ジゴロ次五郎

車を愛する主人公の石川次五郎はアルバイト中の諍いがきっかけで、地元で有名な不良の岡田秀樹と車を使ったナンパ対決をすることに。自分の車を持っていなかった次五郎は、解体屋で運命的に伝説の妖車シルビアと出会い、岡田を降すことに成功。その後も次五郎とシルビアに前には、次々とライバルが現れる。加瀬あつしの手による不良車漫画。「伝説→ワイセツ」「片道→片乳」など、下ネタギャグがふんだんに盛り込まれている。

  • ジゴロ次五郎
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ジゴロ次五郎
作者
ジャンル
不良、ヤンキー
 
ギャグ、コメディ一般
 
下ネタ
 

総合スレッド

ジゴロ次五郎(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

加納 洋介(ジゴロ次五郎)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05
神谷 誠(ジゴロ次五郎)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05

新着関連スレッドもっとみる

概要

何の取り柄もないが、車への愛情だけは誰にも負けない主人公の石川次五郎。あるとき次五郎は、地元で有名な不良の岡田秀樹と車を使ったナンパ対決をする羽目に。自分の車を持っていなかった次五郎は、兄の紹介で赴いた解体屋でシルビアと運命的な出会いを果たす。ボロボロのシルビアでは岡田のプレジデントには勝てようはずもないと思われたが、まるで意思を持ったかのようなシルビアの奇跡の挙動によって本田千夏の心をゲット。

次五郎が手に入れたシルビアは、かつて走り屋たちの間でラブマシーンという異名を取った、伝説の妖車だったのだ。その後も次五郎の前には女性を求める者、シルビアの伝説を追う者など、さまざまな悪童たちが登場。

