ポリ公マン

ポリ公マン

子どものころからヒーローに憧れつづけていた主人公の桜田裕次郎は、ある事件に関わったことで警察官を志すようになる。見事に採用試験を突破した裕次郎は警察学校に入り、一癖も二癖もある教官やクラスメイトと出会い、またさまざまなトラブルに見舞われる。裕次郎の後頭部には女性器マークが刻まれているなど、加瀬あつしお得意の下ネタギャグが満載された職業ギャグ漫画。また加瀬あつしの代表作『カメレオン』と世界を同じくしており、相沢直樹・椎名雄二といったキャラクターや暴走族など『カメレオン』と同一のものが登場する。

概要

子どものころ、想いを寄せる倉敷麻衣が車に轢かれそうになったのを助けた桜田裕次郎。しかし、これはただの偶然だった。この一件が新聞で報じられたことで有名となり、当時の子供たちの憧れの的である銀河戦隊カリスマンが見舞いに訪れ、「ヒーローになるため生まれてきた」との言葉をかけられる。しかし、桜田裕次郎の後頭部には女性器マークのような跡が、生涯消えない傷として刻まれてしまう。

その後、卑猥な傷跡のため不遇な青春を送ることになった裕次郎だったが、カリスマンの言葉を忘れることはなく、ヒーローになるため身体を鍛えていた。裕次郎に転機が訪れたのは18歳のとき。チーマーの戸田瑞稀が麻衣を陵辱しようとしていたところに駆け付けて救ったことを、偶然知り合った警察官の相沢直樹に見込まれ、警察官になるよう誘われる。

こうして警察官を目指すことになった裕次郎は、ギリギリながら見事に採用試験を突破。しかし警察学校では、問題のある学生のみを集めた佐久間登のクラスに入れられてしまう。鬼教官の佐久間によるしごきのほか、さまざまな問題を抱えるクラスメイトがもたらすトラブルに見舞われながらも、裕次郎はヒーローになるという夢のため、また麻衣への想いのため、必死で努力を重ねるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

8歳のとき、幼なじみで想いを寄せる倉敷麻衣が車に轢かれそうになったのを救った際、マンホールに後頭部を強打する。ただし裕次郎本人は、落ちていたお金を拾おうとしただけだった。マンホールの中心に描かれた模様... 関連ページ:桜田 裕次郎

桜田裕次郎とは小学生時代からの付き合いの幼なじみで、8歳のときに車に轢かれそうになったところを裕次郎に助けられた。また18歳のとき、チーマーの戸田瑞稀に襲われそうになり、再び裕次郎に救われる。時を同じ... 関連ページ:倉敷 麻衣

相沢 直樹

白バイ隊員の巡査で、白バイの講師を務めることも。戸田瑞稀が引き起こした強制売春事件の捜査中、桜田裕次郎と偶然出会い、警察官としての素質を見出す。交機のエースとして知られるが、警察学校では裕次郎らも所属した劣等生を集めた佐久間登のクラスに属していた。

藤村

警察学校で教官を務める女性警察官。相沢直樹と親交があり、相沢が見出した桜田裕次郎に興味を持つ。凛としたクールビューティで、裕次郎のセクハラ行為にも動じない。

警察学校で鬼教官として知られる。階級は警部補。現場に立っていた時代は、凶器を持った相手に背を向けたことがなく、身体の前面には無数の傷があるが、背面は無傷である。これを誇りにしていたが、あるときの教練で... 関連ページ:佐久間 登

北見 悠

新人警官で、警察学校では桜田裕次郎と同じく佐久間登のクラスに入れられた。女性的な顔付きをしており、教官である藤村の女性制服を自ら着用するなど、トランスジェンダーの一面がある。そうした自分と決別したいと考え、男らしい職業である警察官を志した。一方、柔道に熟練している。

新人警官で、警察学校では桜田裕次郎と同じく佐久間登のクラスに入れられた。警察学校入学初日に警視総監のコスプレをするなど警察マニア。強い者に取り入ろうとする傾向がある。学生時代は不良たちから過酷なイジメ... 関連ページ:吉本

新人警官で、警察学校では桜田裕次郎と同じく佐久間登のクラスに入れられた。無理やり刺青を消したような跡が身体に刻まれているが、事故で負った火傷が刺青を覆うようになった結果、自然に消えたもの。もともとは札... 関連ページ:相馬 圭一郎

新人警官で、警察学校では桜田裕次郎と同じく佐久間登のクラスに入れられる。ただし哀河は甲子園でピッチャーとして活躍した高校球児で、さらに父親がSATの隊長ということから、裕次郎ら問題ある学生の指導役を期... 関連ページ:哀河 和

池袋を拠点にするチーマーでありながら、さわやかな立ち振る舞いで人気者の座を獲得する。しかし裏では、主宰するクラブイベントに訪れた女性を薬で前後不覚にして、強制売春させて荒稼ぎしていた。あるとき、倉敷麻... 関連ページ:戸田 瑞稀

SHARE
EC
Amazon
logo