ジャングル黒べえ

アフリカのジャングルの奥地から東京にやってきた魔法使いの少年・黒べえが主人公。ジャングルで育った野生児と、大都会に住む人間たちのカルチャーギャップを主題としたギャグ漫画。藤子・F・不二雄にしては珍しく、先行していたアニメ企画に合わせて描いた作品。

  • ジャングル黒べえ
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ジャングル黒べえ
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
レーベル
藤子・F・不二雄大全集(小学館)

総合スレッド

ジャングル黒べえ(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

しし男のママ(ジャングル黒べえ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
タイガー(ジャングル黒べえ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

概要

佐良利しし男は、犬小屋を改造した巣箱を自宅の庭の木に設置。一週間以内に鳥を招き入れてみせると、友達に約束していた。期日になって、巣箱を覗いてみると、なにやら毛むくじゃらな生物がいたため、食べ物を用意するが、そこから出てきたのは小さな男の子・黒べえだった。黒べえピリミー族の大酋長の息子で、飛行機につかまってきたものの、東京上空で疲れ果て腹が減り、落下してきたのだという。

黒べえは食べ物をもらった命の恩人、しし男に恩を返すまでジャングルには帰らないと宣言。佐良利家への居候を決め込むのであった。

登場人物・キャラクター

主人公
アフリカのピリミー族の大酋長の息子で魔法使い。文明社会を見たくて、飛行機につかまって日本にやってきたが、東京の上空で力尽きて落下。しし男に助けられたため、その恩を返し終えるまで、佐良利家に居候すること...
勉強嫌いで弱虫な小学生。飛行機から落ちて、自宅の庭の巣箱にいた黒べえに薬や食べ物を与えたため、仲良しになる。同級生のタカネさんのことが好き。
黒べえの弟。小包に入って日本に送られてきた。顔は、赤いもじゃもじゃの毛で覆われている。「ピキ」としかしゃべれない。
『ジャングル黒べえ』に登場するキャラクター。黒べえがピリミーで飼っていたペットで、黒べえを追って泳いで日本にやってきた。象のような姿をしているが二本足で、耳の部分が羽になっている。鳴き声は「パオ」。
しし男の同級生。欲ばりでいじわるな性格で、しし男をいじめるガキ大将。
しし男の同級生。出っ歯が特徴。ガキ大将のタイガーと行動を共にすることが多い。男の子だが羽根つきが上手い。
しし男の父親。ごく普通のサラリーマン。少々だらしない性格らしく、寝坊して会社に遅れそうになることもしばしば。
しし男の母親。スラリと背の高い美人。普段はやさしいが、怒ると怖い。黒べえの魔法の失敗にいつも困っている。
しし男の同級生。メガネをかけた秀才で、黒べえの出身地であるピリミーのこともよく知っていた。
しし男の同級生。カチューシャが似合う美少女。しし男に好意を寄せられている。

場所

黒べえの出身地。アフリカのジャングルの奥の奥にあるといわれる伝説の魔境。デンデンワニやダックスキリンなどの珍しい動物が住んでおり、住民であるピリミー族はみな魔法を使える。

アニメ

アフリカ奥地にあるという幻の国ピリミーの大酋長の息子黒べえは、空飛ぶ魔法の練習中に出会った飛行機を大きな鳥と勘違いし、しがみついたまま日本上空で落ちてしまった。偶々落下した家の庭で佐良利しし男という少...