機動新世紀ガンダムX

機動新世紀ガンダムX

明確に戦後が扱われた「ガンダム」。劇中のセリフを使用したサブタイトル、次回予告と一体化したエンディング映像などが試みられている。

正式名称
機動新世紀ガンダムX
ふりがな
きどうせんしがんだむえっくす
原作者
原作者
制作
サンライズ
監督
高松 信司
放送期間
1996年4月5日 〜 1996年12月28日
放送局
テレビ朝日
話数
39話
ジャンル
巨大ロボット
 
SF一般
 
戦争一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

スペースコロニー・クラウド9の独立戦争に端を発した紛争は、地球連邦政府と宇宙革命軍との全面戦争「第7次宇宙戦争」へと発展する。複数のスペースコロニー落としに見舞われた地球環境は致命的なダメージを受け、100億いた人口は地上宇宙を合わせても1億人程度まで減ってしまった。

15年後、戦災孤児のガロード・ランは、誘拐された少女の救出を依頼される。その少女、ティファ・アディールに一目惚れしたガロード・ランは、ティファ・アディールに導かれて戦争時の決戦兵器「ガンダムX」に乗り、ティファ・アディールを守るために戦う。

登場人物・キャラクター

ガロード・ラン

戦災孤児で、ジャンク屋やモビルスーツ狩りをして一人で生きていた。フリーデンに誘拐されたティファ・アディールの奪還のためにフリーデンに潜入するが、依頼者に怯えるティファ・アディールを見て、依頼を破棄する。 遺棄されたガンダムXの搭乗者となり、改めてフリーデンのメンバーになる。

オルバ・フロスト

兄シャギア・フロストと共にフリーデンを付け狙う新地球連邦軍の諜報員。ガンダムアシュロンを操縦する。

ジャミル・ニート

旧地球連邦軍では少年ながらガンダムXのパイロットだったが、戦いの後遺症でニュータイプ能力を失ってしまった。戦後はバルチャー艦フリーデンのキャプテンとして、ニュータイプの保護に当たっている。

トニヤ・マーム

フリーデンの通信オペレーター。奔放な性格だが気遣いも怠らない。

ウィッツ・スー

フリーデンに雇われたフリーのモビルスーツ乗りだったが、後に正式にフリーデンに所属する。フリーデンクルーのトニヤ・マームにプロポーズをして受け入れられた。

シャギア・フロスト

双子の弟オルバとだけテレパシーで意思疎通ができるため、ニュータイプとして訓練を受けていたが、フラッシュシステムに感応せずカテゴリーFに分類され落伍者となる。そのことを恨んで世界に復讐することを志す。 ガンダムヴァーサゴに搭乗。

サラ・タイレル

フリーデンのブリッジオペレーターで副官的役割を担っている。生真面目でキツイ印象がある。ロアビィ・ロイに告白されるが、以前から想っていたジャミル・ニートについていく。

ティファ・アディール

ニュータイプとして生まれた故に狙われる少女。心を閉ざしがちだったが、ガロード・ランとの出会いによって変わっていく。

ロアビィ・ロイ

各地に口説いた女性がいるフリーのモビルスーツ乗りで、後にフリーデンに所属。普段は軽いノリだが、仲間の危機には救援に駆けつける熱血漢。

その他キーワード

ガンダムX

『機動新世紀ガンダムX』の登場メカ。旧地球連邦軍の決戦兵器。ニュータイプの精神端末兵器Gビットをコントロールするフラッシュシステムと、月面からのマイクロウェーブを受けて発射する大出力ビーム兵器のサテライトキャノンを持つ。

クレジット

原作

矢立肇 ,

監督

シリーズ構成

作画監督

西村誠芳

音楽

樋口康雄

アニメーション制作

サンライズ

SHARE
EC
Amazon
logo