センセイの鞄

30代後半のOL大町月子は、かつて高校で古典を教わったセンセイに居酒屋で出会う。彼女のセンセイに抱いた好意は、様々な出来事を経てゆっくりと恋愛感情に変わり、そして終焉を迎える。淡くスローペースな恋愛物語を描いたベストセラー小説を、透明感・清潔感のある精緻な絵で漫画化した作品。原作は第37回(2001年) 谷崎潤一郎賞を受賞している。番外編として執筆された『パレード』も、漫画化して単行本に収録されている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
センセイの鞄
作画
原作
ジャンル
恋愛一般

総合スレッド

センセイの鞄(漫画)の総合スレッド
2016.07.27 13:23

新着関連スレッド

松本 春綱(センセイの鞄)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:24
大町 月子(センセイの鞄)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.27 13:24

新着関連スレッドもっとみる

概要

37歳のOL大町月子は、ある日居酒屋で自分と同じ肴を頼む初老の男に気づく。その男は月子の高校時代、古典を教えていた松本春綱だったが、彼女はすぐ思い出せずにとっさに「センセイ」と呼び、以後それが呼び名として定着する。豊かな文学の教養を持ちながら、子供っぽさも併せ持つセンセイに、大人の生き方・やり方が苦手と感じていた月子は、共感し好意を抱く。

二人は様々な出来事を経験し、その関係はやがて恋愛として形をなすが、突然に終焉はやってくる。

登場人物・キャラクター

主人公
この物語の語り手(原作は一人称小説)。黒髪ロングヘアーの美しい三十代後半の女性(初登場時37歳)。結婚経験のない独身。実家の近くのマンションに住んでいる。大人の生き方・やり方を苦手と感じている。過去に...
70代の男性で、元高校の国語(古典)の教師。白髪でメガネをかけており、特に印象のない顔立ちをしている。外出の際は、中折れ帽をかぶり、ジャケットを着て、学生鞄のような茶色の鞄をいつも持ち歩く。一人称は「...
居酒屋「味よ志」の店主兼料理人。少し江戸っ子っぽい口調で話す、既婚の中年男性。「味よ志」は、大町月子とセンセイのよく行く店。原作には店名は出てこない。一度だけ、ツキコとセンセイとサトルのいとこと一緒に...
居酒屋「味よ志」の店主サトルのいとこ。顔も雰囲気もサトルによく似ている。年齢・職業は不明。栃木県に住んでいる。栃木に住んでいるのに東京の酒「澤乃井」が好き。サトルとツキコとセンセイと一緒にキノコ狩りに...
センセイの妻だった女性。漢字表記・年齢は不明。名前がわかるのも、終盤になってから。思いつきが面白そうだと、すぐ実行してしまう人間。自宅の庭の木を全部桜にしてしまったり、夫と息子に週一回ピクニックを強要...
センセイの長男。名前・年齢不明。子供の頃は、母の天然さに振り回されて、毎週ピクニックを強要されたりした。母がワライタケを食べたときは、「お母さんが死んじゃう」と思い号泣した。そのあと、死んだ飼い犬のこ...
大町月子の母親。白髪頭の初老の女性として描かれる。名前・年齢は不明。正月に家に戻った月子は、母と二人だけでこたつで向き合って湯豆腐を食べる。月子は、母と自分の気質が非常に似ていると考えている。番外編の...
第7回にのみ登場する若い酔っぱらいの男。髪を茶色に染めてピアスをしている。「味よ志」の近くのおでん屋に入ったツキコとセンセイに、酔ってからむ。二人の仲を邪推し下品な言葉をかけるが、怒ったセンセイが取り...
かつてのセンセイの同僚で、現在も50代でまだ現役の美術の女性教師。かなり短いショートカットにしている。若いころも同じ髪型。大町月子も授業を受けたことがある。月子が高校の頃は、石野先生はまだ若く、いつも...
大町月子の、かつての高校の同級生の男性。花見の席で再会する。高校の頃、月子は彼に誘われて映画を見に行ったが、それ以上進展がなかった。のちに小島は月子の友人と学生結婚するが、すぐ離婚して現在は独身。サラ...
小島孝が花見の途中で大町月子を連れて行った、「よしだ」というバーのマスター。蝶ネクタイにベストというバーテンダーの格好で、オールバックの髪型でピアスをしている。男性とも女性ともつかない風貌の女性。良い...
番外編『パレード』に登場する、小学三年生の大町月子の同級生の女子。ある日小さい天狗二人と一緒に生活することになった小学生の月子が、天狗が来てから初めて登校した際、西田さんの隣に小さいおばあさん(砂かけ...
番外編『パレード』に登場する、小学三年生の大町月子の同級生の女子。些細な事がきっかけで、クラスの女子と一部の男子から、仲間はずれにされてしまった女子。彼女が仲間はずれになってから、月子についている天狗...
『センセイの鞄』に登場する存在。番外編『パレード』に登場する、小学三年生の大町月子のところに、ある日現れた二人の天狗。小学生と同じくらいの大きさで、片方は赤い色で男性らしく、もう片方は薄い赤で女性っぽ...