バースラフ・ニジンスキー

イブの息子たち(漫画)の登場人物。

  • バースラフ・ニジンスキー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イブの息子たち(漫画)
正式名称
バースラフ・ニジンスキー

総合スレッド

バースラフ・ニジンスキー(イブの息子たち)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

男性バレエダンサー。ヴァン・ローゼ族の住むパラレルワールド、エデンの西の住人。エデンの西の山にあるレスボス・エリアに住む女流詩人サッポーの呪いによって、白鳥に姿を変えられてしまい、月が出ている時にだけ、元の姿に戻ることができる。その際なぜかバレエ「白鳥の湖」のプリマドンナが着るチュチュを着ている。

常に苦悩を抱えており、眉を顰めた顔が特徴。ヒース・イアソンに好意を抱き、エデンの西以外のパラレルワールドへも、ヒースに会うためにやってくる。苦悩が快楽となりつつあるため、ヒースが自分を無視しようとすることも、逆に嬉しく感じている。実在の人物ヴァーツラフ・ニジンスキーをモチーフにしたキャラクター。

関連キーワード

『イブの息子たち』に登場する種族。天地創造の時、神のアシスタントをしていた天使ドジエルが、誤ってイブのあばら骨から作った人間の子孫。男でもなく、女でもなく、同族しか愛することができない。また、ドジエル...

登場作品

現代のロンドンに住む青年、人気歌手のジャスティン・レイ、ピアニストのヒース・イアソン、詩人のバージル・ワードの三人は、突如現れた天使ドジエルによって、自分たちが男でも女でもなく、同族にしか愛情を抱かな...