タフ

タフ

無類の強さを誇る高校生・日色健吾が、元ヤクザのボクサー龍二に敗れたことがきっかけでボクシングを始め、ボクサーとして成長していくさまを描いた作品。

正式名称
タフ
作者
ジャンル
ボクシング
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全5巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

喧嘩では無類の強さを誇る高校生・日色健吾。彼はある日、ヤクザたちといさかいを起こしたことがきっかけで、元ボクサーの萩原龍二と対決、一撃でノックアウトされてしまう。その後、日色は同級生・春川祥子の父が経営する「春川ボクシングジム」で龍二と再戦、またも完敗を喫してしまう。その戦いを見た春川ジムの会長日色の才能にほれ込み、彼を半ば強引に入門させる。

はじめはやる気を見せていなかった日色だが、一足先にプロデビューしていたライバル・松村武風見豊の壮絶な試合を見て奮起、ボクシングに賭けることを決意した。龍二をトレーナーに向かえ、日色は世界チャンピオンを目指し走り出していく。

登場人物・キャラクター

主人公

赤井高等学校一年生。無類の強さを誇るが、熱くなれるものが見つからず、街の不良たちと喧嘩の日々を送っていた。その強さを慕ってくるものも多いが、あくまでも一匹狼を貫いている。元ボクサーのヤクザ・萩原龍二に... 関連ページ:日色 健吾

赤井高等学校一年生。明るく、調子のいい性格。手癖が悪く、よく色々なものを盗んでいる。日色健吾の停学明けの日、盗んだバイクを日色に奪われて以来、彼と行動を共にするようになる。日色よりも先に春川ボクシング... 関連ページ:杉野 公平

鷲尾

赤井高等学校三年生。赤井高の番格。スキンヘッドの巨漢。生意気な日色健吾を敵視していたが、浅川高の松村武を日色が打ち倒したことで彼の強さを認め、日色を次の番格に指名した。卒業後はサラリーマンとなる。

暴力団・錦龍会の幹部。元ボクシングジュニアミドル級のチャンピオン。かつては春川ボクシングジムに所属していた。ハードパンチャーとして知られていたが、試合中に拳を壊して引退した。日色健吾とは二度対戦し、両... 関連ページ:萩原 龍二

春川 祥子

赤井高等学校一年生。日色健吾のクラスメイト。ショートカットで、気が強い性格。実家は春川ボクシングジムを経営している。暴力を毛嫌いしており、はじめは粗暴な日色にも反感を覚えていたが、真剣にボクシングに打ち込む彼の姿を見て、考えを改めていく。

会長

春川ボクシングジムの会長。春川祥子の父。ジムの地上げにやって来たチンピラを倒し、萩原龍二を本気にさせた日色健吾の実力にほれ込み、彼を入門させようと決心。日色に門下生の杉野公平と試合をし、1ラウンドの間、公平に有効打を打ち込めなかったら負けを認め、ジムに入門すること、という賭けを持ちかけた。

西村 温子

赤井高等学校一年生。日色健吾のクラスメイト。春川祥子とは仲が良く、一緒にいることが多い。杉野公平から思いを寄せられている。

松村 武

浅川高等学校の番格。ボクシング部に所属しており、インターハイの出場経験もある。リング上で日色健吾と壮絶なタイマンを張るも、敗北した。その後、プロボクサーとなり、日色にリングでの再戦を申し出た。プロデビュー戦では風見豊と対決した。

春川ボクシングジムに所属するボクサー。階級はジュニアミドル級。真面目な努力家。六回戦の試合で、相手の柳瀬孝雄に勝利し、日色健吾にボクシングの楽しさを教えた。しかし、判定に不服を持った柳瀬の取り巻きたちに襲われ、拳を潰されてしまう。

柳瀬 孝雄

ジュニアミドル級のボクサー。岡の初の六回戦の相手。岡を二度ダウンさせて追い詰め、反則のバッティングを使うも逆に自分の額を切ってしまい、逆転KO負けした。岡を襲った張本人だと思い込んだ日色健吾に叩きのめされたが、横崎たちの悪行については何も知らなかった。

横崎

ボクサー・柳瀬孝雄の友人。柳瀬に勝った岡を逆恨みして襲い、彼の拳を潰した。夢を持つ人間を嫌い、足を引っ張ろうとする陰湿な性格。

風見 豊

ウェルター級のボクサー。冷静な性格で、顎先をかすめ脳を揺らすパンチを得意とする。岡の敵討ちで横崎を叩きのめした日色健吾の前に現れ、彼を左フック一発でノックアウトした。その後、プロデビュー戦で松村武と対戦、激闘を繰り広げる。

竹本

ボクシング誌「月刊サンデーボクシング」の記者。日色健吾の才能にいち早く注目している。

香田 勇作

人気俳優として活躍しながら、ボクサーをやっている。スマートな美男で、女性からの人気は高い。新人王トーナメントの出場を最後に、ボクサーを引退し俳優業に専念するつもりでいる。日色健吾とは新人王一回戦で対決する。

小宮 雅彦

ウェルター級のボクサー。日色健吾の新人王トーナメント二回戦の相手。ドングリマナコで控え目な性格をしているが、リングの上ではしたたかで、クリンチを得意とする。

矢島

ウェルター級のボクサー。日色健吾の新人王トーナメント準決勝の相手。血を見ることを好む残忍な性格で、数々の選手を病院送りにしてきた。身長185cmの長身からなる長いリーチとパンチ力を武器とする。日色との対戦の前に、春川ジムを訪れ、スパーリング相手に指名した杉野公平の顎を砕いた。

書誌情報

タフ 全5巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(1991年3月発行、 978-4091225313)

第2巻

(1991年5月発行、 978-4091225320)

第3巻

(1991年7月発行、 978-4091225337)

第4巻

(1991年8月発行、 978-4091225344)

第5巻

(1991年9月発行、 978-4091225351)

SHARE
EC
Amazon
logo