ショージ君

ショージ君

安月給でボロアパートに住んでいる、サラリーマンのショージ君。会社では失敗して叱られることもしばしば。お金はなくとも、可愛い女性の前では良い顔をし、他人には格好良くみられたいと見栄を張る。そんなサラリーマンの悲哀あふれるショージ君の日常を描く。

概要

麻雀で一人大負けをしてすっからかんになったショージ君は、麻雀仲間には大丈夫だと言いながら、頭の中はお金のことでいっぱい。ショックのあまりヨタヨタしながらも、ショージ君は気晴らしのためにツケのきくバーに飲みに行くが、そこでは麻雀仲間たちが楽しそうに飲んでいた。

登場人物・キャラクター

庄司 貞夫

鳥の嘴のような唇が特徴的な独身サラリーマン。せこい性格で調子に乗りやすく、可愛い女性に弱い。

社長

ショージ君が勤める会社の社長。ハゲ頭と鼻の下の髭がトレードマーク。いつも葉巻をふかしている。出来の悪いショージ君に手を焼いている。調子に乗りやすく、ショージ君の言動に乗せられることがある。

書誌情報

ショージ君全集 全4巻 筑摩書房〈ちくま文庫〉 完結

第1巻

(1993年7月発行、 978-4480027610)

第2巻

(1993年7月発行、 978-4480027627)

第3巻

(1993年8月発行、 978-4480027634)

第4巻

(1993年9月発行、 978-4480027740)

ショージ君の漫画文庫 全4巻 文芸春秋〈文春文庫〉 完結

第1巻

(1983年11月発行、 978-4167177119)

第2巻

(1983年11月発行、 978-4167177126)

第3巻

(1984年7月発行、 978-4167177133)

第4巻

(1984年7月発行、 978-4167177140)

SHARE
EC
Amazon
logo