けているところがある。名前のモデルはオーストリアの哲学者・ポール・ファイヤアーベント。

ジークムント

地底世界の皇帝であり、桜テツの家の地下に帝国を築いていることから領有権を主張し、アリス、ファイヤアーベントと争う。名前のモデルはオーストリアの精神科医・ジークムント・フロイト。

ニーチェ

「魔界の王子」を名乗る悪魔。魔界との通用口が桜テツの家の庭に開いたために桜家に現れたが、その後通用口がふさがれてしまったため帰れなくなり、そのまま桜家の庭に住みついた。名前のモデルはドイツの哲学者・フリードリヒ・ニーチェ。

『サクラテツ対話篇』に登場するキャラクター。神の国の怪獣。桜テツの家の上空に突如現れた。空間に巨大な眼だけが浮かんでいるように見えるが、さらに巨大な実体を持つ。アリスの宮殿である世界樹が好物で、それ自... 関連ページ:アウグスティヌス

ショーベンハウアー

桜テツの家の庭から出土した古代遺跡の中に住んでおり、「百万年の眠りから覚めた尻の穴の神」を名乗る。人の尻の穴に関する願いを叶えることができる。外見は美少女。「〜ナル」「〜ナルぞ」という語尾が特徴。名前のモデルはドイツの哲学者・アルトゥル・ショーペンハウアー。

デューイ

肩書は「日本国大統領」。外見は屈強な西洋人で、発する台詞は英単語のみである。出井富良兎の提案で、桜テツの家を自衛隊旗艦を用いて攻撃しようと試みる。名前のモデルはアメリカの哲学者・ジョン・デューイ。

羅漢

「鏡の国からやってきた、ナルシストの象徴」を名乗る。ブリーフにマントのみといういで立ちで、裸体に人の視線を浴びることを何よりも好む変態である。アウグスティヌスの視線を求めて桜テツの家に現れた。外見は中年男性。名前のモデルはフランスの心理学者・ジャック・ラカン。

漫画神ハイデガー

漫画と現実の間に存在し、あらゆる漫画の世界を統べる神である。漫画の世界に主人公となるキャラクターを派遣することで、漫画を作品として成立させる役割を担っている。名前のモデルはドイツの哲学者・マルティン・ハイデガー。

読者氏

『サクラテツ対話篇』が掲載されている『週刊少年ジャンプ』を愛読する、ごく普通の男子学生。でたらめな展開が続く『サクラテツ対話篇』を終わらせるため、主人公である桜テツを葬ることを目的として、『サクラテツ対話篇』の作品世界に召喚された。漫画の世界においては万能であり、最強の侵略者。

桜 久散

桜テツの姉として桜家に住んでいるが、実は地縛霊である。呼吸器系に持病があるようで、頻繁に吐血している。名前のモチーフはソクラテスの妻・クサンチッペ。

桜 鉄瓶

桜テツの弟として桜家に住んでいるが、実は座敷童。かわいいものが好きで、アリスと仲が良い。名前のモチーフは桜久散と同様、ソクラテスの妻・クサンチッペ。

出井 紀世乃

出井富良兎の双子の兄で、「魔性の美少年」と謳われ、老若男女すべてを虜にする美貌を持つ。富良兎同様に桜テツに関心を持っているが、富良兎と異なり、彼を滅ぼすことに喜びを感じる。名前のモデルは、プラトンとともにソクラテスに師事したギリシャの哲学者・キセノフォン。

SHARE
EC
Amazon
logo