ワッハマン

1万年の時をこえて現代に蘇った黄金の怪人ワッハマンは記憶をなくしたまま放浪する。ワッハマンを追う防衛庁技術研究本部第四研究所特別分室のメンバーと人類の敵は激しくつぶし合う。

  • ワッハマン
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ワッハマン
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
パーティーKC(講談社)

総合スレッド

ワッハマン(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

防衛庁技術研究本部第四研究所特別分室(ワッハマン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37
人類の敵(ワッハマン)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:37

新着関連スレッドもっとみる

概要

はるか1万年も前の大昔。人類の敵を倒すため、勇敢な戦士がアトランティス人たちによってオリハルコンの肉体を手に入れた。時はかわり現代の日本。戦士は記憶を失い、ワッハマンと名乗って各地を放浪する。だが、その存在を恐れる人類の敵の刺客や、その秘密を探ろうとする防衛庁特別分室などが、ワッハマンを巡って激しく争う。

登場人物・キャラクター

主人公
1万年前に作られたオリハルコンでできた体を持つ怪人。恋人の手にかかって倒れた勇者を、人類の敵と戦うためにアトランティスの科学で甦らせた。現在は記憶をなくし、食欲と気の向くまま放浪している。徒歩で海底を...
レミィのときは小柄な少女の姿をしたアンドロイド。レミィがパパと呼ぶ人類の敵によって作られた。身長は141㎝だが、体重は290㎏ある。髪は赤紫。レミィ時の倍以上の体躯を持つ戦闘用のハンババに変形可能。ハ...
陸上幕僚監部調査部調査第2課調査別室所属の自衛官で一尉。現在は対ワッハマン分室に出向中。178㎝、65㎏の42歳。妻とは死別した。合気柔術と中国拳法を混合した怪しい格闘技の使い手で、素手でレミィたちと...
長沼内規の部下だが戦闘力は低く、サポートしかできない。緊張感のない発言で長沼を怒らせることが多い。実は人類の敵のスパイで、長沼は早くから疑念を持っていた。
防衛庁技術研究所所員。技術研究本部第四研究所特別分室所属の45歳。特別分室には対ワッハマン分室も置かれている。特撮映画の影響で中学生のときに超兵器開発を志す。防衛庁で「変形合体巨大ロボット兵器」の開発...
身長120㎝(自称)の21歳。実際の身長はもっと低く、幼稚園児と大差ない。身分証明のために運転免許を持っている。対人恐怖による赤面症を気にしている。特別分室に家政婦アルバイトとして通っている。なぜか長...
ワッハマンを倒すために人類の敵が作り上げたアンドロイド。レミィが収集したデータをもとに作られ、オリハルコンの爪を持つ。ハンババよりも長身で細身だが、パワー・スピードとも持ち合わせる。全身がナノマシンで...
ワッハマンを倒すために人類の敵が作り上げた戦闘用アンドロイド。オシリス状態では北海道弁でしゃべる女性の姿で、下ネタを好む。戦闘形態ではイシュタルよりも大型。全身がナノマシンで構成されていて、自己修復と...
一課の鬼刑事ハンマーヘッドと呼ばれて恐れられる警察官。サメを正面から見たような凶悪な顔をしている上、すぐに拳銃を抜くなどの過激な行動をとるため、しばしば犯人と間違えられる。警察官としては正義感あふれる...
スイスの山中に隠居している年老いた時計職人。元々はロボット工学が専門で、若い頃は「死なない兵士」の研究をしていた。初恋の女性を模したアンドロイドゲルダを制作し、同居している。月から帰還したレミィを回収...
謎の雲水。日常的に布施と称して適当な留守宅に上がり込み、食料を奪う。山野を駆け回って鍛えた体術は、長沼内規らに匹敵する。ワッハマンやレミィらに人生を説き、それなりに説得力がある。
特殊造形の女性プロ。砂浜に埋もれていたワッハマンを発見、持ち帰って「コッくん」と呼んで世話をしていた。特殊造形一筋でワッハマンを可愛いというセンスの持ち主。人類の敵と戦うために綾重宅を出たワッハマンだ...
柳川建材のサラリーマンで40歳。甲子園確実と言われながら、県大会決勝で敗れた元高校球児。飮み屋で意気投合して、命名までしたワッハマンを会社の野球部の助っ人にする。典型的なダメ親父だったが、都市対抗野球...
1万年前から現代まで生き続けている本名不明の謎の人物。ワッハマンに顔の前半分など、肉体の半分を奪われたらしい。ワッハマンだけが自分を殺すことができる存在だとして恐れているという。全世界を後ろから支配し...

集団・組織

東急目蒲線鵜の木駅徒歩5分。突如現れた謎の怪人ワッハマンの専従班が常駐し、監視と調査が主な任務。次第に居候が増え、任務も人類の敵との対決に傾いていく。

その他キーワード

『ワッハマン』に登場する謎の金属。ワッハマンの肉体を構成し、イシュタルやオシリスにも少量ながら使用されている。アメリカの解析では、物質化したエネルギーと推定される。正体がエネルギーなので破壊は不可能。...