サーベル・タイガー

サーベル・タイガー

未来人達は原始人類の遺伝子を少しでも多く残すことで、人類の時間曲線を延長しようと、サーベルタイガーを攻撃。怒ったサーベルタイガーは、原始人類と未来人の潜む洞窟に現れ、彼らを全て殺害。人類の時間曲線は、その場で完全に閉じられてしまった。

正式名称
サーベル・タイガー
作者
ジャンル
その他SF・ファンタジー
レーベル
MF文庫(メディアファクトリー)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

サーベルタイガーは、マンモスを狩っていた時、原始人類とまみえた。一時人類を退けるサーベルタイガー。そこに未来人が現れ、彼を傷つけた。未来人達は原始人類の遺伝子を少しでも多く残すことで、人類の時間曲線を延長しようとしていたのだ。しかし傷つけられ怒ったサーベルタイガーは、原始人類未来人の潜む洞窟に現れ、彼らを全て殺害。

人類の時間曲線は、その場で完全に閉じられてしまった。

登場人物・キャラクター

サーベルタイガー

『サーベルタイガー』に登場する動物。長大な牙にちなんで剣歯虎と呼ばれるが、現在の虎ではなくライオンの祖先に近い。数千万年前から、一万四千年前までの氷河期に君臨した、地上最強の肉食ほ乳類。原始人類を卑劣で非力なサルと見下し、失せろと怒る。マンモス狩りで顔を合わせた際は殺害するが、殺したものは必ず食べる。 未来人からの攻撃を受け、逃走。自分を傷つけた者達を許さず、原始人類と未来人の潜む洞窟に現れ、全て殺害、人類の時間曲線にカタストロフを迎えさせ、人類の繁栄の歴史を環状に閉ざした。

未来人 (みらいじん)

『サーベルタイガー』に登場する未来の人類。2479年から氷河期にタイムトラベルをおこなった。原始人類の遺伝子を多く残すことにより、2479年以降に発生する、生物的な滅亡状態つまり遺伝子の組み合わせの限界と、人類の退行を防ぐ為、行動している。未来人と原始人類のいる時代は、カタストロフィー・ポイントのA点とA'点として対応しており、この間のみ時間旅行が可能となる。 全面的なカタストロフを引き起こさない限りは、タイム・パラドックスも発生せず、何を行っても2479年までの間の歴史は変化しない。しかし未来人がサーベルタイガーを攻撃した為、彼の怒りを買い、原始人類共々全滅。人類の時間曲線はカタストロフを迎え、人類の繁栄の歴史は環状に閉ざされた。

その他キーワード

原始人類 (げんしじんるい)

『サーベルタイガー』に登場する人類の祖先。未来人が保護していた。彼らの遺伝子を多く残すことにより、2479年以降に発生する、生物的な滅亡状態つまり遺伝子の組み合わせの限界と、人類の退行を防ぐことが出来る。未来人と原始人類のいる時代は、カタストロフィー・ポイントのA点とA'点として対応しており、この間のみ時間旅行が可能となる。 全面的なカタストロフを引き起こさない限りは、タイム・パラドックスも発生せず、何を行っても2479年までの間の歴史は変化しない。しかし未来人がサーベルタイガーを攻撃した為、彼の怒りを買い、未来人共々全滅。人類の時間曲線はカタストロフを迎え、人類の繁栄の歴史は環状に閉ざされた。

トポロジカル・コンピューター (とぽろじかるこんぴゅーたー)

『サーベルタイガー』に登場する機械。人時間曲線が迎えるカタストロフの状況や、カタストロフィー・ポイントを図示する機能がある。未来人がサーベルタイガーを攻撃して彼の怒りを買い、原始人類共々全滅した際には、人類の時間曲線がカタストロフを迎え、人類の繁栄の歴史が環状に閉ざされた様子を表した。

書誌情報

サーベル・タイガー 全1巻 メディアファクトリー〈MF文庫〉 完結

第1巻

(2001年8月発行、 978-4840103411)

SHARE
EC
Amazon
logo