ナデシコ

機動戦艦ナデシコ(テレビアニメ)の登場メカ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動戦艦ナデシコ(テレビアニメ)
正式名称
ナデシコ
ふりがな
なでしこ

総合スレッド

ナデシコ(機動戦艦ナデシコ)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

ナデシコ級一番艦「ナデシコ」民間企業のネルガル重工が計画建造した、火星奪還作戦「スキャパレリプロジェクト」のための艦船群のネームシップ。主機に、ネルガル重工が、火星で発見した相転移エンジンを2基搭載し、補助機関として、核パルスエンジンを4基搭載する。

ブリッジユニットに教育型コンピューター「オモイカネ(思兼)」を搭載する事で、航法システムや兵装管制などを含む艦内のあらゆる部分の管理が自動化され、小人数で艦をコントロールする事が可能となっている。

ブリッジユニットは、下部船体と分離可能で、脱出艇としても機能する。主砲として、重力波を敵に叩きつけるグラビティブラストを装備。

副砲としてレーザー砲を2門、その他、ミサイルなどを多種を複数搭載する。艦載機として、人型機動兵器「エステバリス」や、強襲揚陸艦「ひなぎく」を搭載する。

物語後半、建造中に破壊された、4番艦「シャクヤク」用の「Yユニット」と呼ばれる装備を、艦首に無理矢理接続して、相転移エンジンを2基増設し、相転移砲の運用を可能にするなど、性能のパワーアップを果たした。

全長298m、全高106.8m、全幅148m、総重量37,530トン、収容人員214名。

登場作品

22世紀末、突如として木星方面より謎の無人兵器群が来襲。圧倒的な戦闘力で火星、月の裏側を次々に制圧し、チューリップと呼ばれる母艦による地球降下作戦が開始され戦闘が始まっていた。そんな折、民間企業のネル...