次五郎シルビアの力を借りつつ、次第に自分自身でも実力を身につけていき、こうした相手に立ち向かっていくこととなる。

登場人物・キャラクター

主人公
私立万座高校に通う高校男子。3年B組に籍をおく。美形の兄と弟に挟まれるが、次五郎本人は肥満体型で、周囲から「石川兄弟のみにくいアヒルの子」と呼ばれることも。車に対する思い入れが非常に強く、排気音のみで...
石川次五郎の兄で、石川家の長男。三男の石川勇夫のことは溺愛する一方、次五郎に対してはバイト代を無断で使い切るなど暴君のように振る舞う。しかし父親を失った石川家の大黒柱として、トラック運転手をして働くな...
石川次五郎、石川九州男の弟で小学生。無垢な美少年で、純粋に次五郎のことをチビ兄ぃと呼んで慕っている。しかし自分がもらったバレンタインチョコを次五郎宛だったと見え見えの嘘をつき渡そうとし、かえって兄を傷...
日産系の車で統一した走り屋チーム、加麻呂のリーダー。給油に訪れたガソリンスタンドで愛車のプレジデントに傷をつけられ、その店員に暴行を加えようとしていたところを石川次五郎に邪魔される。次五郎が自らの天敵...
岡田秀樹率いる加麻呂のメンバーであり、岡田とは中学時代からの付き合いでもある。日産車限定の加麻呂メンバーでありながらトヨタのエスティマを愛車にし、車高の高いワンボックスカーであるエスティマでやすやすと...
岡田秀樹率いる走り屋チームの加麻呂の中心メンバーで、岡田への忠誠心が厚い。当初、石川次五郎とはさほど接点はなかったが、高速道路で猛スピードで走行中に車外に手を出すと女性の胸のような感触が味わえることで...
シルビアにこだわった走り屋チームのS13麗神愚ストリートウルフのリーダー。中学の後輩である本田千夏にながく惚れている。ラブマシーンで走り屋たちの話題をさらい、千夏とも親しくする石川次五郎に挑戦状を叩き...
走り屋チームの赫愚夜姫のナンバーツーで、愛車は600馬力のアリスト。走りの最中、何らかの危険が存在すると鳥肌が立つ特殊能力の持ち主で、無謀な運転をするにもかかわらず、事故を起こしたことは一度もなかった...
石川次五郎の前のシルビアオーナー、浅本俊一郎に後輩として可愛がられていた。16歳のため免許は取得していないが、ドライビングテクニックには天賦の才があり12歳でドリフトを成功させたほどで、浅本俊一郎率い...
殺人以外の犯罪はすべて行ったと噂される加納兄弟の兄。できの悪い弟の加納亮介を洋介なりに思いやるが、その手法は虐待に近く、亮介の手には嘘をつくたびに押し付けられた煙草による火傷が多く刻まれている。物が止...
中学時代の石川次五郎の親友で、次五郎のことをプーという愛称で呼ぶ。中学時代に引っ越して以来、次五郎との付き合いは途絶えていた。だが、シルビアを入手して有名になった次五郎のもとに突如あらわれ、一緒に走り...
行政道路の死神と恐れられる武闘派暴走族、緋狼の総長。前代の曾我蓮と総長の座をかけてのチキンレースを行い、蓮がトラックに激突して重症を負ったのに対し、ニカはかすり傷程度だったため、不死身のニカと呼ばれる...
石川次五郎がバイトするガソリンスタンドの同僚で、レディースチームの堕天使の総長。硬派を気取り、喧嘩の腕前も男勝りだが、女性らしさや弱さを見せられない自分に思い悩む一面も。当初は次五郎のことをまったく男...
小悪魔的に振る舞う、走り屋たちのアイドル的存在。石川次五郎と岡田秀樹の車を使ったナンパ対決の際、ギャラリーとして現地を訪れる。次五郎の神がかったドライビングテクニックに魅せられ(シルビアの力を借りたゆ...
本田千夏の元恋人で、千夏からはタケちゃんと呼ばれている。愛車はコルベット。かつて石川次五郎らの地元で自動車泥棒を繰り返しており、結果、身柄を隠すために東京に逃れた。その際、連れて行くと約束した千夏に被...
石川次五郎の前にシルビアのオーナーだった男性。圧倒的なドライビングテクニックを持つ走り屋で、ドリフトチームのマジック・バナナを起ち上げる。だがある時、他人の運転する車の助手席に収まっていた際、その車が...
石川次五郎の前のシルビアのオーナー、浅本俊一郎の最後の恋人。シルビアのことを熟知し、松木浩美とのドリフト勝負を控え、思い悩む次五郎のもとに現れてアドバイスを行った。チューンショップのWONDERを営ん...
走り屋チームの赫愚夜姫のリーダー。人を殴ってできた拳ダコが乾くことなく常に血に染まっていることから、赤い爆弾との異名を取る。愛車はシーマだが、乱暴な運転ばかりしているので車体には無数の傷が刻まれている...
走り屋チームの赫愚夜姫のリーダー、藤田京介の妹。赫愚夜姫のナンバーツーである一条希世斗に想いを寄せる。京介からの束縛に苦しんでいたが、石川次五郎と出会い、解放された。さらに次五郎と希世斗が、それぞれ助...
走り屋チームの加麻呂会長、岡田秀樹の妹。自身も旧車限定のレディース走り屋チーム、音姫のリーダーであり、トヨタ・セリカを愛車にする。自動車教習所で出会った沢田拳児に思いを寄せ、沢田の気を引こうと奔走。
浅本俊一郎が率いていたドリフトチームのマジック・バナナの元メンバーで、神谷誠とは当時から犬猿の仲だった。非常に気が短いことから狂犬エディーとの異名を持ち、また峠を走って走り屋の車にわざとドリフトで車体...
G県のバニング集団、陰獣を率いる悪童。石川次五郎と日野愛子がデートでG県のサファリパークに赴いた際、愛子を見かけて目をつける。隙を見て愛子をワゴンカーに拉致すると、猛獣ゾーンに移動。外に逃げられないよ...
荷台をウーハーで埋め尽くしたトラックを愛車とし、オーディオカー愛好家の間で音圧神と呼ばれる。ダンスに長ける上、DJの腕も一流で、女性たちが竜の奏でる音楽に触れると絶頂に至ってしまう。普段は無口で温厚だ...
殺人以外の犯罪はすべて行ったと噂される加納兄弟の弟。デビルアイの持ち主である兄の加納洋介から虐待に等しい教育を受けており、嘘をつくたびに押し付けられた煙草による火傷が多く刻まれている。洋介ともども逮捕...
カラーギャングのSPITのリーダー。ラットという通称は、短気ですぐにイラッとすることからつけられた。石川次五郎が走り屋チームのエンドレスを起ち上げたのち、メンバーの神谷誠に対して、神谷が無免許であるこ...
石川次五郎が偶然出会ったヤクザ。暴力団同士の抗争の結果、手打ちのための生け贄として扱われる。組長に恩義を感じていた井尻はそれを知りながら、あえて命を散らそうとしていた。しかし井尻には愛する女性、華奈が...
二階堂キミオの前に暴走族の緋狼の総長を務めていた。ニカが不死車と呼ばれるKZ1000MK.Ⅱを手に入れてから、仲間をかえりみない行動をするようになったことを案じ、緋狼総長の座をかけたチキンレースを持ち...
群馬県でローライダーチームのエンジェルジョーカーズを率いる。外見は肌の色が黒い以外、石川九州男に瓜二つで、愛車も九州男と同じくキャデラック。ただし、九州男と異なり、周囲から強く慕われている。岡田秀樹主...
九州地方から石川次五郎たちの地元に修学旅行で訪れた中学生。Z400FXのパーツ泥棒をしようとしていたところを日野愛子に見つかり、阻止しようとした愛子に対し、女性にもかかわらず容赦なく暴力を振るう。現場...

その他キーワード

『ジゴロ次五郎』に登場する車。解体屋でスクラップにされるのを待つ状態だったところ、岡田秀樹と車を使ったナンパ対決をすることになった石川次五郎に見出された。走り屋仕様に徹底的に改造されているが、なかでも...