ティー♥タイム

ティー♥タイム

叶うはずのない弟への愛を苦に、自ら命を絶ったモデルの姉。自責の念から生涯女性を愛さないと誓った弟の、その後の姿を描く。「りぼん」1976年5月号から11月号にかけて連載された作品。

正式名称
ティー♥タイム
作者
ジャンル
レーベル
りぼんマスコットコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

ある土曜日の午後、人気モデルのシルヴィー・早乙女が自殺を遂げる。マスコミはその原因を探ったが浮いた話もなく、母親の紫苑の母ですらその原因がわからない。しかし弟の早乙女紫苑だけは、シルヴィーの遺した手紙から、自分を異性として愛した事を悩み、自ら命を絶った事実を知る。そして紫苑自身も姉のシルヴィーを一人の女性として愛しており、お互いの気持ちの行き違いがあった事を知る。シルヴィーへの愛が忘れられない紫苑は、生涯誰も愛さないと心に決め、シルヴィーが生前暮らしていた館で暮らす事に決める。そこにはシルヴィーとは正反対のガサツな性格の白川京子が家政婦として働いており、紫苑はその妹の白川舞とも交流を持つ。さらに紫苑は幼なじみの原惣二大文字薫とも再会して賑やかな日々を送りつつも、やはりシルヴィーの影ばかりを追いかけていた。そんな紫苑に対して苛立ちを覚えた京子は、いつまでも死んだ人間ばかりを思うなと喝を入れ、在りし日のシルヴィーを思わせる紫苑の長い金髪を切ってしまう。その件もあり、紫苑と京子は徐々に打ち解け、紫苑はいつしか京子に恋心を抱くようになる。紫苑は京子にアプローチを掛けるが、京子は受け入れられないと、この申し出を拒否する。そして京子は館を離れ、なぜか一人で山へと向かうのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

高校2年生の男子。著名作家である日本人の父親と、元モデルで現在はモデルクラブ社長を務めるフランス人の母親を持つハーフ。誰もが振り向くほどの美男子で、美しい金髪を腰まで伸ばしており、本人もこの髪を気に入... 関連ページ:早乙女 紫苑

シルヴィー・早乙女の暮らした館で、2年前から彼女の身の回りを世話していた20代前半の家政婦。通称「お京さん」。住み込みではなく朝出勤し、夜の22時には帰宅する。化粧っ気はなく、ヘアスタイルも黒髪を1つ... 関連ページ:白川 京子

早乙女紫苑の2歳年上の実姉。元モデルの紫苑の母が設立したモデルクラブに所属していた。母親譲りの美しい金髪の、はかなげな雰囲気の女性。人気モデルではあったものの、弟の紫苑を愛していたため、浮いた噂などは... 関連ページ:シルヴィー・早乙女

高校2年生の男子で、早乙女紫苑や大文字薫の幼なじみ。薫とはずっと行動をともにしていたが、紫苑も同じ高校に転校して来たことで再会した。親しい友人たちからは「惣」と呼ばれ、2年生ながらも生徒会長を務めてい... 関連ページ:原 惣二

高校2年生の男子で、早乙女紫苑や原惣二の幼なじみ。惣二とはずっと行動をともにしていたが、紫苑も同じ高校に転校して来たことで再会した。背が低くベビーフェイスなのがコンプレックスで、指摘されると怒る。かわ... 関連ページ:大文字 薫

白川京子の妹。長身でボーイッシュな姉とは対照的に小柄でかわいらしい容姿をしている。早乙女紫苑たちの1歳年下で高校1年生。京子と二人暮らしをしているため、家事全般は得意で、京子が怪我をした時には代わりに... 関連ページ:白川 舞

早乙女紫苑とシルヴィー・早乙女の母親でフランス人。元モデルの経験を活かし、引退後はモデルクラブを設立している。日本人で著名作家の夫とは別居中ではあるものの、仲が悪いわけではない。紫苑には型にはまったつ... 関連ページ:紫苑の母

紫苑の母が設立したモデル事務所に所属している20代のモデルで、シルヴィー・早乙女の次に人気がある。シルヴィーとは違った妖しい魅力の持ち主で、初対面の大文字薫が独自の色気にゾクッとするほど。身寄りのない... 関連ページ:ルシエンヌ

惣二の父

原惣二の父親で、喫茶店のマスターをしている。妻とは離婚している。整った顔立ちをしているため女性から好意を寄せられる機会が多く、店を閉めた後に礼子を含めさまざまな女性とデートをすることも珍しくない。その点においては、礼子に好意を寄せる惣二に疎んじられている。

礼子

雑誌の編集者をしている30代の美人キャリアウーマン。惣二の父が経営する喫茶店に5年前から毎日通っており、原惣二とも親しくなった。惣二の父親に好意を抱いているが想いを伝えようとせず、他の男性からのプロポーズを何度も断っている。

SHARE
EC
Amazon
logo