ハインリッヒ・シュリーマン

ハインリッヒ・シュリーマン

イリヤッド-入矢堂見聞録-(漫画)の登場人物。山の老人とはライバル関係。

登場作品
イリヤッド-入矢堂見聞録-(漫画)
正式名称
ハインリッヒ・シュリーマン
関連商品
Amazon 楽天

概要

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』に登場する、19世紀に実在したドイツの考古学者。ギリシア神話の伝説の都市トロヤを発掘し、実在を証明した。彼の孫パウルの手記によると、彼の次の夢はアトランティス発見であったという。1865年に来日したことがあり、そのエピソードがアトランティス探索の手がかりの一つとして作品中に描かれている。

関連キーワード

パウル・シュリーマンの日記

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』に登場するハインリッヒ・シュリーマンの孫パウルによって書かれた日記。それには、祖父のこと、アトランティスのこと、そしてある暗殺結社のことが書かれていた。クロアチア独立戦争... 関連ページ:パウル・シュリーマンの日記

山の老人

『イリヤッド-入矢堂見聞録-』に登場する暗殺結社。マルコ・ポーロの『東方見聞録』にも書かれている。作品中での彼らは、すでにアトランティスの謎に到達し、なぜかそれを封印したがっている者たち。パウル・シュ... 関連ページ:山の老人

登場作品

イリヤッド-入矢堂見聞録-

かつてスキャンダルで学会を追われた元考古学者の入矢修造の元に、恩人の娘ユリ・エンドレが訪れる。彼女は父の遺志を継ぎ、アトランティス探索を入谷に依頼に来たのだった。かくして様々な人間を巻き込んだアトラン... 関連ページ:イリヤッド-入矢堂見聞録-

SHARE
EC
Amazon
logo