ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ

父の仇を付け狙う少年トルフィンは、仇相手を別の人間に殺されてしまったことで生きる望みを失う。だがその後、農業を通じて作る喜びを見出して成長。虐げられし者たちを救うため、新天地・ヴィンランドを目指す物語。10世紀末~11世紀末に実際にあったヨーロッパ人によるアメリカ大陸植民地化を描いた文献資料『グリーンランド人のサガ』、『赤毛のエイリークのサガ』をもとしたフィクションで、その時代のヨーロッパ情勢が物語内に反映され、壮大でスリリングな展開となっている。

概要

アイスランド出身の少年・トルフィンは、父親をアシェラッド兵団の団長・アシェラッドに殺され、仇を討つためにアシェラッド兵団に居着いていた。それから10年の時が流れ、トルフィンらアシェラッド兵団は、デンマーク王・スヴェンのイングランド遠征に参戦し、捕虜となっていた王子クヌートを救出。

クヌートに王の才覚を見出したアシェラッドクヌートに忠誠を誓うが、アシェラッドクヌートにより殺害されてしまう。思わぬ形で仇を奪われ激昂したトルフィンクヌートに刃を向け、その咎で奴隷として売られ、デンマークの大地主ケティルの農園で働くことになった。そこで出会った同じ奴隷のエイナルより、奪うのではなく生み出す喜びを教えられたトルフィンは暴力と決別。

虐げられし者達の楽園を作るため、幼き日に聞いた豊穣の土地・ヴィンランドを目指すという目的を見出すのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

11世紀初頭に北アメリカ大陸東部を開拓したヨーロッパの探検家・ソルフィン・ソルザルソンをモデルとしている。アイスランド出身。幼い頃にアシェラッド兵団の団長・アシェラッドに目の前で父親のトールズを殺害さ... 関連ページ:トルフィン【侠気の】

トルフィンの父。かつてデンマーク王国のエリート軍・ヨーム戦士団に所属していた勇敢な戦士で、ヨームの戦鬼(トロル)のあだ名を持つ。妻を娶り、娘を授かったことで戦いに虚しさを覚え、死を偽装して軍を抜けた。... 関連ページ:トールズ

10世紀末に初めてアメリカ大陸に渡ったとされるヨーロッパ人・レイフ・エリクソンをモデルとしている。海と戦う勇敢な船乗りで、幼いころのトルフィンに自身の若いころの冒険譚を聞かせ、草原の地・ヴィンランドの... 関連ページ:レイフ

傭兵集団アシェラッド兵団の団長。トルフィンの父・トールズを殺害し、以後、仇としてトルフィンから命を狙われるようになる。デンマーク出身だが、自身の心の置きどころは母親の故郷であるイングランドのウェールズ... 関連ページ:アシェラッド

1016年にイングランド王として即位したクヌート1世をモデルとしている。デンマーク王・スヴェンの次男。女性のような優しい顔立ちをしており、臆病な性格をしている。父に従ってイングランド遠征に出向いていた... 関連ページ:クヌート

10世紀末のデンマークの王・スヴェン1世をモデルとしている。デンマーク王でクヌートの父。権力の保持と拡大のためにイングランド遠征を主導する。王位継承で内乱が起こることを防ぐため、クヌートを遠征に伴い、... 関連ページ:スヴェン

戦場をその身の置所とする生粋の戦士。片手斧を両手に持ち、豪快に振り回して戦う。かつてデンマーク王国のエリート軍・ヨーム戦士団に所属していたが、金でイングランド側に裏切りロンドンの守備につく。トルフィン... 関連ページ:トルケル

トルフィンとエイナルを奴隷として買った、デンマークの大地主。柔和な性格をしており、トルフィンとエイナルに対し、森を農地に開墾させる代わりにそこで得た利益で自分を買い戻せば自由になれることを約束した。か... 関連ページ:ケティル

デンマークの大地主・ケティルの父で、先代の当主。隠居して離れの小屋で住みながらも農業をやめない偏屈な人物だが、トルフィンとエイナルを気に入り、仕事を手伝わせる代わりに馬と重量犂を貸し与え、食事も振る舞... 関連ページ:スヴェルケル

奴隷としてデンマークの大地主・ケティルに買われた、農業に詳しい明るい性格の男性で、自由を手にするためにトルフィンとともに森を切り拓き農地として開墾する。無愛想なトルフィンにも積極的に話しかけ、農業や日... 関連ページ:エイナル

大地主・ケティルに買われた奴隷で愛人。明るく気さくな性格で、トルフィンやエイナルにも愛想を振りまき、エイナルに一目惚れされる。やがてケティルの子を妊娠。同じ奴隷で、別の農場に売られていた夫のガルザルが... 関連ページ:アルネイズ

レイフが行方不明になったトールズの息子トルフィンと間違えて購入した奴隷。背格好はトルフィンに似ているが、彼に比べると目が大きくギョロ目と呼ばれる。レイフの養子となり、恩を返すかのようによく働く。市場で... 関連ページ:トルフィン

11世紀初頭に北アメリカ大陸東部を開拓したヨーロッパの探検家・ソルフィン・ソルザルソンの妻、グズリーズ・ソルビャルナルドーティルをモデルとしている。船乗りに憧れる女性で、船乗りは男にしかなれないという... 関連ページ:グズリーズ

場所

ヴィンランド

『ヴィンランド・サガ』に登場する土地。アイスランドから大西洋を遥か西に渡った先にある大地。ヴィンランドとは「草原の地」という意味で、若き日にその地に到達した船乗りのレイフがそう名づけた。草原が生い茂げ... 関連ページ:ヴィンランド

書誌情報

ヴィンランド・サガ 既刊2巻 講談社〈講談社コミックス〉 連載中

第1巻

(2005年7月発行、 978-4063635591)

第2巻

(2005年11月発行、 978-4063635805)

ヴィンランド・サガ 既刊19巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 連載中

第1巻

(2006年8月発行、 978-4063144239)

第2巻

(2006年9月発行、 978-4063144284)

第3巻

(2006年10月発行、 978-4063144338)

第4巻

(2007年2月発行、 978-4063144406)

第5巻

(2007年10月発行、 978-4063144734)

第6巻

(2008年6月発行、 978-4063145106)

第7巻

(2009年2月発行、 978-4063145441)

第8巻

(2009年9月発行、 978-4063145816)

第9巻

(2010年6月発行、 978-4063106725)

第10巻

(2011年4月発行、 978-4063107364)

第11巻

(2012年1月発行、 978-4063878011)

第12巻

(2012年11月発行、 978-4063878509)

第13巻

(2013年7月発行、 978-4063879094)

第14巻

(2014年2月発行、 978-4063879568)

第15巻

(2014年10月発行、 978-4063879995)

第16巻

(2015年6月23日発行、 978-4063880625)

第17巻

(2016年1月22日発行、 978-4063881097)

第18巻

(2016年8月23日発行、 978-4063881707)

第19巻

(2017年4月21日発行、 978-4063882513)

SHARE
EC
Amazon
logo